silentholly.cocolog-nifty.com > 俳句アルバム

夏・たちあおい

夏・たちあおい

われ降りてバスはからっぽ立葵

地方都市ではバスの便が少なくなっている。
1日に5便なんていうところも…
夏の真昼、バスの乗客は2人だけ、
最後の客となった私を降ろしたバスはからっぽのまま走り去った。
森閑としたバス停の道端に見事なたちあおいが咲いていた。


フォトは近所の道端のたちあおい

| トップページ |