silentholly.cocolog-nifty.com > 俳句アルバム

秋・紅葉

秋・紅葉

一睡の夢に紅葉の渓へ堕つ

20代のころ、どこからか落下する夢をよく見た。
場所はいろいろだったが、とにかく落下する。
初めのうちは怖い思いがあったが、そのうちにすう~っと落ちていく感覚が気持良くなってきた。夢だという自覚があったのかもしれない。
落ちるよりも、堕ちるのほうが、想像がひろがるかも…


フォトは京都の紅葉から

| トップページ |