MY DIARY

2018/06/20

今日のわが家

Photo2匹目のアゲハくん羽化しました。ちーくんいわくオスだそうです。

1匹目のアゲハは外へだしてもなかなか飛び立たなかったけど、今度のアゲハはすぐ元気に飛び立ちました。風の強い夕方だったので、風に流されて上空へ舞い上がったのでチョイ心配しちゃったけど無事に旅立ちました。

Img_2938
Photo_2            ママのあじさい「マリンブルー」

       Img_2940             額紫陽花咲き始めました。

Img_2941           桔梗ももうすぐ…蕾がぷっくり、かわいい

    Img_2942            ほったらかしの百合も咲きました。



| | コメント (0)

2018/06/14

旅立ち

Photo_4

旅立ちっていっても〈青虫くん〉のお話です。

5月に料理のために庭の山椒の葉っぱを採ってきたら、葉っぱの家にポチンと小さな白いものが乗っかってました。あおむしくんの卵です。そのまま透明の容器に入れておいたら、何日かして卵が孵り糸くずみたいな黒いものがにょろにょろと。

さあ、そうなったら毎日毎日、山椒の葉っぱを入れてあげなくてはなりません。この写真くらいになるとムシャムシャと音をたてて食べる姿がかわいいですよ。けっこうな大食いです。

Img_2838
何日か楽しみに見ていたら、容器の中をうろうろと登ったり下りたり、そわそわしている様子です。蛹になる場所を探しているようです。

Photo
やっと安心して蛹になれる場所を見つけたようです。蛹になる最初はこ~んな形で身体を固定するために糸をだします。
Photo_2

なんとわが家では今年5匹のあおむしくんを育てています。食草の山椒の葉っぱを採りに行くたびに新しい青虫くんを見つけてしまうので。隣の柚子の木にもあおむしくんが何匹もいるのですが、いつのまにか見えなくなって、きっと鳥に食べられちゃうんですね。保護して無事にアゲハになってくれたらいいな~とわが家につれてきて育てています。

ママは毎日眺めて「かわいい、かわいい」…何が?って葉っぱを食べる時の音とか、黒くてまん丸なウンチを捻り出す様子が「たまらない~」んだそうです。

う~ん、そう言われればそんな気もする…hollyは見た目すべすべなあおむしくんのお肌に触ってみたくなっちゃいまして、触りました。

Photo_3
6月5日、最初の1匹が蛹になりました。きれいな薄緑色です。
Img_2842
蛹の表面に黒い模様のようなものが見え始めたら羽化はもうすぐ。うずうずしながら待っていたら13日のお昼にアゲハが誕生。
Img_2844
こうして青虫くんはわが家を巣立っていきました。あと4匹の蛹の羽化が楽しみ。





| | コメント (0)

2018/06/06

吟行下見2

Photo        白南風や下校のチャイム流れくる

寒風沢から無料の渡船で野々島学校下の桟橋まで渡してもらいました。

桟橋から坂を上がると浦戸小中学校です。島の学校らしく校舎の壁にはカモメの壁画が。小中学校あわせて生徒50名の小さな学校です。初夏の日差しが眩しい。

Img_2773
15分ほど歩くと宇内浜、ここは小さな島が点在するのが見られてきれい。誰もいなくて潮騒だけが聞こえてくる静かな浜です。浜辺の大きなタブの樹の下に木のテラスがあり、タブの樹に太いロープでぶらんこが吊り下げてあります。おばさん3人はもちろんかわりばんこに乗りましたよ。

pencil海へ漕ぐぶらんこ……う~ん、ぶらんこは春の季語だけど、初夏の季語を入れたいなあ。。海もいいけど、水平線ってのもいいなあ…。。。

お昼はそれぞれ、おにぎり、サンドイッチ、おいなりさん、それに唐揚げやブロッコリーをちょこちょこと詰めて。寒風沢でだいぶ歩いた疲れも回復してきた。

お腹がふくれたら、なんだか瞼が重くなってきたみたい。ここでお昼寝したら気持ちよさそう…なんだけど、さて出かけましょうか。

Img_2821
寒風沢にもあったけど、野々島にも六地蔵がありました。浦戸の島はお地蔵様がたくさんあるみたい。化粧地蔵、しばり地蔵、夜泣き地蔵、などなど、名前のついていない地蔵様もあるんだろうな。これ吟行ではみんなが詠む句材だな。hollyはへそ曲がりだから詠むのやめとこうかな。

Img_2828古道へ入ると道の両側から木々が覆い被さってきます。「椿のトンネル」と呼ばれている道なので、椿の季節にはきれいなんだろうなあ…と思いつつ緑のトンネルを楽しみました。

Img_2808
Img_2816
Img_2815
吟行本番の頃にはラベンダーが咲いているといいなあ。











| | コメント (0)

2018/05/25

蕗と三つ葉

Photo              蕗煮るや日々の些事こそ尊けれ 

先日、島の運動会にでかけた時、学校のすぐ下にあるママの実家の土地で採れる蕗と三つ葉をいただきました。運動会の帰りに草刈りをしながら採ったものだとか。自生の蕗は硬いかと思いきや、柔らかく美味しい煮物になりました。

Photo_2
三つ葉のおひたしも美味しくできました。hollyとママは香りの強い野菜が大好き。三つ葉、芹、茗荷など大好物です。自生しているものはスーパーで買ったものより香りが強いですね。

ママの実家の土地とは、昔ママのおじいさまがすぐ前の桟橋から船を出して向い側の島まで行く渡船の仕事をしていた頃に住んでいた土地です。今はもう家はなく物置があるだけですが、時々草刈りに来るそうです。山藤がきれいに咲き乱れていました。お隣には最近家の手直しをして週末だけ泊まりに来るご夫婦がいます。もともと島の方ではなく、自然の中での暮らしを楽しみに来るんですって。いいねえ~そんな暮らし。もちろん自前の船があればですけど…。


| | コメント (0)

2018/05/16

運動会

5月12日は浦戸小中学校の運動会。お天気もよくて波もおだやか。

市営汽船でいざ浦戸諸島へ出発sign01

Photo
点在する島々の間には海苔篊が。浦戸へ行くのは何十年ぶりだろ。Img_2754

島の桟橋から徒歩30分はかかる…でも、ラッキーなことに学校へ向かう車にひろってもらえました。用務員さんの運転で、同乗するのは昨年まで島の先生だった美人さんと、昨年の卒業生2人。

Photo_4 学校の校舎にはカモメの壁画。島らしくて素敵だねっ。

小中学校合わせて生徒が50人の小さな学校。競技は赤白に別れてしますが、小学生中学生混合チームです。

地元の人や父兄参加競技が多くて、参加するとティッシュ1箱もらえます。

hollyも何箱か稼ぎましたよhappy01

おまちかねお弁当の時間

Photo_5
お弁当のあとは、低学年、高学年に別れて演技する「あっぱれ太鼓」。1年生はまだ太鼓は敲けないので、なるこです。

Img_2762
このあと、応援合戦があり、両チームともヒミツの練習の成果か、観客に大うけhappy02
帰りはゆっくり歩いて桟橋へ

Img_2776
Img_2770

Img_2768
島は藤の盛り、たくさんの山藤が手の届く高さに咲き乱れていました。

水仙、椿、桜、藤など季節ごとに花が楽しめます。夏にはラベンダー畑がよいらしい。

Img_2773
桟橋までの径すがら、宇内浜がきれいでした。

| | コメント (0)

2018/05/04

牡鹿半島へ

201555         山藤の木々を統べたる牡鹿半島かな

牡鹿半島へでかけてきました。牡鹿半島は今が一番美しい季節です。半島の先端、鮎川へお墓参りに出かけるのがわが家の連休の恒例行事です。

俳句は下五が字余りで落ち着きが悪いので、牡鹿半島は「おしか」と読んでください。

一家七人で出かけるのでけっこう大変です。チビちゃんたちの楽しみは途中の石巻にある「石ノ森漫画館」。今日はお天気が不安定で午前中は雨模様だったので、屋台やヒーローショーはやっていません。それでも仮面ライダー大好きなチビちゃんはここに寄らずにいられません。

Photo
石ノ森漫画館はこ~んな建物です。いつもはすぐ前の公園でご当地ヒーロー「シージェッター」のショーがあったり、遊具で遊んだり、空には何匹もの鯉がはためいていて賑やかな眺めです。今日はちょっと淋しい。

北上川の中州にある「漫画館」の対岸に「元気いちば」という石巻の地場ものを販売する施設ができ、その二階にあるレストランでお昼をいただきました。上の石ノ森漫画館の写真はここから撮ったものです。

Photo_2元気丼という海鮮丼です。この他に金華山にちなんだ金華丼という大盛り海鮮丼もあり、2~3人用という量です。さすがに鮮度の良い美味しい海鮮丼でした。

石巻の復興もようやくという感じですが、まだまだ海沿いは空地が多いです。

牡鹿半島は海沿いの人家の多くが無くなり、整地されたもののバカ高い堤防工事が始まっていました。道路から海が見えなくては牡鹿半島の魅力がなくなってしまうというのに…。海沿いに人家を建てさせない方針ならば、これほどの高さの堤防を作る必要もないように思うのですが、一概にそう言うこともできません。なんとも味気ないことです。

| | コメント (0)

2018/04/02

holly-gardenへようこそ

Photo
                     
              cloverHOLLY-GARDENへようこそclover

 GARDENの主人…silent-holly (静謐な柊)

   仕事30% 主婦20% 趣味50%で棲息中

          tulip 趣味の中身は ほぼ俳句

          hollyは俳句結社の住人です。

           支部機関誌の編集長でもあります。

           もっと、もっと俳句ライフを楽しみたいhollyです。

      ちょびっとガーデニング & 漫画 & ちょびっとピアノも楽しんでます。

| | コメント (7)

2018/03/25

海も春の色

あったか~い一日。 cherryblossom桜の便りはまだ…ですが…

午前中、新装なった水揚げ市場のオープニングイベントへ出かけました。市場の二階は糶の様子を見ることができる作りになっています。展望テラスもあり、おさかなミュージアム(仮称)では、マグロクイズやパズルで子供たちが楽しめるし、piscesマグロ原寸大ぬいぐるみfishなんていう大人も楽しめそうなものもありましたよ。

午後は近くの岸壁で魚釣り…fishfishfish 残念ながら魚影は見えず、クラゲがぷかぷか~~ 

カモメが横をすり抜けるように飛んでいきます。近くで見るとでかくて目が怖いsign01

poutちょっと喧嘩うってんの~? こんなに広いのに…挑戦的だっangry

324

後ろに見える船は  ship巡視船くりこまship 

塩釜には第二管区海上保安庁の巡視船が3艘常駐しています。

ship ざおう(蔵王) ship くりこま(栗駒) ship まつしま(松島) 

巡視船の名前って 地名なんですね。

巡視船って白とブルーの船体でスマート。hollyは子供の頃に巡視船に乗って金華山往復したことがあります。船が大きかったせいか揺れなかったので快適だった記憶があります。今も年に一度、乗船できるイベントやってますよ。

324_2

岸壁の先っちょ。対岸に新しい水揚げ市場が見えています。

324_3
海の色が明るくなってきました。春なんだなぁ~happy01

| | コメント (0)

2018/03/09

はなびら餅

雛の日はもう過ぎちゃったけど、雛の日の和菓子です。

Img_2637
ピンクの和菓子は「はなびら餅」白あんと甘く煮たゴボウがはさんであります。

花びら餅の由来は古く平安時代までさかのぼります。

宮中で歯固めの儀式のおりに食べられたそうです。

Img_2634
雛の生菓子と菱餅、干菓子。どれもかわいい春らしいお菓子です。

仙台の老舗菓子舗「売茶翁」の菓子。プーさんが10人待ちして並んで買ってきてくれました。ここの和菓子は午前中に売り切れてしまうので、わが家ではめったに食べられない貴重品です。


| | コメント (2)

2018/01/05

初詣

             clover  雪吊の凜と奧州一の宮 clover

Img_2171
わが家の初詣は地元の塩竈神社です。奧州一の宮というだけあって、格式のある大きな神社です。立派な社務所には神官の学校もあります。

元日に参拝するのは混雑して大変なので、わが家は2日か3日に詣でます。元日は一日中交通規制されており、境内に入るのにもだいぶ待たなければなりません。いつだったか、粉雪の降る中1時間近く行列して待たされ、風邪をひいたことがありました。以来、元日詣、元朝詣はやめています。

Img_2177
海を望む境内は雪吊が美しく、四季桜が咲いていました。

Img_2620

| | コメント (0)

より以前の記事一覧