マンガ

2017/03/24

昨日何食べた?

何週間か前、「マツコの知らない世界」を見ていたら「料理マンガ」の特集みたいなことをやっていたのよ。料理マンガってけっこうあるんだねえ。「美味しんぼ」みたいなのは好みじゃないし、へんに蘊蓄語ってるのも好みじゃない。ランキングに入っていたマンガはhollyが読みかけてめんどくさくなって止めたのばっかり。

う~ん、どうせholly好みのマンガはランキングに入ってないでしょ‥って思いながら見てたら、なんとsign01ランキング1位は「昨日何食べた?」

これ、hollyの大好きなマンガなんですよ。

Photo

でてくるお料理は珍しいものでも、贅沢なものでもなくて、ごく普通の夕ごはん。

弁護士のシロさんと美容師のケンジは一緒に暮らしているゲイカップル。

毎日の夕食はシロさんが作るんだけど、シロさんは締まり屋さん。

帰宅途中にスーパー2件はしごして特売品を買う。おかずは油を使うものは1品におさえ、季節の野菜を使う。味が甘い、辛い、酸っぱいなど重ならないようにバランスよく。上手に材料を使い回してるシロさんはそこらへんの主婦よりずっと上等な主婦。

毎日の献立に困った時などにちょいと覗くと、すぐに使えそうな料理が載ってる。

シロさんはゲイであることを職場で隠しているけど、ケンジこと矢吹賢二はオープン。職場でも一目でわかるゲイオーラだしてるし、恋人のシロさんと可愛いカフェでお茶したがるような美容師さん。

一方、シロさんこと筧史朗は結構体裁を気にする弁護士さん。体型維持に気を付けてるシロさんは年齢よりずっと若く見えるなかなかのハンサムさんだけど、残念ながらゲイなので女性の友人はスーパーで特売のスイカを半分こして知り合った佳代子さんだけ。

物語は毎回料理を紹介する傍ら、シロさんとケンジの生活、筧家、矢吹家、そして佳世子さん家、ゲイ仲間の小日向さん家、それぞれの事情が交差しながら描かれていきます。

この楽しいマンガ、現在12巻まで発売されてます。hollyは時々1巻から読み直して楽しんでます。

Photo_2

| | コメント (0)

2016/10/13

百姓貴族

最近読んで面白かったマンガです。

Photo
荒川弘(あらかわひろむ)さんという漫画家が描いています。

荒川さんの実家は北海道十勝地方で酪農と農業を経営、荒川さん自身は農業高校を卒業後7年間、実家の手伝いをしていたという経歴の持ち主。

それだからこういう企画が出来たのでしょうが、農業、酪農の事情が分かって面白いし、何より荒川家の親父殿の呆れるほどのたくましさに驚くやら、感心するやら。オトナが読むのに充分の楽しさです。

この作者、少年向けマンガ「鋼の錬金術師」の作者でもあります。そして今、「銀の匙」という農業高校マンガも描いています。こちらも映画化されるほどの人気マンガで面白いですよ。

Photo_2
ちなみに荒川さんは女性ですよっ しかもママさんです。

| | コメント (0)

2013/03/24

海街diary

《海街diary》

hollyの大好きな吉田秋生さんのマンガのシリーズです。

つい先日、マンガ大賞に決ったというニュースがありましたね。

このシリーズは5冊《蝉時雨の頃》《真昼の月》《陽のあたる坂道》《帰れないふたり》《群青》と刊行されています。

《蝉時雨の頃》と《真昼の月》は以前ご紹介したので、あとの3冊をご紹介します。

Photo

Photo_2 

Photo_3

物語は、鎌倉に暮す4人姉妹とその周辺の人々を描いています。

看護婦の長女、地元の信金勤務の次女、スポーツ店勤務の三女、そして3人とは異母姉妹の中学生の四女。

《蝉時雨の頃》は3姉妹と母を捨てて、別の女性と暮らしていた父親の葬式に秋田の山奥の温泉町へでかけ、そこで4女の存在を知る。父親は4女の母親と死別した後、再婚していたので、継母と暮らすことになる4女を鎌倉にひきとり一緒に暮すようになるお話。

1冊読むごとに、姉妹それぞれの恋愛事情や微妙な心理がわかってきて面白い。

これ、映画化したらいいなあ~と思う…4姉妹のキャスティングを考えるのも楽しいなあ

| | コメント (0)

2010/12/19

真昼の月

え~先日の雪の日、夜中に具合を悪くしたhollyはあれから2日間寝込んでしましたcoldsweats01

もともと自律神経が弱いので、子供の頃から1年に何回か突然に最強の二日酔いのような症状がでるんです。

今回は風邪気味だったこともあって、けっこう辛かった…weep

昨夜は幾分楽になったので、退屈しのぎにマンガを読みました。

ひさしぶりのような気がします…吉田秋生、いいですねえ

《真昼の月》は《蝉時雨のやむ頃》とともに「海街diary」というシリーズものなのですが、登場人物など《ラヴァーズ・キス》とも重複しています。

鎌倉を舞台にした3人姉妹と母違いの末妹の4人姉妹の話です。

《蝉時雨のやむ頃》はこのブログの初めの頃に書いたような気がします。吉田秋生の《BANANAFISH》が大好きで、その頃にいろいろ読んだのでほとんどの作品を読んだかもしれません。

Photo 5_31

    真昼の月           蝉時雨のやむ頃

母親違いの四女すず(中学生)を中心に長女で看護婦の幸、次女で信金のOLの佳乃、三女でスポーツ用品店勤めの千佳の家庭を描いています。

こういう現実的などこかにありそうな日常を描いたマンガも好きです。

学園ラブ(古~)とかじゃない、中学生の同級生やスポーツ仲間との繋がりを描いているマンガって共感できる部分がたくさんあってhappy01なんだよね

オトナの事情に巻き込まれたり、どうにもならないやるせなさを感じたり、笑ったり、怒ったり、切なくなったりしながら女の子も男の子も生きてるんだなあ~って感じられるところが好きなところかも…

最後はしんみりと優しさってことを考えさせられる

人間のもつ《やさしさ》ってとっても深いんだなあ~って思う

ちょっと胸キュンなしっかり現実なストーリーhappy01オススメです

…あ、これ映画にしたら素敵かも~

| | コメント (2)

2010/10/03

大奥

hollyのお気に入りheart04

         よしながふみの《大奥》

最近6巻を買いました

Photo

しばらくぶりだったので、5巻めのストーリーをはっきり覚えてなくて結局1巻から読み直してしまったわ

やっぱり面白いhappy01

男女逆転の大奥、こんな発想どこからくるんだろうねえ

しかも、武家階級の女性は女性名の他に男性名もついてるから歴史上の実在の人物として辻褄は合ってる

歴史ものって正統派も面白いけど、史実を踏まえて奇想天外っていうのも面白いんだよね

そして奇想天外な設定なのに、ちゃんと人間ドラマが描かれてる

1巻は8代将軍吉宗から始まって、2巻で男女逆転の始まり3代将軍家光の話になるんだけど、ちゃんとお万の方がでてくる(もちろん男性よ)

お公家さんの出でお寺の院主になるための挨拶に江戸城にやってくるところは史実と同じ

そこから順に4代、5代ときて6巻は6代将軍家宣、幼くして亡くなった7代、そして8代吉宗にもどってくる

Photo_2

この話、どこまでいくのか、どうやって終わるのか、楽しみ~

もうすぐ映画も始まるし…

柴咲コウの吉宗、ちょっと楽しみです

| | コメント (4)

2009/07/11

久しぶりの月刊誌

  マンガ月刊誌を買ったのは何年ぶりかなあ

マンガは卒業できそうもないけど、月刊誌は卒業して単行本だけにしてたのに、今月はメロディを買ってしまいました。

昔 《LaLa》 で好きだったマンガ作家さんたちがいつのまにか《メロディ》にお引越ししてました。

成田美名子、樹なつみ、ひかわきょうこ、hollyのご贔屓の3人もここで活躍中

ひかわきょうこさんは「お伽もよう綾にしき」を連載中、1部が終わって今月号から2部が始まりました。

ひかわさんのマンガはいつもほんわかムードです

     Photo

  成田美名子さんは「花よりも花の如く」連載中

とにかく絵が上手い、構図がイイ、コマ割りがイイ。

     Photo_2

  そして、今月号を買ってしまった一番の理由sign01

樹なつみさんの「花咲ける青少年」の特別編掲載happy02

     Photo_3

立人(リーレン)、ユージィン、河鹿、お気に入りだったメンバーにまた会えると思ったら、moneybagがゆるんじゃいました~

樹さんの作品では「花咲ける青少年」と「OZ」が最高sign01

この作家の勢いのあるタッチ、特に髪の描線が好きです。

  tulip「花咲ける~」は今、NHK・BS2でアニメ放送中

お気に入りの作品がアニメや実写になるとちょっと困るthink

リーレンの声が…ユージインの声が…自分のイメージと違ってると一気にテンションが落ちるので、思い入れの強い作品ほどマンガだけにしておいて欲しいのです。

    hollyのマンガ BEST10

このブログの初めに書きましたけど、これはマンガ以外では見たくない作品ばかりです。

      CIPHER(サイファ)全12巻

  Cipher12

002   005    

| | コメント (4)

2009/04/06

よしながふみ的大奥

このところマンガはちょっとお休み状態でしたが、「大奥」をチラ見してみたら、これがビンゴsign03

「大奥」はもちろん、あの大奥ですよ。ただし、よしなが風味

TVドラマなんぞでやっている絢爛豪華な女の園で繰り広げられる女の戦い…ではないところが、さすが、よしながふみsign01 

男女が逆転しているんですから驚きです。

将軍様が女性で、大奥には何百人もの男性がいるという設定で描かれています。

もちろん、どうしてそうなったかもちゃんと描かれています。

三代将軍、家光公のみぎり、若い男ばかりが罹るはやり病が流行して男性が女性の4分の1しかいなくなってしまい、それ以後、将軍職も姫君が継ぐことになってしまう設定。

随所にこのマンガ家ならではの楽しみが散りばめられていてhappy01 happy02 です。

    Photo_2

よしながふみの絵は人物がすっきりした描線で描かれて、私好み。

表情の出し方も上手いし、ストーリー展開も上手い。

どちらかというとマニア受けするマンガ家さんですが、おとなが読むマンガとしては、ヘタな小説よりも余韻が残る作品もあります。

この話、どこまでいくのか、どんなふうに終わるのか興味が湧きます。

     book     happy01      book       confident

   

      

| | コメント (4)

2008/07/30

マンガ歴2

clover HOLLYのマンガ的

       ターニングポイント clover

bookhollyの子ども時代の愛読書は「少年少女世界文学全集」

「小公女」「若草物語」「十五少年漂流記」「家なき子」「西遊記」なんていうのを読んで育ちました。

「シャーロックホームズの冒険」「アルセーヌルパン」が大好きでした。

マンガはお正月に付録のたくさん付いた月刊りぼんを買ってもらった記憶があるくらいで、普段は読んでなかったんです。

中学時代はマンガ読んでたと思うけど、アイドルheart01時代だったので、これといって記憶に残るマンガがありません。

    chick      chick      chick

マンガ好きになったのは、アイドルheart01卒業するころかな‥

そんなわけで、「りぼん」「なかよし」といった設定年齢の低い雑誌は全く読んでいません。

「マーガレット」もあんまり読んでない‥と思う。

ベルバラ、エースをねらえ、はオトナになってからまとめ買い。

萩尾望都、吉田秋生、大島弓子あたりを読んだのが嵌ったきっかけかもしれません。

子供時代にちょっとだけ読んだマンガとはずいぶん違ってて、「うわーsign01 こんなことになってたんだあ~sign03 」って叫んじゃうほど面白かった happy02

それから何年かは、読みそこなった名作マンガを買い漁りました。

今みたいにBookOffなんてないから、何軒も本屋を廻って歩きましたよ。

よくあんな情熱があったなあ‥coldsweats01

まあ、買うだけ買って、読むだけ読んでしまうと、ひと段落。

実生活heart01恋愛時代に突入‥というわけで、マンガは一休み。

      penguin      penguin       penguin

book 「LALA」と出会い、マンガ熱がまたチョロチョロとsign01 (笑)

成田美名子が「エイリアンストリート」を描いてて、ひかわきょうこがデビューして、「藤臣くん」なんていうかっこいいキャラが登場してました。

「プリンセス」で「王家の紋章」連載し始めたのもこの頃?かなあ

なにしろ古いことなので、記憶がイマイチ曖昧です~coldsweats01

‥‥ここで、またブランクがありまして‥‥

book しばらくご無沙汰だったマンガと再開したのは、ふと思いついて電車を一駅手前で降り、いつもは通らない道を歩いていて偶然見つけた古本屋へ入ったからなんです。

なんか‥不思議なカンがはたらく時があるんですねえ。

ずらりと並ぶ背表紙の中から私を呼んでる一冊があったんですhappy01(大笑)

それが、成田美名子の「CIPHER」サイファ shine

絵がうまいsign01 ストーリーがいいsign01 台詞もコマ割りも文句のつけようがないsign03

惚れ込んで全12巻セット買い、帰宅して一気に読みました。

そこから「LALA」道まっしぐらsign03

「CIPHER」との出会いは決定的でしたね。

おかげで、マンガ卒業する年齢になってもやめられません。

しかも、少女マンガひとすじheart01

OL向けやヤンママ向け、少年誌は不可。

これはマンガじゃなきゃダメっていうテイストのがいいんです、絶対sign03

| | コメント (2)

2008/06/21

マンガ歴何年?

「王家の紋章」53巻でましたーsign01

もちろん読みましたsign03

相変わらずのベタな展開にもかかわらず、なぜか読み続けてます。

初めから読んでるので、いったいどんなふうに終わるのか、やっぱり気になりますね。

こうなったら、最後まで読み続けるしかないでしょ coldsweats01

この話は、1巻~5巻まで読んで「ああ、こんな展開でいくのね」って思って後は読んでなかったんです。

かなり後で月刊誌に掲載中のを読んだら「おや、こうなってましたか」って続きが読みたくなって、6巻~15巻くらいまでまた買いました。

そこから長~いお休み期間があって、次に読んだのは33巻がでたあたり。

16巻~から30巻まで、古本屋さんで買って読み、後は新刊を買い続けてます。

月刊誌掲載なので、単行本は半年に一冊しか出ない…ということは、かれこれ20年以上読み続けてるわけです。

われながら、驚くやら呆れるやら coldsweats01 

息子たちは、生まれた時からこのマンガが我が家の本棚に並んでるんですから、当然読んで育ちました。

ベルバラ、エースをねらえ、ガラスの仮面、など、古めのマンガも読破。

2人とも、☆りっぱなマンガ、アニメおたく☆ に育ちました。

ちなみに、私、ガンダム、エヴァンゲリオン、マクロスファンという ☆アニメかじり虫☆ でもあります。

| | コメント (6)

2008/05/20

柊風味マンガの基準

マンガの基準って、そんな大それたことを…

でも、言っちゃいますsign01

少女マンガの金字塔ともいうべき?「ベルバラ」や「エースをねらえ」や「ガラスの仮面」さらには「王家の紋章」あたりが 《 ベスト10 》 に入らない理由は!

pencil まず、絵の好みです。上手、下手の前に、自分好みの絵であるかどうか。

この点、上記の作品は絵柄が古いタイプなので外れてしまうのです。

pencil 次に、1ページ内の コマ割り、画面構成が効果的ですっきりしていること。

この点についても、ダメ出ししたい箇所が多い作品は外れです。

特に、「王家の紋章」のように月刊誌仕様、つまり先月号の終わりページと今月号の始まりのページがだぶってしまう構成は、単行本にした時に絶対に良くないsign01 最近は、こういう作家は少ないですが…作品の完成度が損なわれてしまいます。

pencil 台詞のセンスがイマイチ、余計な擬音が多い。

セリフについては、容認できても、擬音は我慢できません。少年誌ほどタチ悪くないのが救いですが、なんのための絵なの?って、ツッコミ入れたくなります。

       sad        angry        catface

まあ、その他にも注文がありまして…

ストーリーについては、マンガで表現する必然性があることが望ましい。

TVドラマで、マンガ原作ものが増えてますが、実写で出来が良くておもしろかったら、マンガである意味がなくなっちゃうじゃないですか。

その意味から、大人向けのマンガは、活字離れした人たちの小説の代用品になってしまっている気がします。

本来、マンガは『絵という表現媒体でしか表現できないもの』であるべきだと思うのです。

「彼方から」や「ファサード」が実写化されるなんて、考えられないでしょう?

「OZ」「BANANAFISH」あたりは、ハリウッドならいけるかも…でも、キャスティングが超むずかしい think

大好きな「CIPHER」は夢が壊れるから、やめといてね。

でも、「CIPHER」のショートストーリーアニメのビデオ観たことあるけどネ。

これ、たしか音楽と動画だけで、セリフなしだったような記憶が…成田美名子センセの絵がうっとりするほど綺麗でした。 lovely

う~ん、その綺麗な絵をちょっとだけお見せしちゃいましょう

代表作CIPHER文庫版の表紙です

Cipher_2 

続きを読む "柊風味マンガの基準"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧