俳句

2020/09/27

曼珠沙華の俳句

 

Photo_20200927010401  

幸せに死ぬために生き曼珠沙華

日翳りてふいに恐ろし曼珠沙華

 

holly作の曼珠沙華の句の2句。

曼珠沙華は彼岸花とも言われていますが、私は曼珠沙華のほうが好き。

大好きな花なので毎年曼珠沙華の句をつくります。

人気のない山道にずら~っと咲いていると、あまりの赤さにまるで黄泉への道程のような気がしたり、ちょっと気味が悪いですがこの季節になると曼珠沙華が咲き乱れている山へ見にでかけます。

 

日翳りて…の句は実景です。曼珠沙華で有名な場所へ出かけた時のこと、もともと樹木が茂っている山間の場所だったのですが、木々の間から射していた光が急に翳って辺りが薄暗くなり曼珠沙華の赤だけが押し寄せてくるようで不気味でした。

 

 

| | コメント (0)

2020/08/27

ヘミングウェイのお酒

 

ヘミングウェイは皆さんご存じの文豪です。「老人と海」「日はまた昇る」「武器よさらば」など著作多数。

キューバを愛して長年ハバナで暮らし、酒を愛して毎晩通っていた酒場は今も観光名所となりたくさんの人が訪れているようです。

ヘミングウェイが愛したお酒として最も知られているのが「フローズンダイキリ」。ダイキリはもともとキューバのダイキリ鉱山で働く男達が飲んでいたお酒、ラム、ライム、砂糖など入手しやすい材料で作られているカクテル。ヘミングウェイは大酒飲みだったらしく一晩に何杯も飲むので、クラッシュド・アイスを使う分アルコール度数が低くなるフローズンダイキリをを愛飲していたんですって。

Photo_20200728234701

ヘミングウェイ好みし酒や南風吹く

                        (南風はみなみと読みます)

う~ん、南風に吹かれながらフローズンダイキリを飲むハバナの夕暮れ…いいですねえ

Photo_20200729000003 

 ハバナの古い街並

ヘミングウェイ行きつけのバーで「ダブルパパ」「パパダイキリ」と呼ばれていたヘミングウェイ専用のフローズンダイキリがこちら

Photo_20200729000001

 

| | コメント (0)

2020/08/16

八月十五日

Photo_20200802005102

海鳴りのむこう八月十五日

 

この写真が沖縄の海がどうかはわかりませんが、とりあえず沖縄の海へ思いを馳せて…

| | コメント (0)

2020/08/09

ヒロシマ

 

Photo_20200809010101

広島はヒロシマとして灼けてをり

 

この句、「広島」と「ヒロシマ」の違いを読み取ってください。本当は「ヒロシマ」は「hirosima」にしたかったけどね。

東日本大震災後の福島も同じで「福島」は世界の「フクシマ」になってしまいました。

広島、長崎は「原爆忌」と言われています。福島も「福島忌」と言われ始めていますが、しっくりこないのでぴったりの言葉を誰かつけてくれないかなあ~

 

ところで今日は「俳人協会宮城県支部」のキャップ会がありました。支部長以下四役と各部のキャップが集まる会議です。

以前は役員全員集合だったのですが、集まる人数を減らすためキャップと副キャップだけになりました。

9月12日に支部研修会がある予定で、その運営打ち合わせですが、研修会は実施できるのでしょうか。

コロナウイルス第2波が広がってきている今、会場も60名までしか入れないという制限があり、大学のホールの会議室なのでコロナウイルス感染予防対策要綱なるものが渡され、厳しい規制があります。

実施しないという選択が一番簡単な安全策なのですが、ここは前向きに努力してみようというわけです。

実施する場合と通信句会にする場合、2パターンについてのプランを作成した支部長以下幹部の皆様のご苦労を思います。

高齢者が多い俳句界、俳句大会がコロナウイルスのクラスターになったら大変です。用心、用心。

 

| | コメント (0)

2020/08/04

8月例会

 

Photo_20200803233901

林立の向日葵一本ずつ孤独

この句は夏の句の中で一番好きな句です。広い畑一面に咲き誇る向日葵は強く逞しい花。

ずらりと並んでいてもコスモスのように靡き合うなよやかさはなく、一本ずつが独立してすっくと空に向かって立ち上がっている。そんな向日葵たちの孤独さを思う。

 

✿      ✿       ✿

ささて、昨日句会はさて、昨日の句会は…

hollyの3句

篠竹に微風ありけり夕薄暑…2点

鳴砂の浜の寂れや立葵  …1点

サーファーの波を待ちいる孤独かな…1点

 

どれもイマイチです。

篠竹→情景はよく見えるが類想がありそう。

 そのとおりなのよっ!きれいなんだけどねえ…季語を変えてみようかな。

鳴砂→鳴砂の浜は牡鹿半島の十八成浜(くぐなりはま)震災以後は浜が狭くなってしまい寂れた感じです。

サーファー→「待ちいる」は「待ちゐる」にしたいのですが、hollyは現カナなので「ゐ」「ゑ」や表記映えする「歴史的仮名遣い」は使えません。これは結社の決まりごと。

それでは改作 サーファーの波待つ孤独…う~ん、ここまではリズムもよいのになあ、下五がでてこない。

下五に季語ならばいくらでも入れられるけど、この句の季語は「サーファー」なので季語でない言葉5文字で締めなければなりません。ここが難しいところ。1週間くらい寝かせてみよう。

その他の句

また雨となり化野の施餓鬼寺…k

蜩や今も敬語で話す君…k

鰻釣鯛を外道と放ちけり…k

昨日の句会で面白かった句です。どれも同じ作者。

1句目 化野の地名が効いていますね。念仏寺の情景がうかんできます。

2句目 「君」って誰??女性だよねっ! 句が若いね~ という解釈のholly

    いやいや、この君は昔の教え子だよ~ という派。

昔の教え子なら先生に対して敬語はあたりまえ、いくつになってもタメグチはきかないでしょう。それにそれでは句が面白くならないよ~。

3句目 今日の釣りの狙いは鰻、それ以外は釣れても外道とリリースするというわけですが。

     鯛なのに?ほんとに?鯛の刺身おいしいよ~もって帰ろうよ~

それともう一点疑問が、鰻は普通は鯛が釣れる海域にはいないでしょ。鰻は淡水と海水の混ざったあたりにいるし、鯛は淡水の混じったとこにはいないでしょ。いったいどこで釣りしてたのよ(`ヘ´) プンプン。

こういうことを喧々囂々おしゃべりする句会、楽しい(^_^)

 

この日の句会はhollyが司会、句の独自な解釈がhollyの持ち味なので独走してないかヒヤヒヤしながらの司会でした。

   

| | コメント (0)

2020/08/02

明日は句会

 

  Photo_20200802005401

廃線の痩せし枕木灸花

(はいせんの やせしまくらぎ やいとばな)

 

この句の灸花は「やいとばな」と読みます。一般的には「へくそかづら」とも言いますね。 

hollyは今迄この季語を使ってこなかった気がします。何故かな~?

とっても便利な季語で、夏のくたびれててうらぶれたような景色に良く似合います。似合いすぎるので敬遠してたもかも。

最近はこの季語のベストポジションを求めてあれこれ使っているお試し期間中です。

ところで、明日は句会。電車に30分乗るのでマスク携帯必須です。

もう25時だっていうのに、ま決定打がない!

コロナウイルス流行以降、出歩いてないからね~これは!という句材に出会ってない。

 

✿ 鳴砂の浜の寂れや立葵

✿サーファーの波待つ時間孤独なり

✿飛んできし夏帽誰のものでもなし

✿合歓咲くや母とろとろと夢の中

✿電話ボックス減りたる街や夕焼雲

✿沖縄へ続く海なり施餓鬼船

これは季語が問題だな、いわゆる付きすぎ

沖縄→慰霊→施餓鬼 こういうベタな連想をさそう季語を使うのは安易だよねえ

 

さて、そろそろ寝よう…続きは電車で考える~~

 

 

 

| | コメント (2)

2020/07/28

夏季鍛錬句会

Photo_20200723205901

一本のポプラ麦藁帽ひとつ

今年も夏季鍛錬句会がありました。コロナウイルスの蔓延で実施が危ぶまれていましたが、良い会場が確保できたので例年どおり実施できました。…といっても高齢の方達は用心して欠席だったため、参加者は10名。それでも3ヶ月近く句会ができなかったのでhollyにとっては楽しい句会でした。

吟行地は仙台農業園芸センター、広々とした園内を各自散策。もう少し早い時期だと薔薇が咲き乱れて見事なのですが、7月に入ってからなので薔薇は盛りを過ぎ、中心の花壇は夏の花、向日葵が一面に広がっていました。

隣り合わせにある沼には水鳥も、笹藪では葭切がさかんに鳴いていました。

Photo_20200728231801

平らなる水面ひと蹴りあめんぼう

 

園内には果樹やハーブのエリアもあり、ハウスではミニトマト他たくさんの野菜が栽培されています。

Photo_20200728231802

アーティチョークの花たかだかと梅雨の空

これ、アーティチョークの花なんです。別名を朝鮮アザミ、アザミの花に似てはいますが大きい花です。後ろに小さく映っているような蕾の時に食用にします。hollyは初めて見たので一番印象に残りました。

この日の句

薔薇の名のアブラカダブラ呪文となふ …K

草刈の香の立ち上がる細雨かな    …R

向日葵や撒水ホースのたうつて    …k

ズッキーニの葉の猛々しきも梅雨景色 …F

園丁に問へば貰ひぬミニトマト    …S

hollyは

アスパラガス闌け有耶無耶の煙雨かな…この句で6点いただき図書券をゲットしました。

 

蛇足ですが、ここのソフトクリームは果物の味が濃くて美味しい‼

野菜もいく種類か即売していました。

 

 

 

| | コメント (0)

2020/07/24

今年の指導句会は…

Photo_20200724211501

稚なくポピー揺れおり島無音

 

 

コロナウイルス感染防止のため、5月6月と句会はお休み。これは私達宮城支部だけでなく東京の中央例会もお休みでした。楽しみにしていた仙台での主宰の指導句会も関東、関西から集まることは無理なので通信句会となりました。参加者は135名、Ⅰ人3句投句なので句数は405句。句稿の校正だけでも大変でした。

hollyの句

会うことを許されぬ死や夕桜

 評→コロナ禍が終わっても通用する句

 ※これはテレビなどの報道でコロナウイルスで亡くなった人は遺族が直接遺体に触れることもできず、外国では顔を見ることもできずに葬られてしまうということを知って、私なら身近な人が亡くなる時には手をにぎるとかしてあげたいだろうな…とおもったことがきっかけでできた句。

時刻表スマホに入れて立夏なり

 評→「入れて」より「写し」がよいのでは。

 ※電車に毎日乗る人は時刻表などなくても覚えているだろうけれど、たまにしか乗らない私はいちいち駅でもらった時刻表で調べるのですが、この時刻表が年々文字が細かく見難いものになっていくのです。そこで、スマホに入れることにして、ずいぶん楽になったことからできた句。

たんぽぽに屈みて男遣り過ごす

 評無し

※これは想像の句。逃げ道の無い道で苦手な人が向こうからやってくる。そんな時、何気ないふりで道端の花を摘むようなふりで屈みその人を遣り過ごす…なんてことないですか?

 

句会のお休みが続くと俳句細胞が死滅してしまいそう。

幸いにも、hollyは浜梨メール句会、流星道場でパソコン句会をしているので、全く作句しないということはありません。

その他、普段は普通に句会をしている弓の会が休会中に通信句会を始めたので、そちらにも参加。

1ヶ月の投句数は以前と変わりませんが、流星道場の10句投句はしんどいです。

多作他捨…たくさん作ってたくさん捨てる…の日々です。

 

 

| | コメント (0)

2019/12/20

レノンの忌

 

Photo_20191220001401

焼き菓子にふる粉砂糖レノンの忌

12月も後半、「数え日」という季語がぴったりの季節になりました。掲句の季語「レノンの忌」は言うまでもなくビートルズのジョン・レノンが亡くなった12月8日のことです。

12月8日は「開戦日」「臘八会」でもあります。

「開戦日」はパールハーバー襲撃で太平洋戦争がはじまったので。

「臘八会」はお釈迦様が成道を果たした日を記念して法会を行うことから。

この二つの季語は古くから使われていますが、「レノンの忌」はわりあい新しく最近になって認められた季語です。

俳句の季語は、正式にどこかで認定されるというものではなく、新しい季語として認められるにはその季語を使った名句が生まれてその句が人口に膾炙された時に季語として一般に認められるのです。

hollyは「レノンの忌」が好きでずいぶん前から使っています。

🎄公園の捨猫かまうレノンの忌

🎄鉄鋲を打ちしジーンズレノンの忌

🎄ポケットに外した指輪レノンの忌



| | コメント (0)

2019/07/02

鍛錬句会

Photo_20190702015001 

梅雨入や飽かず寄りくる鯉の口

6月30日、恒例の夏季鍛錬句会がありました。今回は台原森林公園で吟行です。

あいにくの小雨でしたが、森林公園は街中にあり地下鉄でも仙台駅から5駅と便利な場所なので15名の参加がありました。

台原駅、旭ヶ丘駅、黒松駅と3駅にまたがっている大きな公園です。自然のままの散歩道、うっそうとした森、蓮の池など、句作していると2時間はすぐ過ぎてしまいます。

午後から句会、3句出句で2回おこないます。午前中にしっかりと見て、句材を溜め込んでおかないと句材切れで苦戦することになります。なぜなら、1回目の句会で目をつけていた句材を他のメンバーに詠まれてしまい、2回目の句会でおなじ句材を詠むのも2番煎じなので、それは潔く捨てて別のものを詠むほうがよいから。午前中に見た景を頭の中でフル回転。これが鍛錬句会の醍醐味。

Photo_20190702015002

走り根を頼る下りや半夏雨

hollyはみんなとは違う方向へ歩いたためか、人影もなく先も長そうなので途中から近道をすることにして、脇道へ入ったらこんな下り坂。おニューのスニーカーを汚しながら滑りそうな径をずんずん下りました。おかげさまにてこんな句を授かりましたが…。一気に森の中で迷子の気分でした。

Img_3234

蓮の池はまだ蓮がつぼみのまま。

この池には鴨もいますが、鯉がうじゃうじゃ、うごめくように泳いでいます。パンくずなど投げようものなら争うように口をあけて寄ってきます。

Img_3236

雨の日曜のためか人影が少なく静かです。普段は近隣の住人のジョギングコースとして親しまれているようです。今の季節は「ほたるをみる会」も行われているようでした。

hollyはこの日は好調で、8点、3点、2点、2点、2点、1点と6句全部に点が入りました。

写生句の苦手なhollyにしてはなかなか頑張ったかな…。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧