« 2019年12月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020/07/30

ソーイング

hollyのお仕事もコロナウイルスの影響で通常時の6割程度の出勤になり2ヶ月になります。

お休みが増えたので、ちびちゃんに何か作ってあげようかなと思い、ソーイングを始めました。

昨年ミシンを買い替えたことだし、もっと活用しなくちゃね。

Photo_20200729001301

初めの注文はエプロン、ちび姫は最近お手伝いをしてくれるようになり、保育所で使っていたエプロンが小さくなったことから作ってみました。

これは型紙と布地がセットになったキットで作りました。説明どおり作ったのでhollyにしては既製品なみの出来です。

Photo_20200729001401

これはちび王子のためのベスト。何故ベスト?と思ったのですが注文どおり作ってみました。何故?の理由は…どうやら勇者になって剣を持ち袋を肩に担いで旅をするためのベストだったようです。

ちなみにこれと同じものでリバーシブルになったものをちび姫のために作らされました。リバースブルなんて作ったことないhollyにとってはお断りしたいベストでしたが、「出来ない」とは言いたくない困った性分が禍いして見よう見まねで悪戦苦闘の末、完成しました。ちび姫はムラサキ色がお気に入り。思いっきり手がかかったので、ついでにポケットを付けてみました。

 Img_3462

本日の教訓 何事も下準備が大切!縫い物は順序よくやらないと後でやり直しがきて(T_T) でした。

 

| | コメント (2)

2020/07/28

夏季鍛錬句会

Photo_20200723205901

一本のポプラ麦藁帽ひとつ

今年も夏季鍛錬句会がありました。コロナウイルスの蔓延で実施が危ぶまれていましたが、良い会場が確保できたので例年どおり実施できました。…といっても高齢の方達は用心して欠席だったため、参加者は10名。それでも3ヶ月近く句会ができなかったのでhollyにとっては楽しい句会でした。

吟行地は仙台農業園芸センター、広々とした園内を各自散策。もう少し早い時期だと薔薇が咲き乱れて見事なのですが、7月に入ってからなので薔薇は盛りを過ぎ、中心の花壇は夏の花、向日葵が一面に広がっていました。

隣り合わせにある沼には水鳥も、笹藪では葭切がさかんに鳴いていました。

Photo_20200728231801

平らなる水面ひと蹴りあめんぼう

 

園内には果樹やハーブのエリアもあり、ハウスではミニトマト他たくさんの野菜が栽培されています。

Photo_20200728231802

アーティチョークの花たかだかと梅雨の空

これ、アーティチョークの花なんです。別名を朝鮮アザミ、アザミの花に似てはいますが大きい花です。後ろに小さく映っているような蕾の時に食用にします。hollyは初めて見たので一番印象に残りました。

この日の句

薔薇の名のアブラカダブラ呪文となふ …K

草刈の香の立ち上がる細雨かな    …R

向日葵や撒水ホースのたうつて    …k

ズッキーニの葉の猛々しきも梅雨景色 …F

園丁に問へば貰ひぬミニトマト    …S

hollyは

アスパラガス闌け有耶無耶の煙雨かな…この句で6点いただき図書券をゲットしました。

 

蛇足ですが、ここのソフトクリームは果物の味が濃くて美味しい‼

野菜もいく種類か即売していました。

 

 

 

| | コメント (0)

2020/07/24

今年の指導句会は…

Photo_20200724211501

稚なくポピー揺れおり島無音

 

 

コロナウイルス感染防止のため、5月6月と句会はお休み。これは私達宮城支部だけでなく東京の中央例会もお休みでした。楽しみにしていた仙台での主宰の指導句会も関東、関西から集まることは無理なので通信句会となりました。参加者は135名、Ⅰ人3句投句なので句数は405句。句稿の校正だけでも大変でした。

hollyの句

会うことを許されぬ死や夕桜

 評→コロナ禍が終わっても通用する句

 ※これはテレビなどの報道でコロナウイルスで亡くなった人は遺族が直接遺体に触れることもできず、外国では顔を見ることもできずに葬られてしまうということを知って、私なら身近な人が亡くなる時には手をにぎるとかしてあげたいだろうな…とおもったことがきっかけでできた句。

時刻表スマホに入れて立夏なり

 評→「入れて」より「写し」がよいのでは。

 ※電車に毎日乗る人は時刻表などなくても覚えているだろうけれど、たまにしか乗らない私はいちいち駅でもらった時刻表で調べるのですが、この時刻表が年々文字が細かく見難いものになっていくのです。そこで、スマホに入れることにして、ずいぶん楽になったことからできた句。

たんぽぽに屈みて男遣り過ごす

 評無し

※これは想像の句。逃げ道の無い道で苦手な人が向こうからやってくる。そんな時、何気ないふりで道端の花を摘むようなふりで屈みその人を遣り過ごす…なんてことないですか?

 

句会のお休みが続くと俳句細胞が死滅してしまいそう。

幸いにも、hollyは浜梨メール句会、流星道場でパソコン句会をしているので、全く作句しないということはありません。

その他、普段は普通に句会をしている弓の会が休会中に通信句会を始めたので、そちらにも参加。

1ヶ月の投句数は以前と変わりませんが、流星道場の10句投句はしんどいです。

多作他捨…たくさん作ってたくさん捨てる…の日々です。

 

 

| | コメント (0)

2020/07/23

お元気ですか

2_20200723170601

紫陽花に雨くる当たりまえの日々

梅雨まっただ中、この句はこの季節一番のお気に入りの句です。

A音の繰り返しが軽快なリズムを作っています。何気ない日常から生まれた句。

 

     🌂    🌂    ☔    🌂    🌂



さて、それはさておき長いことご無沙汰いたしました。

その間に世の中では大変な事態が発生、人類はコロナウイルスの脅威に脅かされることになってしまいました。

自然災害も怖いけれど、ウイルス感染は世界的に広がるから怖い怖い。

hollyもなすすべもなく自粛生活をしておりました。

「マスクと手洗いの日々」みなさまも充分お気をつけてお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

hello

 

Photo_20200921011301   

木の実落つ胸深く落つ音すなり

 

  HOLLY-GARDENへようこそ

GARDENの主人…silent-holly (静謐な柊)

 仕事30% 主婦20% 趣味50%で棲息中

                  趣味の 中身はほぼ俳句 

                   hollyは俳句結社の住人です。

                   結社支部機関誌の編集長でもあります。

                   もっともっと俳句ライフを楽しみたいhollyです。

                  ちょびっとガーデニング & 漫画 & ピアノも楽しんでます。

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年8月 »