« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年7月

2019/07/02

鍛錬句会

Photo_20190702015001 

梅雨入や飽かず寄りくる鯉の口

6月30日、恒例の夏季鍛錬句会がありました。今回は台原森林公園で吟行です。

あいにくの小雨でしたが、森林公園は街中にあり地下鉄でも仙台駅から5駅と便利な場所なので15名の参加がありました。

台原駅、旭ヶ丘駅、黒松駅と3駅にまたがっている大きな公園です。自然のままの散歩道、うっそうとした森、蓮の池など、句作していると2時間はすぐ過ぎてしまいます。

午後から句会、3句出句で2回おこないます。午前中にしっかりと見て、句材を溜め込んでおかないと句材切れで苦戦することになります。なぜなら、1回目の句会で目をつけていた句材を他のメンバーに詠まれてしまい、2回目の句会でおなじ句材を詠むのも2番煎じなので、それは潔く捨てて別のものを詠むほうがよいから。午前中に見た景を頭の中でフル回転。これが鍛錬句会の醍醐味。

Photo_20190702015002

走り根を頼る下りや半夏雨

hollyはみんなとは違う方向へ歩いたためか、人影もなく先も長そうなので途中から近道をすることにして、脇道へ入ったらこんな下り坂。おニューのスニーカーを汚しながら滑りそうな径をずんずん下りました。おかげさまにてこんな句を授かりましたが…。一気に森の中で迷子の気分でした。

Img_3234

蓮の池はまだ蓮がつぼみのまま。

この池には鴨もいますが、鯉がうじゃうじゃ、うごめくように泳いでいます。パンくずなど投げようものなら争うように口をあけて寄ってきます。

Img_3236

雨の日曜のためか人影が少なく静かです。普段は近隣の住人のジョギングコースとして親しまれているようです。今の季節は「ほたるをみる会」も行われているようでした。

hollyはこの日は好調で、8点、3点、2点、2点、2点、1点と6句全部に点が入りました。

写生句の苦手なhollyにしてはなかなか頑張ったかな…。

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »