« あけましておめでとう | トップページ | 牡蛎とラクレット »

2019/01/19

冬は神楽

Photo
                  越年の神楽十番見し眼

塩竃神社では大晦日から元旦にかけて一晩中神楽が奉納されます。

塩竃神社は県内でも有数の初詣の人出で、除夜の鐘の鳴る頃から元朝参りの人々が詰めかけます。昔は私も夜中に出かけ、帰りに夜店でおでんを食べたり、神社の境内で初日の出を見たりしたものです。

「神楽」は俳句の世界では冬の季語。なぜかはわからんけどね。

2019年新年句会も終わり、「汐の会」句会も終わり、支部機関誌2月号の校正も終わり…あとは、俳人協会県支部の賀詞交換会の句会。これの披講の練習しとかなきゃなんないわ。ああ~プレッシャー。。

|

« あけましておめでとう | トップページ | 牡蛎とラクレット »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとう | トップページ | 牡蛎とラクレット »