« メール句会 | トップページ | あけましておめでとう »

2018/10/18

壺の碑俳句大会

Photo_2
             碑に靺鞨の文字雁渡

                   (いしぶみに まっかつのもじ かりわたし)

10月14日は多賀城「壺の碑」俳句大会でした。

開会式の後、「壺の碑」まで無料送迎バスで吟行に行きました。曇り空でしたが、寒くもなく、大樹の下を歩きながらの吟行は気持ち良かったです。

今回は特別選者として詩人の高橋睦郎氏が招聘され、講演もありました。睦朗氏は「蛇笏賞」を受賞した俳人でもあります。御年80歳ですが、白シャツにジーンズという若々しいスタイルでダンディです。さすがに詩人だけあって朗読がすばらしかったです。

睦朗氏は私の結社の50周年祝賀会の来賓として招かれ「7月の旅人」ほか2編の詩を朗読してくださり、それが素晴らしかったこと。文章として紙面で見るよりも、ぐんぐん心に迫ってくるのに驚いたものでした。

この日の投句「身の芯に風吹く秋のきりん草」が睦朗氏入選に採っていただけたので嬉しかったです。

吟行の時に駐車場の脇一面に黄色の花が咲いていて、私は「キリンソウ」だと思ったのですが、何人かの投句に「セイタカアワダチソウ」とありました。「セイタカアワダチソウ」は夏の季語だと思うけど。

碑は奈良時代に坂上田村麻呂が蝦夷征伐のおり弓の筈で書いたといわれていますが、今は文字も薄れてしまっています。右側が刻まれた文字の拓本です。

200pxtagajohi1Photo

|

« メール句会 | トップページ | あけましておめでとう »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メール句会 | トップページ | あけましておめでとう »