« 結社誌9月号 | トップページ | あけまして »

2017/09/24

いちじく

201310            無花果を煮つめ鬼女にはまだなれず

hollyの大好きないちじくのシーズン 

句には「煮つめ」とありますが、hollyはだんぜん生のいちじくが好きです。わが家ではいちじく好きは私だけなので「自分だけのために」買い、「自分ひとりで」食べてしまいます。

201310_2
ほんわりとした甘さがなんともいえないhappy01。先日、句会のあとでよく行く居酒屋で突き出しに一切れでてきたので、嬉しくなっちゃいました。

無花果は原初の頃からある植物のひとつ。はるか昔の無花果はもちろん今とは違うもっと原始的な植物だったようですが、その種の起源に思いを馳せるとき、人類の始まりを思い起こします。なんだか不思議で神秘的な果物です。

|

« 結社誌9月号 | トップページ | あけまして »

俳句」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
いちじくは
小さいときにいっぱい食べて 口の周りを腫らしてました。
大きくなって飽きたのかなぁ あんまり欲しくなくなってたけど
最近 おいしいなって思うようになりました。
不思議だねぇ。。。

投稿: おひるねおかん | 2017/09/25 19:31

おひるねおかんさん

私は子供の頃、祖母の作った無花果の甘く煮たのを食べさせられて、無花果嫌いになってたんですよ。
大人になって無花果の美味しさを発見。
どこが美味しいって言われると困るけど、ほんのり甘くて不思議な味だよねえhappy01

投稿: silent-holly | 2017/10/01 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結社誌9月号 | トップページ | あけまして »