« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016/07/27

宵宮

「祓が﨑稲荷神社」の宵宮に出かけました。

近所の小さな稲荷神社ですが、昼間に御神輿さまが練り歩きます。

大人の神輿の他に、町内の子供たち手作りの子供みこしもあり、我が家の子供たちも幼稚園、小学校の頃には参加していました。

夕方になると神社の籤を買うために石段に行列ができます。籤は数に限りがありますが、空クジ無しで、町内の商店やスーパーから提供された賞品がでます。

Photo
4人で並んで1枚300円の籤を4枚ゲットしました。

境内にはかき氷、ヤキソバ、ヤキトリ、ビールなどの屋台がでますが、町内の役員さんたちがやっているので、どれも格安です。

舞台では太鼓や神楽が行われます。神楽は、小学生の部、中学生の部、大人の保存会の部とあり、今回、ちーくんが ☆初舞台☆ happy01  保存会の会長さんの膝に乗り、鐘をやらせて頂きました。 

723
 いつも神楽の練習についていっていたので、保存会のみなさんとも顔見知り。家でも「鯛釣舞」の真似事をしたり「狐」の踊りを真似たり、けっこうお神楽好きなんです。

 チビちゃんがぐずりはじめたので、hollyがおんぶして先に帰りましたが、最後にある籤の結果が気になります。因みに今迄もらった賞品は、 扇風機とか、お食事券とか、蒲鉾とか、お酒とか… さて、今回はなんと「天狗賞」というのが当りましてこれがheart01「某デパートの10000円の商品券」happy02 その他、たらこ一箱、蒲鉾一箱、干物詰め合わせ一箱。 

    heart01すごく得した気分heart01 でした。

| | コメント (0)

2016/07/19

港祭

今日は「海の日」、そして我が町では「港祭」です。

塩竈神社の御神輿様が202段の表坂を下り御座船に乗って松島湾を巡航します。御神輿様はふたつあり、どちらも2トン以上ある見事な御神輿様です。

前夜祭の花火大会、毎年楽しみにしているのですが…weep今年は残念ながら曇り空で高く揚がった花火は雲に隠れて見えません。それでも、船着き場付近では低い花火が見えたようです。hollyは我が家からド~ンという音だけ聞いていました。 

今日の本祭りは御神輿様が巡航している間に、陸上パレードがあります。市内の小中学校、町内会や職場ごとに、「よしこの」という踊りを踊りながら練り歩きます。

今年の目玉は「ディズニーシー」のパレードですhappy02 

我が家のチビちゃんたちも大喜びで、よく見える場所を確保するためパレードの始まる2時間も前から出かけました。 

Photo_5

Photo_3Photo_4
うちのチビちゃんたちも大興奮(オトナも大興奮)coldsweats01

Photo_6
Photo_7
heart01むふふ~heart01 きゃっきゃと楽しんでるチビちゃんたちを見てるのが

hollyの一番の楽しみです~ heart01なにしろ大甘グランマですから…heart01

| | コメント (0)

2016/07/17

7月の句会


いつもの句会は私のホームグラウンド 今月は初めてのゲストが1名参加して、7名での句会でした。

なんだかとっても楽しくてhappy01…何が楽しいんだろう?って考えたら、俳句を作ること、そして自分の句に評をもらえること、仲間とこの時間を共有できることが楽しいのかな。

ここまで書いて、ふと、こんなこと思っちゃうって、歳をとったんだなあ…なんて、思ってはならぬことを思ってしまったhollyです。 

Photo
 祭は夏の季語。夏以外の季節には「春祭」「秋祭」と季節をいれなければダメです。hollyの住んでいる町では夏は「港祭り」があり、神輿が松島湾を海上渡御して巡ります。この祭のころになると梅雨も終わり、海にも夏の明るさが戻ってきます。

Img_1896_2  Img_1894  Img_1897 


さて、7月の句会のお気に入りの句は

clover榧大樹人寄れば人容しけり 

  「容しけり」はゆるしけりと読みます。この句、作ったときは気付かなかったのですが、無季句です。榧、欅、などはそれだけでは季節を限定できないので季語とはなりません。そこで自分で添削 

pencil榧大樹寄る人容し涼しかり 

         「榧大樹」の言葉を大切にしたかったので。 

pencil炎天の榧人寄れば人容し 

         こちらは「人」のリフレイン感をたいせつにしたもの。 

「涼し」「炎天」とともかく季語は入りましたが、どちらの句も理屈というか説明的な匂いがついてしまいました。

  snail     sprinkle     eyeglass     book      pencil

cloverぼーんとひとつ柱時計や梅雨深む  

  この句は「梅雨深む」を使いたかったがための句です。「ぼーんとひとつ」か「ぼーんぼーんと」か悩んで作ったのですが、まだ不満なので添削。

pencilひとつ打つ柱時計や梅雨深む 

5句出句の句会ですが、後の3句はつまらないので省略します。 

 cafe        cake         sandclock   

句会の後半は漢字一字の席題による即吟句会です。

この日のお題は「千」「焼」「見」。この中から好きなものを選んで2句か3句作ります。時間に余裕があったので作句時間は30分ももらえて、ラッキーhappy01

clover籐椅子に千夜一夜のものがたり 

clover宵宮や露店の端のカルメ焼  

hollyは短時間のうちに句を捻り出さねばならないというスリルのある時間がけっこう好きです。       

| | コメント (0)

2016/07/15

おニューの携帯

携帯を新しくするなら、スマホでしょ……という皆様の声が聞こえてきそうですが、hollyはスマホが苦手です。

だ・か・ら、新しい ケ・イ・タ・イ・で・ん・わ mobilephoneですsign02 

2016714
 左の赤いケイタイが新しいもの。右が今迄お世話になっていたもの。スリムでスマートのジャマにならない愛用品だったのですが、なんといつのまにか6年も使っていたんです。あちこち部品も消耗するわけです。修理をするのに時間とお金がかかる…ということで、仕方なくweepさよならしました。

新しいケイタイは余計な機能を何もつけないでシンプルに。hollyはケイタイは☎電話とメール、写真が撮れれば、それでOKというタイプ。なんやかんや機能つけても結局使わないことはこの6年で実証済。 キノコのお姉さんに着メロを入れてもらっただけの、呆れるほどのシンプルケイタイです。

| | コメント (0)

2016/07/12

梅ジュース

今年も梅を漬けました。 梅酒ではなく、梅ジュースです。

20167

今年は例年の倍くらいの量を作りました。

左のは氷砂糖とお酢で普通に漬けたもの。真ん中と右はお酢は入れずに炊飯器の保温で24時間で飲めるように作ったもの。この三つの瓶の他にもう一瓶作ったのですが、それはこの10日ほどで飲んでしまいました。暑い時期にはさっぱりとしていて疲れもとれる感じです。

青くて硬い梅で作ったものは梅の実もしわしわで堅めですが、黄色ばんだ梅で作ったものは実がふっくらと柔らかくジャムにするよりも、そのまま食べると美味しいです。チビちゃんたちも2つ3つとぺろぺろ食べちゃいます。

| | コメント (0)

2016/07/09

夏期鍛練句会

7月3日の日曜日、恒例の鍛練句会がありました。

今年の吟行地は仙台駅周辺。駅周辺には歩いて5~10分で新寺小路という古刹名刹が並んでいるところがあります。普段は「神社仏閣は俳句にするな」と言われていますが、敢えて…。

当日は小雨模様…「ああ~こりゃあ季語は梅雨どっぷり」と思いながら、まずは仙台駅の一駅手前で下車。榴岡天満宮へ

Photo初めて来たのですが、りっぱなお社、「撫牛」もあり、俳句にするならこれか?…とか考えながら見て回りました。一番風情が感じられてよかったのは、この石段、赤と青の幟が立ち並んでいるところも、石段が雨で濡れているところもよかったです。

新寺小路のお寺もいくつか回りました。

Img_1820               これは孝勝寺の六地蔵 

 Img_1819_2               同じく孝勝寺の五重塔

Img_1822            水子地蔵でしょうか、子守地蔵かな

Img_1838
新寺小路界隈はりっぱなお寺さんが並んでいます。「阿吽」の阿修羅像がならんだ山門もいくつか見られました。「阿吽の仁王」で一句詠みたかったけどまとまりませんでした。

干支地蔵が並ぶお寺も…ちゃんと12体ありました。

Img_1831 Img_1832

Img_1837 Img_1835

お寺さんの境内はどこも紫陽花や夏椿、百合などの花や樹木がいっぱいで、街中の喧噪をよそに深閑としています。

Img_1842 Img_1844

clover街騒を一筋逸れし実梅かな

cloverビルの間の小さき稲荷や半夏雨 

clover築地塀つづく寺町枇杷熟るる

hollyの出した句は3句ともそれぞれに点が入りましたgood 

この後、2回目、3回目と2句づつ出句。いつもは2回目、3回目となるにつれ似たような句がでてきて、ちょっと句会がダレるのですが、今回は同じようなお寺を見て詠んだにしては詠むポイントがそれぞれで楽しい句会でした。

| | コメント (2)

2016/07/06

海鞘の季節

今年のrain梅雨はなんだかおかしな具合ですね。

梅雨入りはしたものの、気温は高いし、雨量は少ないし…地球はどんどん疲弊が進んでる感じthink 

そんなこの頃ですが…夏が近づくと出回ってくる美味しいものには、ちょっとわくわくheart04 その中でも一番はこれ 海鞘ですぅ~

Photo
三陸の海鞘、おいしいですよう「海のパイナップル」

夏になると身が入ってきてしっかりと大きな海鞘が出回ってきます。外側の硬い殻を剝いて、中身を開きます。きれいに洗って短冊切りにし、薄切りのキュウリと刻んだシソと酢の物にして食べます。hollyは子供の頃、海鞘は食べられませんでしたが、海鞘の味がちょっと染みたキュウリを食べるのが好きでした。

Photo_3 Photo_4

| | コメント (4)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »