« ハロウィン気分 | トップページ | バグダッド・カフェ »

2015/10/30

あえなく…

俳句結社には年に1回、その年に一番活躍した人が受賞する結社賞のようなものがあります。ほとんどの結社にあると思います。私の所属する結社では、その他に「新葉賞」と「新人賞」があります。「新葉賞」は40歳以上でその年に活躍した人がもらえる賞です。「新人賞」は40歳以下でないともらえません。1年間コンスタントに活躍するのはなかなか難しいです

「結社賞」は「新葉賞」をすでに受賞しているようなベテランが受賞することが多いですが、最近は若手が受賞する場合もあるようになりました。活躍する若手がいるというのは結社にとっては何より心強いことです。俳句がけっして「年寄り」のものではないという証拠でもあるし、結社全体に活気がでます。

hollyはもう若手ではないですが、気持ちだけは「若手」なので、いつまでたっても「オトナの俳句」ができませんweep

私の結社では、この三賞の他に「星辰賞」という毎年ではない賞と、「五人会賞」という小さなグループごとに応募するいわば団体戦のような賞があります。「星辰賞」は無記名で未発表20句で競います。

hollyは今年の「第十回星辰賞」に応募しました。今までに4回応募して、その度に予選落ちですcrying

今年は225篇の応募があり予選通過は30篇でした。hollyはちょっと気合いをいれて応募したためか、予選通過sign03happy01 うれし~happy02 

ちょっとだけ夢見ちゃいましたが、もちろん受賞どころか佳作にもはいれませんでした。選考委員5人のうち、主宰の〇がもらえただけでも良しとしなくちゃね。〇一個では受賞対象とならないので評ももらえません。私の20句にどんな評がいただけるのか聞いてみたかったです。きっと酷評だとは思いますが…。

あえなく敗退しましたが、20句のうち出来が良いものだけ紹介します。

clover            ribbon            clover

 磔刑の基督像や薔薇の雨 

 薔薇選ぶ己が柩に入れるため 

 羽音のみ聞こえ真昼の薔薇の庭 

 ビーチサンダル男が男愛すなり 

 少年の短き家出枇杷熟るる

 林中に蝶の道ある静寂かな 

 ピアソラのタンゴ聴きおり薔薇の雨

 薔薇散るや六条御息所の恋 

ribbon            clover            ribbon       

テーマは薔薇です。薬萊ローズガーデンでたくさん薔薇を見たので、そのイメージを中心に作りました。

|

« ハロウィン気分 | トップページ | バグダッド・カフェ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハロウィン気分 | トップページ | バグダッド・カフェ »