« 庭だより…チューリップ、水仙 | トップページ | 黄金週間だけど… »

2015/04/30

結社誌報告

今年に入って結社誌1月号が2句掲載だったので、ちょっと凹んでいました。

2月号から4月号まで掲載された句を載せます。

2月号

cloverことごとく名を持てる島冬に入る(芭蕉祭、高橋睦郎特選)

clover唐辛子赫々とわが死後の庭

clover朴落葉蹴散らし頭からつぽに

  cloverことごとく…特選もらった句は主宰も選んでくれました。

3月号

bud鉄鋲を打ちしジーパンレノンの忌

budポケットに外した指輪クリスマス

bud底冷や廊下の奥の終夜灯

  12月8日は「レノンの忌」。好きな季語なので毎年作ります。

4月号

tulip原つぱに吾が影淡し懸り凧

tulipいつせいに鳩発つ空や初薬師

 2句欄は落ち込みます。

6句投句して4句没ですからねぇ…ため息もでます。

わが結社は2句欄が圧倒的に多いです。全投句者の6~7割が2句。

同人も特別な同人をのぞいては同人欄はありません。

同人は同人枠があって投句した全句が載る結社誌もありますが、うちは2句同人がごろごろいます。

没になった句の検討が必要ですね。

 

|

« 庭だより…チューリップ、水仙 | トップページ | 黄金週間だけど… »

俳句」カテゴリの記事

コメント

いつもながらおみごとな句ですね。
私はどれが好きかって、選べないくらいどれも素敵。あえて言うならレノンの句です。
最近私たち教室では互選が行われるようになりました。とても勉強になるのですが、他人の句を選ぶなんて恐れ多くて。
俳句はいい読み手になるのも大切なんですね。

投稿: 木漏れ日 | 2015/05/01 01:01

木漏れ日さん

ありがとうございます。
互選は難しいですよね。
何を基準に選ぼうか迷ってしまいます。
句会の互選でたくさん点が入っても、主宰に採られないこともありますしね。

俳句は良い読み手がいなければ「なんのこっちゃ」で終わってしまう文芸ですからね。

投稿: silent-holly | 2015/05/02 02:10

私もどの句も良いと思うのですが、
好きなのは〔唐辛子赫赫と・・・〕が好きです。そう思うことがありますね。

作品を選ぶ側選ばれる側の感性の違いがあるのでしょうね。落ち込むには及ばないと思います。

と云いながらも私も公募展に出品した絵が望む室内の展示でなかった場合かなり落ち込みました(~_~;)

投稿: おキヨ | 2015/05/04 11:19

おキヨさん

ありがとうございます。

いつも平常心で、あまり期待しないで…と思うのですが、それは難しいです。
思い入れが深い句ほど、採られなかった時のショックが大きいですね。
まあ、一喜一憂するのも楽しいということでしょうかね。

投稿: silent-holly | 2015/05/04 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭だより…チューリップ、水仙 | トップページ | 黄金週間だけど… »