« 冬の俳句2題 | トップページ | ただいま準備中 »

2015/02/09

メール句会2・9

今日メール句会へ送った句

hollyのやっているメール句会は投句の週と選句の週が交互にきます。

つまり隔週投句4句しなければなりません。

漢字1文字の兼題があるので、今回は「天」をいれて作らなければなりません。

天で天麩羅はベタですが、あえて使ってみました。

clover寒明や天麩羅蕎麦の食べ応え

今の季節は季語に苦労します。実際には2月はまだ寒いし、へたをすると3月だってとても春の句を作る気分ではありません。

でも、俳句の世界では2月から4月までが春です。

仕方なく「春寒」「寒明」「余寒」「冴え返る」「斑雪」「雪形」「雪解」など、寒さを感じさせる季語を使っています。

clover春寒や夜中に回す洗濯機

clover眼前の母たわいなし春炬燵

cloverヒヤシンス白き根夜毎われに伸び

この句はcloverヒヤシンス白き根伸ばす余寒かなcloverとして「余寒」を主季語にしていたのですが、途中で気が変わり「ヒヤシンス」を主季語にしました。

原則としては1句に季語はひとつですが、2つ入れても片方がより強く季節感がでる季語であればそちらを主季語として扱うことになっています。

さて、メール句会のメンバーの読みは如何に?

他の人の句を読み解く力はとても大切です。佳い読み手なしに俳句は成立しませんからね。

|

« 冬の俳句2題 | トップページ | ただいま準備中 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

俳句はいろいろと約束事があるようですね。
私はそれらのことを何一つ知りませんが俳句短歌を読み、自分なりに〔感じ取る〕ことが好きです。

〔寒明や天ぷら蕎麦の食べ応え〕
カラッとした句もまたいいですね。

〔目前の母…・・・〕も実感があり好きです。
この句の場合私は母側ですけどね(~_~;)

投稿: おキヨ | 2015/02/09 12:46

おキヨさん

俳句の決まり事、時々めんどくさくなります。
でも、縛りがないと1行詩のようなものになって連綿と思いをはき出してしまいそう。

若い俳句作者の中には自由に書いている人たちもいますが、それならば俳句という括りに入らなくても…と思うことがあります。

おキヨさんは「たわいなし」じゃないでしょう。しゃっきとしてそうですよ。

投稿: silent-holly | 2015/02/10 01:19

こんばんは~
最近TV番組で
(番組名忘れた~!ダウンタウンの浜ちゃんのやつ)
俳句の先生が いろいろ説明して添削されていくのをみて
“おお~”って 感心することが多いです。
ビッグコミックっていう漫画で
最近 俳句を始めるおじさんと添削をする女の子の連載が始まってて
俳句もブームがくるんじゃない?っていう予感。。。。
どうかしらん?


投稿: おひるねおかん | 2015/02/11 22:34

おひるねおかんさん

浜ちゃんの番組、見てますよ~
あの先生、夏井いつきとおっしゃるのですが、「いつき組」というのをやってる方です。
歯切れがよくて面白いですよねっhappy01
俳句ブームといわれるものは今までにも何度かあったようです。どれも高年齢か中年以降の主婦層がカルチャーセンターで初めて盛り上がったようなんです。
漫画の世界にまで進出とは…面白い方向のブームがくるといいなあ

投稿: silent-holly | 2015/02/12 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の俳句2題 | トップページ | ただいま準備中 »