« 舟を編む | トップページ | 甲州みやげ »

2015/01/19

初句会

今年初めての句会が1月10日、11日とありました。

10日はいつもの小さな句会です。

昨年末に高齢で体調の優れなかったkさんが退会なさったので、会は5人になりました。

kさんは白髪の上品なおばあさまで、博識で語彙も豊富、句歴もながく、句会ではいつも的を射た意見をおっしゃる方でした。時折茶目っ気のある句を作られるチャーミングな方でもあったので退会は本当に残念です。

そんな思いで句会へ出ると、思いがけないお客様がありました。

お試し参加というか、体験入会の方があり、県北から本線に乗っていらしたとのこと。

句歴を伺うと「昔、すこしだけ」とおっしゃっていましたが、出句された句を見ると、2年や3年の句ではありません。少なくとも5年から10年の句歴があるとお見受けしました。

会に入っていただければ嬉しい限りですが。

この日のhollyの句

clover大榾の崩れて夢魔の散りにけり

clover観覧車灯ともして年迎えけり

clover雪降り来夥しき灯の隙間より

clover凍星や母となりたる娘の寝顔

clover凍星の光強きを恃みとす

4句目は「母をなりたる娘云々」というところが類想です。せめて「娘の寝息」がよかったかな。

5句目は具体性がない解ったような解らないような句という評があるだろうなと思いながらも出してみました。想像力を逞しくしていただけると理解できるかも。

11日は新年句会でした。

こちらは出席者28名。支部総会も兼ねているので、普段出席しない方々ともお会い出来るチャンスです。

高齢のため原稿はお断りという方が増えるなか、こういう機会を捉えては原稿をお願いして歩きます。

新年句会の出句は2句。

cloverいつせいに鳩発つ空や初薬師

clover柵の多き現世や冬の虹

2句目は「現世」がいけませんね。観念的になってしまうし。季語「冬の虹」もいかにもの感があります。

clover柵の多き世に生き薺打つ

このほうがいくらか現実の生活が見える気がします。

wine新年句会は会食があるのですが、例年和食だったものが、今年は洋食。

私にはこちらのほうが美味しくてよかったhappy01

なにはともあれ、今年も健康で、たくさん俳句が詠めますように。

|

« 舟を編む | トップページ | 甲州みやげ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

句会も新会員歓迎のようですね。
俳句短歌は語彙の優れた方、豊かな感性 の他センスや才能いろんなことに長けていなければ続かないということはないでしょうか?
粘り強さも必要かも。。。


どの句も味わいがありますが
新年の句は青空や虹の色を感じさせて
好きです。

投稿: おキヨ | 2015/01/20 13:02

おキヨさん

何事も長く続けていくのは、なかなか骨の折れるものです。
母のおつきあいで始めた俳句ですが、自信過剰が祟って15年も続けています。
今ではくじけそうになるたびに「継続は力なり」と呪文のようにつぶやく有様です。

投稿: silent-holly | 2015/01/21 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舟を編む | トップページ | 甲州みやげ »