« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/30

冬の俳句2題

Photo_2
clover暁の星凍裂のひびきけり …凍裂とは氷点下20度~30度の深夜や明け方に、あまりの寒さに樹木の中の水分が凍って木の幹が裂けることです。パーンというまるで拳銃でも撃った時のような音がします。

Photo_3

clover凍鳥の骸美し恋やまず…ある朝、屋根から滑り落ちたような位置に小鳥の骸がありました。小さな胸の淡い黄色の羽毛がふわふわと柔らかそうで、まだ生きているかのようでした。

| | コメント (4)

2015/01/27

週末

土曜日のお楽しみ、ちーくんとの外遊び

2015124
仮面ライダーの描いてあるカイトです。さて、上手く上がるかな?

Photo_4
風の強さもちょうどよく、カイトはかなり高くまで上がりましたhappy01

Photo_5

こ~んな広い原っぱであげてます。どこにいるか分かるかな?カイトが上がっているのが見えるかしら?

ちーくんはお散歩に来たワンちゃんに話かけたり、ジョギングの人に挨拶したり、どんぐりを拾ったり。凧あげを楽しんだのはじぃじとばぁばでした。

途中で風向きが変わって、カイトの糸が木の枝にひっかかってしまいました。そして、風に乗ってあっという間に公園の向こうまで飛んでいっちゃった。

探しに行ってみましたが、公園の向こうは石油基。石油タンクがありタンクローリーが頻繁に出入りしている地区なので、中まで探しに行くことはできません。

カイトが飛ばされてしまうとちーくんはちょっとベソかき顔。
「きっとお船まで飛ばされて、お船と一緒に海に行くんだよ」と宥めて帰ってきました。

cafe          cake          cafe

日曜日は特別な用事がなければ、息子2とおやつ

三井アウトレットのカフェで久しぶりにワッフルを食べようと出かけたら、ワッフルのお店が無くなっていて、別なカフェになっていました。

店内は明るく、種類の違うテーブルセットが置かれています。

2015125

照明のところに不思議な鳥籠が…

125
ここでいただいたのが「キャラメルトースト」

フレンチトーストにキャラメル味のアイスがついた一品。フレンチトーストが柔らかくて美味しかったですよ~
125_2

| | コメント (0)

2015/01/25

甲州みやげ

ちょっと前のことですが、息子2が社員旅行で甲府へ行ってきました。

富士山と富士五湖か…と思いきや、仕事の関係でお酒関係のところばかり

白州と登美の丘ワイナリーだって。

富士山も見るには見たようですが。

お土産はしっかり買ってきてくれました。

Photo
「富士山バウム」、おなじみの「信玄餅」、ブドウを丸ごと砂糖でコーティングしたお菓子「月の雫」

Photo_2
有名な「ほうとう」です。作り方どおりに作ってみましたが、こんなもので良いかな?

Photo_3
佐久平蕎麦も買ってきてくれましたが、美味しかったhappy01



| | コメント (2)

2015/01/19

初句会

今年初めての句会が1月10日、11日とありました。

10日はいつもの小さな句会です。

昨年末に高齢で体調の優れなかったkさんが退会なさったので、会は5人になりました。

kさんは白髪の上品なおばあさまで、博識で語彙も豊富、句歴もながく、句会ではいつも的を射た意見をおっしゃる方でした。時折茶目っ気のある句を作られるチャーミングな方でもあったので退会は本当に残念です。

そんな思いで句会へ出ると、思いがけないお客様がありました。

お試し参加というか、体験入会の方があり、県北から本線に乗っていらしたとのこと。

句歴を伺うと「昔、すこしだけ」とおっしゃっていましたが、出句された句を見ると、2年や3年の句ではありません。少なくとも5年から10年の句歴があるとお見受けしました。

会に入っていただければ嬉しい限りですが。

この日のhollyの句

clover大榾の崩れて夢魔の散りにけり

clover観覧車灯ともして年迎えけり

clover雪降り来夥しき灯の隙間より

clover凍星や母となりたる娘の寝顔

clover凍星の光強きを恃みとす

4句目は「母をなりたる娘云々」というところが類想です。せめて「娘の寝息」がよかったかな。

5句目は具体性がない解ったような解らないような句という評があるだろうなと思いながらも出してみました。想像力を逞しくしていただけると理解できるかも。

11日は新年句会でした。

こちらは出席者28名。支部総会も兼ねているので、普段出席しない方々ともお会い出来るチャンスです。

高齢のため原稿はお断りという方が増えるなか、こういう機会を捉えては原稿をお願いして歩きます。

新年句会の出句は2句。

cloverいつせいに鳩発つ空や初薬師

clover柵の多き現世や冬の虹

2句目は「現世」がいけませんね。観念的になってしまうし。季語「冬の虹」もいかにもの感があります。

clover柵の多き世に生き薺打つ

このほうがいくらか現実の生活が見える気がします。

wine新年句会は会食があるのですが、例年和食だったものが、今年は洋食。

私にはこちらのほうが美味しくてよかったhappy01

なにはともあれ、今年も健康で、たくさん俳句が詠めますように。

| | コメント (2)

2015/01/06

舟を編む

以前から観たいと思っていた映画「舟を編む」

元日の夜、23時30分頃からやっていました。

hollyは途中で眠ってしまった時のことを考えて、一応録画しておきましたが、結局最後まで観ました。2日に録画したものをまた観て、今日(3日)にまた半分だけ観ましたcoldsweats01

この映画、hollyの好み、ど真ん中です。

ある出版社の辞書を作る人々の話で、なんと24万語もある辞書(広辞苑のような)を何年もかけて完成させる作業がなかなか興味深く、地味な話ですが、丁寧に作られていて見終わると「じんわり~と幸せな気持ちになれる」映画です。

原作は三浦しおん。2012年本屋大賞に輝いた本です。

出演者も、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、伊佐山ひろ子、黒木華…魅力的なメンバーでしょ。

松田龍平にこんなマジメな変人が演じられるとはちょっと意外な感じがしましたが、さすが役者です。全く違和感なく主人公「馬締光也」を演じきってました。

この作品は2013年にアカデミー賞他たくさんの賞を受賞し、松田龍平も最優秀主演男優賞を受賞。

馬締光也は出版社の営業部で変人で通っているが、「大渡海」という辞書を編纂することになった辞書編集部にスカウトされる。

Sub1_large1                  馬締くんと彼が恋する香具矢さん

馬締くんが住む早雲荘という古い下宿屋の主人タケさんの姪で早雲荘に住むことになった板前修行中の香具矢さん。彼女に恋しちゃった馬締くんはどうしていいか解らず、職場の同僚たちのアドバイスでラブレターを書いて渡すのですが、それが毛筆で達筆…。「こんなの読めない。読めないからお店の大将に読んでもらったけど、すごく恥ずかしかった」と香具矢さんに言われ、さらに「口で言って」と迫られ、やっとの思で「好きです」と告白。

こんな人間関係も魅力的です。

| | コメント (4)

2015/01/03

頌春

              fujiあけましておめでとうございますfuji

2015年、天候に恵まれ穏やかなお元日となりました。

今年は正月飾りをしていないのですが、昨年亡くなった義姉の切り絵作品「七福神」を飾ってみました。

         201511

大晦日にはチビちゃんたちはママの実家にお泊まりに行ったので、hollyとプーさん、息子2人の静かな「年の夜」となりました。

おかげでゆっくりと「紅白歌合戦」を見て年越し蕎麦を食べ、さてそろそろ寝ようか…という時になって映画が始まってついつい「さよならクロ」という映画を見てしまいました。これが、なかなか面白くて見終わったら3時になっていました。

今年も夜更かしは直りそうもありませんcoldsweats01

元日の朝は、お雑煮の用意があるのでそうそう朝寝坊するわけにもいかず、眠い目を擦りながら定番のお雑煮を作り、プーさんと二人でいただきました。

息子2人は早起きなんかするわけがない…以前はたたき起こして揃ってお雑煮を食べたものですが、ここ何年かは自由にしています。

昨年の年末は30日が休みでしたが、31日は15時まで仕事だったので、お節の煮物は手のかかるものだけ30日に作っておきました。

相変わらずの見栄えのしないお節ですが…

Dvc00001 Dvc00002


いつもはお重に詰めていた「黒豆、田作り、昆布巻き」、今年は別に出しました。

今年は、ゆっくりと煮物ができたので、ゴボウが美味しく炊けました。椎茸も上等のものをゆっくり煮含めることが出来て良い出来です。手をかけてやれば野菜たちは香りも歯ごたえも失わずに美味しくなるものですね。

年越しの日に必ず作る「茶碗蒸し」とともに煮物も母のところへお裾分けしました。

何年か前までは煮物は二人で作っていたのですが、母は材料ごとに別々に煮る我が家のお節を作る気力がないようです。ちょっと寂しいけれど、私の実家のお節料理は私が引き継ぐほかなさそうです。

皆様はどんなお正月をお過ごしでしょうか。

時々更新、言いたい放題の拙いブログですが今年もよろしくお願いいたします。



| | コメント (4)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »