« 宮城といえばずんだ | トップページ | 八木山zoo »

2014/10/01

10月号届きました

結社誌10月号が届きました。

記念大会の特集記事が載っています。

hollyは支部会報に一足早く載せてしまったので、なんだかもう懐かしいような気持ちになってしまいました。

9月末は結社同人には大事なお仕事があるのです。

今年度の結社賞の推薦、新同人の推薦、自分の一句を選んで同人会宛に送らなければなりません。

支部に同人推薦に適する人がいない場合は、全国から探すことになるので大変です。

私の結社では推薦に値する明確な基準があるので、好きな句を作る会員さんがいても基準に該当しなければ推薦するのが難しいのです。

結社賞については、今年は「該当者無し」でも良いのでは…と思うこともあります。

さて、今月は2句しか採られていませんが、不思議に2句とも弔いの句です。

clover椅子十五坊さま二人蟬時雨

clover蟬声に居住まい正す葬かな

1句目はメール句会の仲間には不評で点が入らなかった句です。

家族葬に参列した時の句で、本当は坊さまは六人いました。参列者は十五人にも満たない静かなお葬式でした。

2句目は未発表の句です。

どうしてお葬式の句だけ採られたのか…

因みに他の句は

clover幼子の背に寝て過ぐる夜店かな

clover向日葵に手術痕ある掌をひらく

clover小暑なり街路樹ぽつと雨零す

clover濡れ縁に猫ちよこなんと星祭

holly的には「幼子の」「向日葵に」あたりが☆なのですがねえ

主宰は作意が見え見えの句より、何気ない句がお好きなようです。

見え見えで押し通るには、もっと力業でいかないとダメかな?

なんと不遜なことを……coldsweats01

不遜ついでに先ほど投句した句を。

clover赤爛と月あり人は滅ぶべし

pencil赤爛は「せきらん」と読みます。スーパームーンがあまりに赤々としていたので。

clover死の近き人に梨剝く夜の窓

この2句が☆なのですが、果たして主宰選は如何に~乞うご期待sign01

|

« 宮城といえばずんだ | トップページ | 八木山zoo »

俳句」カテゴリの記事

コメント

投稿: おキヨ | 2014/10/01 12:53

絵画などでもそうですが、審査を通るのは自分の思う作品と違うものが取り上げられることがありますね。
私は
○ 幼子の背に寝て過ぐる夜店かな
が好きですね。

素人が生意気云ってごめんなさいm(__)m

投稿: おキヨ | 2014/10/02 00:26

おキヨさん

ご意見は大歓迎ですhappy01

私はどちらかというと日常的な題材の句よりも、意味はよくわからないけど何故か惹かれる不思議な句というのを目指しているつもりなんです。
これが難しくて…coldsweats02

投稿: silent-holly | 2014/10/02 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮城といえばずんだ | トップページ | 八木山zoo »