« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/30

家族葬

急にお葬式に行くことになりました。

私の祖母の実家のお葬式です。祖母の実家は松島、瑞巌寺のすぐ傍にあり、瑞巌寺の檀家(檀家といっていいのかな?)お葬式があると瑞巌寺から導師様がきてくださいます。

祖母の兄弟が亡くなったとき、母の名代でお葬式に参列しましたが、自宅の続き座敷いっぱいに参列者があふれ、導師様がお供を引き連れて、総勢4人でお経をあげてくださいました。

さて、今回は如何に?

亡くなったのは、祖母の甥にあたる方ですが、現役を退いて長いし、長くグループホームで過ごしていたので、参列者は親戚の他は近所の方たちくらいかな、と思いながら出かけました。

見事に家族葬。

病院から直接、葬祭会館に運ばれ、そこで通夜を済ませ、今日火葬、葬式、法要という段取り。葬祭会館は新しく出来たばかりで、なんと葬儀第一号なのだとか。会館の表には花輪どころか普通はでている「00家葬儀会場」の案内もでていませんでした。

故人の願いで「家族葬」になったのだとか。

落ち着いてあっさりした感じの良い祭壇、参列者用の椅子が30脚並んだ会場には、おばあさんがひとりぽつんと座っているばかりで、皆まだ火葬場から戻ってこないとのこと。

待っている間に、失礼ながら祭壇をしっかりと見せていただき、「私の時もこんな感じで~」などと思ってしまいました。

一同が火葬から戻り、開式となると、やはり導師様は瑞巌寺からお供三人連れていらしてました。その他に故人の妹の旦那様、息子さんともお坊様なので、お坊様総勢六人。

家族は故人の妹が二人、それに息子さんのお坊様のお嫁さんと2才のお孫さん。このお嫁さんがなんとアメリカ人の金髪さんなので、ちょっと驚き。。

妹さんの親しい方二人、私と叔母、近所の方か知り合いらしい方三人。

お坊様六人、参列者11人のお葬式でした。

こんなお葬式は初めて。 とても感じの良いお葬式でした。

お葬式のあと、法要のお経があがり、その後は円通院にある料理店でお食事をいただいて、最後にお墓に納骨。

このお墓は昔からある山墓。私が子供の頃は祖母に連れられ、瑞巌寺の裏の田んぼ道を歩き、踏切を二つ越えてやっとお墓に着くのですが、祖母の実家のお墓は山のてっぺんなのでずいぶん階段を上った記憶があります。

今は流石に裏側から車で行ける道ができ、そうなると一番奥だったお墓は駐車スペースからすぐのところとなり便利になっていました。

家族と近い親戚だけというのも、余計な煩わしさがなく、ゆっくりと話ができてよかったです。

2014729
円通院のお庭は有名で紅葉の季節などはライトアップされています。料理店はすぐ隣にあります。この奥へ進むと料亭のような玄関があります。

Photo
お座敷からもお庭がよく見えます。

Photo_2 Photo_3
さまざまな食材を使った八寸。   満願寺唐辛子とホタテの煮物

Photo_4 Photo_5

鮎の塩焼きが大皿に美しく盛られてでてきました。沢ガニの甘辛煮とレンコンを添えて、一匹すつ取り分けてくれました。

Photo_6
茄子の味噌焼き、ハマグリのお吸い物、コーンの入ったご飯(これが、ちゃんと和風になっててコーンが邪魔にならずに美味しかった)

その他、お刺身、生ウニ、最後にデザートが出て、どれも美味しかったです。

法要のお料理で、こんなに美味しい料亭のお料理は初めてでした。

たいていは茶碗蒸しなんかが付いてるおきまりのお膳ですから。

お葬式の話が、法要のお料理の写真ばかりになっちゃいましたね。










| | コメント (2)

2014/07/27

あぢぢ~~

あぢぢぢ~~

朝から日差しも強いし風もない…こんな日は

2014726

気持ちよさそうね

でも去年もプールじゃあ、もう窮屈ね

            downwardright去年は余裕だったのにね

8

今日は近所の神社のお祭り。夕方からくじ引きがあり、けっこうイイ物が当るので毎年山の上のお宮から下の道路まで階段に行列ができます。
地元の水産会社や酒屋さんお菓子屋さんなどからたくさん協賛品が集まるので、空くじ無しです。

パパが早く帰ってきたので、3人で出かけて行きました。

舞台があってお神楽や、民謡、○○太鼓、などやっています。

山の上からなので、窓を開けておくと我が家まで音が聞こえてきます。

hollyはお囃子の音だけ聞きながらカレーを作ってました。happy01

| | コメント (0)

2014/07/26

ささやかな収穫

我が家の菜園のささやかな収穫です

2014710
今年のミニトマトはアイコとイエローアイコ、胡瓜は夏すずみという品種です。

インゲンはたくさん種を蒔いたので、どんどん採れて、もうすでに食べ飽きてきてます。

インゲンって昔は収穫出来る頃には安くなってたのに、今年は全然安くなってないね。

たくさん蒔いておいて正解だったわhappy01

この3種とナスは毎年うまくできるんだけど、ピーマン、パプリカはダメなんだよね。

今年も赤と黄色のパプリカを植えたんだけど、なぜか緑のピーマンができたweep

しかも生長が遅い…土が合わないのかな…think

| | コメント (2)

2014/07/21

花火大会

今夜は花火大会。でも、朝から小雨が降ったり晴れたり。

でも準備は着々と進んで、屋台もずらりと並び、浴衣姿の女の子たちがぞくぞくと繰り出してきました。

ちーくんがお昼寝から起きたので、さて、そろそろ屋台を見にでかけますか…今夜のおかずは屋台で調達しようかな~唐揚げ、ホタテ、つぶ貝、焼き鳥、……

プーさんと、ママとちーちゃんを先に行かせて、hollyはアサリご飯を仕込んでから出かけましたが、雨がぽつぽつ…何とかお天気持つかなあと思っていたのでがっかり。

傘を持ってみんなを追いかけると、会場まではすごい人混み、携帯で連絡してやっと見つけると、さっそく屋台でポテト買ってました。

雨がだんだん激しくなってきたので、せっかく新しい甚平でおめかししたちーくんにカエルさんのレインコートを着せておんぶ。

傘一本では足りずに、プーさんが傘とタオルを取りに一度家に帰りました。こういうとき近いと便利。

それにしても、けっこう降ってきたのに、お子様連れのヤングママたち、帰る気配もないのはあっぱれ!

ちーくんは、ぴかぴかチカチカ光る剣のようなもの(子供って光るものが好きだよねえ)を買ってもらってごきげん。次はお面だ~~。ここでhollyは「むむっbearingそれを選ぶか?」と思いつつ、まあ本人が選んだのだから仕方なく、名前を知らないマイナーなヒーローのお面を買わされ…どうやら前シーズンのヒーローものらしいけど、どうせなら今シーズン入れ込んでいるヒーローにして欲しかったcoldsweats01

最後は顔見知りの復興市の魚やさんで海鮮ものの串焼きを買って帰宅。

この降りでは花火は中止かな…と思ってたら、8時にはドドーンと1発目が揚がりました。

雨は小降りになったのか、雲に隠れることもなく、まあまあ綺麗に見られました。

こういう時は自宅から見られるのは便利、hollyはおんぶして肩と背中が少々疲れたので、マッサージ椅子でマッサージしながら花火見物してました。

Img_0582

Img_0568

花火はこんな程度にしか撮れなかったけど、これずいぶん大きな花火なんですよ

| | コメント (4)

2014/07/17

庭のお花たち

ラベンダーはずいぶん長い間咲き続けてくれました。

615

ラベンダースティック用に剪りとりました。

615_3

額紫陽花、まだ咲き始めの頃です。緑色の蕾がかわいい。

615_4

盛りにはこんな感じになります。真ん中がブルーできれいです。

Photo

定番の百合、丈夫な品種なのかほったらかしでも毎年咲いてくれます。

622

桔梗です。今年は例年より花がたくさん咲きました。ぷっくりした蕾がたくさんついているのが可愛かった。枯れた花を摘んでやると、次々に新しい蕾が膨らんできます。

628

こうやって見ると、我が家の庭ってブルー系の花が多いのね。

朝顔の蔓も伸び、グリーンカーテンになりそうですが、花はぽつぽつなんです。

花がいっぱい咲いてくれるといいな。










| | コメント (2)

2014/07/11

記念大会

7月5日に結社の創刊50周年記念俳句大会と祝賀会がありました。

朝9時.26分の新幹線で東京へ…宮城支部からの参加者の半分がこの新幹線でした。

東京駅丸の内南口、東京駅ってやっぱり綺麗だなあ~正面からも、八重洲口側も撮りたかったわ

75
土曜日の午前中のためか、人通りは意外なほどまばら…新緑の街路樹の下を歩いて東京會舘へ。

75_2
東京會舘正面。東京會舘は取り壊される予定だとか…ここでの最後となる大会のため、同行のみなさんは感慨深げ。

9階のローズルームは50卓近い円卓がずらっと並べられ、それだけで壮観。

7550
知人の席を探すのも一苦労…普通は俳句会は円卓ではやりませんが、後で祝賀会があるためやむなく…。

大会委員長の開会の挨拶で始まり、主宰の講演、その後、主要同人の選と主宰選の披講がありました。545人、1090句の中から特選は2句だけです。

自分の句が選に入るかどうかも気になりますが、自分がチェックをいれた句を主宰が選んでいるかどうかも気になります。hollyがチェックしていた10句は全部主宰選にはいっていました。

hollyが○をもらえた句は

clover幼子の残酷な指蝶抓む

もう1句は一般会員の選が2点はいりました。

clover魂のひとつ紛るる蛍狩

句会の後は来賓60名をお迎えしての祝賀会です。

主宰の挨拶の後、詩人の高橋睦朗さんが「7月の旅人」という詩を朗読しました。

50周年のために作られた詩で、本誌にも掲載されていましたが、作者自身の朗読は素晴らしいものでした。

来賓の祝辞はそれぞれ前主宰の思い出など語られ(前主宰が創刊以来41年間率いてこられたので)、前主宰の俳壇における存在の大きさを感じ、この9年間の現主宰のご苦労を思いました。

この祝賀会、会費が結構なだけあって、お料理が美味しかったhappy01

東京會舘のローストビーフは有名なのだとか。濃厚なスープも、魚料理も美味しくいただきました。

75_3

9階の窓からは皇居の緑が…綺麗に晴れていたら素晴らしい眺めだったでしょう。

こんな風に皇居を眺められる機会はもうないかもしれないので、hollyはこの眺めをしっかりと楽しんできました。



| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »