« 6月の庭 | トップページ | ワールドカップ »

2014/06/13

俳句の時間

結社誌6月号掲載句

clover網干して長靴干して彼岸かな

clover書肆出でて雨やわらかき弥生かな

clover蝌蚪の水頭こんがらがつており

penミニ解説

pencil書肆はひらたく言えば本屋です。

pencil蝌蚪は「かと」と読みおたまじゃくしのこと。

俳句をやっていると、俳句のみで通用する言葉がたくさんあるのに驚きます。

定型だと17文字しか使えないので、短く言う言い方もたくさんあります。

六月のことを水無月というのは、みなさんご存じのことでしょう。

その他に、風待月、常夏月、青水無月ともいいます。

梅雨に関しては、黴雨、荒梅雨、走り梅雨、迎え梅雨、送り梅雨、戻り梅雨、青梅雨、など時期や状態により使い分けられるようにたくさんあります。

おもしろいでしょ…クイズ番組の漢字が解るようになりますよ。

先ほど新しいバージョンをインストールしたためか、文字のサイズが変わりません。太字もダメなようです。

悪しからず、ご容赦のほどを。

|

« 6月の庭 | トップページ | ワールドカップ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

俳句短歌は日本語に詳しく、その独自の使い方を知らないと恥をかくことになりますね。
俳句、短歌は大好きですが
私は他人様の作品を拝見している方が無難なようです。(~_~;)

投稿: おキヨ | 2014/06/13 12:05

いつもながら素敵な句ですね。
17文字の短い中に季節や状況、その裏には心根まで読みこまなくてはならないというのはとても難しいことですよね。
俳句の言葉というのもとても興味深いです。
長い言葉などはどう俳句に詠み込むのかなと思っていたらそういう読み替えがあるんですね。
実は、このことは私のブログでは内緒にしているんですが、最近俳句講座を受講し始めました。超初心者向けの講座ですので句と呼べるようなものは誰も出来てはいません。先日初めて先生からお題が出されました。「薔薇」と「紫陽花」だそうです。
ものすごーく難しい。頭の中を「薔薇」と「紫陽花」が駆け巡っています。私にもできるかナー。

投稿: 木漏れ日 | 2014/06/14 09:04

おキヨさん

言葉を知らないからといって恥をかくなんてことはありませんよ。
初歩的なことさえ学べば、あとは自由です。
現代俳句はかなり刺激的です。

おキヨさんには絵画という得意分野があるのですから、十分ですね。
私も絵手紙が書けるくらい絵が描けるといいな。

投稿: silent-holly | 2014/06/14 23:50

木漏れ日さん
俳句を始められたとは、嬉しいです。
初めは難しいことを考えずに、思ったまま句にしてください。

まずは俳句の型を覚えて、5,7,5のリズムがすんなり出てくるようになればぐっと楽しくなります。
頑張って楽しんでくださいねhappy01

投稿: silent-holly | 2014/06/14 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月の庭 | トップページ | ワールドカップ »