« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014/05/25

藤の俳句

Photo_2

hollyは藤の花が大好きです。こんな見事な藤棚…ため息がでます。

この季節、藤の俳句を作りたいと思うのですが、なかなか思うようにはできません。

10年以上、俳句を詠んできて満足できる「藤の句」は数えるほどしかありません。

ブログトップの句

clover藤棚の下の見知らぬ時間かな(2010年)

《見知らぬ時間》がこの句の眼目ですが、誰でも1分先、1秒先の時間は見知らぬ時間といえるのではないでしょうか。

藤房の垂れ下がる藤棚の下では、日常とは違った別の世界の時間が流れているようにも思えます。

clover山藤の高きは神の領域に(2002年)

Photo_3
牡鹿半島を車で走っている時など、驚くほど高くまで咲き昇った藤を見ることがあります。天上を目指しているかのように。

clover藤房の密なる夜を眠りけり(2012年)

藤棚に藤の花がびっしりと垂れ下がっているのを見た夜に、その濃密さを詠みたいと思いできた句です。

ちょっと官能的でなまめかしい感じがしなくもない…と自分では思っています。

clover人の死にかかわる五日藤の花(2004年)

身近な人が亡くなり、お通夜、お葬式のお手伝いやら何やらで5~6日過ごした折りの句です。

残念ながら今年はまだ藤の句はできていません。

多作多捨(たくさん作ってたくさん捨てる)とはいうものの、藤はhollyにとっては特別なので、捨てるような句は詠みたくないという思いがあるのです。



| | コメント (6)

2014/05/23

金蛇水神社

金蛇水神社に行ってきました。

牡丹園があるので、今の季節は参拝客で賑わっています。

Photo正面の拝殿、なかなか立派なものです。境内には蛇が這っているような形の石がいくつも並んでいて、それぞれにお賽銭があがっていました。

金蛇様の蛇をかたどったお守りをお財布につけていると金運があがるとか…

金蛇様は牡丹で有名なのですが、気温の高い日が続いたためか、牡丹はもう盛りを過ぎていて残念。

そのかわりhollyの大好きな藤の花が見頃でした。

Photo_2
鳥居をくぐると直ぐに大きな藤棚、hollyはお参りもそこそこに藤棚の下に座って藤の花を堪能しました。

美味しいお茶でもいただきながら、ここで半日過ごしたかったわ。

肝心の牡丹園は

Photo_4黄色い牡丹ってきれいなんだけど、あんまり牡丹っていう感じがしないわ

Photo_5

Photo_6
バラみたいな色の牡丹、大輪で見事でした。

Photo_7
どれも華やかでしたが、hollyはやわらかな薄紅色の牡丹らしい牡丹が見たかった…

牡丹の花って、バラ園みたいに植えてあっても、いまひとつ情緒がないですね。日本庭園の中にバランスよく配置されていてこそ美しさを発揮できるような気がします。













| | コメント (2)

2014/05/16

筍・たけのこ・筍

sign01 いただきましたsign03

514
職場にどど~んと米袋3個分の筍、いただきました。

そういえば、少し前に「筍、食べるか?」って聞かれたっけ。

気軽に「食べるよ~大好き」って答えたら、自分ちの山で掘った筍を持ってきてくれました。

米袋に3個分って、何本くらいあると思います?

15本×3 ですよ~ happy02 

職場の男性たちは面倒くさがって持っていかないし、Aさんは実家からたくさんお裾分けがあったばかりだというし、Sさんは電車通勤なので小さいのを2本だけお持ち帰り。

hollyは自転車通勤の強み? 10本いただいて自転車の籠に突っ込んで帰宅。

これだけあったら、焼き筍だsign01と家に電話して帰るまでにバーベキュー用のコンロに火をおこしておいてもらうことに。

帰宅するとちょうどよい具合に火がおこっていて、早速、筍をアルミホイルに包んで放り込み、それからご飯の支度。

1時間ほどして取り出すと…いい感じにできてました。

514_2

庭の山椒の若芽を摘んで山椒味噌にして、筍に塗り、さらに表面を焼くと美味しそうな《筍の山椒味噌焼き》のできあがり~

514_3

                ごちそうさまでした。


| | コメント (4)

2014/05/13

初鰹

初鰹が届きました。

やっほーhappy02 新鮮sign01  ピカピカsign03

512
鰹は身が柔らかいので捌くのが難しいのですが、小ぶりなので、出刃がなくても捌けました。

まずはお刺身、たたき、それから薄く切って塩胡椒しオリーブオイルでさっと焼いたものをたっぷりのレタス、かいわれ、新たまねぎのスライスの上にのせてドレッシングでいただきました。

カマの部分は醤油につけておいて焼いて食べるつもりです。

刺身の残りを包丁でたたいて細かくし、味噌とタマネギのみじん切りを混ぜてご飯に乗せていただくのもおいしいですね。

料理したものの写真がなくてごめんね。

さ~できたよーって食べちゃったので…coldsweats01

| | コメント (6)

2014/05/07

端午の節句

5月5日は《端午の節句》

《子供の日》だなんて無粋な名前をつけられてますけどね。

3月3日は女の子のお節句、5月5日は男の子のお節句です。

この日は軒に菖蒲をさしたり、菖蒲湯に入ったりする仕来りなのですが、今は菖蒲湯はともかく軒菖蒲は難しいでしょうね。

55

201455     菖蒲の葉を頭に巻いてポーズ、はだかんぼで失礼します

去年は「何するの~」ってイヤイヤしてぐずったちーくん、今年はごきげんでポーズをとってます。

端午の節句ご飯は《手巻き鮨》…ほんとは《ちまき》を食べる仕来りのようです。

Img_0389手巻き鮨のほかに、ちーくんの好物エビフライもトマトとキウイのサラダも作りました。アボカドは大人用、山葵醤油につけたアボカドをサーモンやマグロと手巻きにすると美味しいですよ。

Img_0391_2

こちらはお汁、お蕎麦に干しエビ、揚げ玉、葱、大根おろしがのせてあります。彩りもよく、美味しかったです。

Img_0390
デザートに《特製こどもの日仕様》のケーキです。これで2人分くらいの大きさです。息子2がこれを4個買ってきてくれたので、おっぴさんのところへもお裾分けしました。
Img_0388      こ~んなケーキがあるんだねえ~ 時代だなあ……





| | コメント (0)

2014/05/05

鯉幟

420鯉幟が気持ちよさそうに泳いでいます。ちーくんが生まれてから毎年4月になると鯉幟をあげています。

我が家の鯉幟は息子の初節句にプーさんのお姉様ご夫妻からいただいたものですから、30年ものです。

先日の強風でポールが少ししなってしまったようで、来年も無事に上げられるかなとちょっと心配です。

近頃は鯉幟をあげるお宅も少なくなりましたね。車で移動中に見かけると嬉しくなります。

うちの庭も一気に春らしくなりました。

51

424                   八重のしだれ桜です

           植えて2年目、やっと花が咲いてくれました。

424_3
                    花桃です

           こちらも2年目、木はまだまだ細いけれど

           花はたくさん咲いてくれました。











| | コメント (4)

2014/05/03

俳句の時間

俳句のお時間です。

Photo
               菜の花や唇に淋しき薄荷飴

結社誌 4月号、5月号掲載句

clover4月号

pencil榾継ぎて遠野の風を聞き居たり

読み…ほだつぎて とおののかぜを ききいたり

季語は榾(榾木、いろりなどにくべる木)hollyは新かなづかいで書いていますので聞き居たりですが歴史的かなづかいの場合は聞きゐたり。

pencil母許に寝まる寒夜や家軋む

読み…ははがりに ねまるさむよや いえきしむ

季語は寒夜、ははがりとは母のそばでという意味、寒夜はさむよともかんやとも読みます。

pencil冬館磨きて銀のサモワール

読み…ふゆやかた みがきてぎんの サモワール

季語は冬館、サモワールはロシアの紅茶用の湯沸かし器でロシア小説などを読むとでてきます。hollyは「オルフェウスの窓」という漫画から着想しました。

pencil赤頭巾ちやん日本狼絶滅す

読み…あかずきんちゃん にほんおおかみ ぜつめつす

季語は狼(冬の季語です)赤頭巾ちゃんはもちろん、あの赤頭巾ちゃんです。俳句の場合は平仮名は全部大文字で書きます。

clover5月号

pencil押鮨の型の木の香や春きざす

読み…おしずしの かたのきのかや はるきざす

季語は春きざす。時々押鮨を作りますが、木型は何の木でできているのか、ふっと木の香りがするのです。

pencil梟の啼くなり夢の行き止り

読み…ふくろうの なくなりゆめの いきどまり

季語は梟。梟は好きな題材です。現実の生活ではなく空想の世界から句を引き出すときに耳元でよく啼いてくれます。

pencilやつちや場の菜屑兎にもらいけり

読み…やっちゃばの なくずうさぎに もらいけり

季語は兎。やっちゃ場は青果市場のことです。もらいけりも新仮名遣いで、歴史的仮名遣いではもらひけりとなります。

| | コメント (2)

2014/05/02

またしても相棒


立て続けに「相棒・映画版」を見たので、公開中の「相棒」も見たいなあと思っていたら、ナイスタイミング!

ママとママの妹のなおちゃんが「アナと雪の女王」を見に行くというので、私もくっついて出かけてきました。

ネットで見てもらったら、30分違いで「相棒 劇場版Ⅲ」を上映しているので、hollyはそちらを見ることに。

我が町には映画館がないので、たいていは隣町の《MOVIX》へ見に行きます。混んでいるかな~と思いましたが、さすがに朝一なので余裕でした。

   car       movie       cafe

今回は防衛省、自衛隊がらみのお話。

八丈島近海の小島で、元自衛官が何人か集まってリーダーとなり、3泊4日で訓練ツアーのようなことをやっている中で一人の男が馬に蹴られて死亡する。

事故か殺人か…というところから始まります。

周りが迷彩服の中、いつものスーツ姿の右京と甲斐が離島のジャングル?の中を走り回って活躍します。

普通、こんなとこまで来てスーツは着てないだろって思うけど、そこが杉下右京らしいところでもあり、このシリーズのポリシーでもありってところですね。

今回は警視庁上層部からの圧力というよりも、表だって詮索できないことを右京らを送り込んで明らかにしようと企むが、自衛隊の特殊部隊に急襲されて東京へ連れ戻されてしまう。

防衛省は内部のミスが発覚する前に自分たちで処理して警視庁が手を出せないようにしようと企む。

相棒劇場版では、どの作品も各省庁間の権力争いが下敷きになっていて、話を複雑にしているし、然もありなんと思わせてくれて面白い。

hollyは、このシリーズますます好きになりました。

cafe      restaurant       cafe      restaurant

映画のあとはランチです。

今日は《ひな野》で和食バイキング

51                   こんなお部屋で

好きなものを好きなだけチョイス…茶碗蒸し、春雨の炒め物、筍の煮物、牛肉のしぐれ煮風、野菜と蛸と若布の酢の物、サラダ、かき玉スープ

51_2
炊き込みご飯、もやしと青菜炒め、人参、大根、パプリカのピクルス風、温泉卵、この卵がとっても美味しかったhappy0151_3
このほかにデザートもしっかり食べました。

どのお料理も、我が家でも作るようなものだけど、こんなに何種類も自分で作らずに食べられるって、主婦にはそれだけで贅沢で幸せ。

ここは映画のチケットを提示すると割引があります。ちょっとお得な感じです。





| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »