« 小さなおうち | トップページ | 水仙 »

2014/02/28

投句締切

月末は結社誌への投句締切り日。

毎月、うだうだ、ぐずぐずと、1か月に作った句の中から投句する句を選んでいます。

今月は、ちょっと薄味かも…coldsweats02

如月や衣桁にかけし江戸小紋

内裏雛飾りて小さき違い棚

チェロ弾きの椅子の猫脚春の宵

押鮨の型の木の香や春きざす

柊を挿すや真新な割烹着

波音に言葉紡ぐや久女の忌

凍土や瞳空ろな路傍の子

夢見つつ歌いつつ雪に水となる

梟の啼くなり夢の行き止り

今月は20句以上作ったけど、まあまあの出来なのは半分くらいだなあ

考えるのも疲れちゃったから、もう寝ます。

|

« 小さなおうち | トップページ | 水仙 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

今日はコメントありがとうございます。早速訪問いたしました。
短歌、俳句大好きですが他人様の作品を拝見するだけですね^^
以前、短歌の真似ごとをしたこともありましたが、私は不器用で趣味をいくつも持てない人間です。絵だけでいっぱいいっぱい。。。(~_~;)

お作品拝見。どれも味わい深いですね。
それでもどれかひとつと云われれば、う~ん・・・〔梟の鳴くなり夢の行き止まり〕でしょうか。。。失礼いたしました^^

投稿: おキヨ | 2014/03/05 00:43

おキヨさん

さっそく、ありがとうございます。

絵を描くのは素敵な趣味ですね。
学生のころは美術の時間大好きでしたが、いざ描くとなると写生力がなくて…へんてこな抽象画もどきしか描けませんでしたcoldsweats01

私もこの中では梟の句が一番好きです。

投稿: silent-holly | 2014/03/05 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなおうち | トップページ | 水仙 »