« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/25

クリスマスイヴ

xmas今夜はクリスマスイブxmas

今年の我が家のクリスマスコーナーです

201312

201312_3 去年とほぼ同じですが、毎年なにかしら1個増えています

今年はちーくんの作ったリースが加わりました。

201312_4 たぶん、ちーくんはちっちゃいボンボンとボタンをくっつけただけだと思うけど…けっこうかわいいhappy01

hollyんちでは毎年、クリスマスとhollyの誕生日(25日)と息子Kの誕生日(23日)を一緒にお祝いします。

20131223ママが用意してくれたbirthdayバースディケーキ、シンプルで甘すぎず美味しかったよhappy02

ロウソク10本って、ちょっとロウソク多くない?

restaurant今年のクリスマスメニューrestaurant

20131223_2    チキンとポテト、たこのカルパッチョ風、温野菜バーニャカウダー

20131223_3              初めて作ってみたブイヤベース…らしきもの

その他にママ特製の簡単ピラフとフルーツ盛り合わせ…ごちそうさまでした。

hollyはプーさんからお誕生日プレゼントに大きなポインセチアを貰いました。。

201312_5         これはhollyの町の駅前のイルミネーションです

201312_6 去年まではささやかなイルミネーションだったけど、今年はだいぶ豪華になってたのでびっくりsign01

では、みなさま、楽しいクリスマスイブをお過ごしくださいませheart

| | コメント (4)

2013/12/22

こんなもんかな

先日、生地が破れてショックだったダウンジャケット、このまま着られなくなるのは惜しいのでちょこっと繕ってみました。

なにしろ、息子Rくんからの誕生日プレゼントだったので、捨てるわけにはいかんでしょ。

きれいなブルーで軽くてあったかのお気に入りだったのに…気付かないうちにどこかに引っ掛けたのか腕の部分の生地が3~5センチくらい破けてしまいました。

201312_4

 downwardright こんなふうに、中の羽毛がふわふわでてきちゃって…crying

201312_2 201312_3  

まず、羽毛がでないようにざっと手縫いで穴をふさぎました。upwardleft

201312_4  201312

フェルトを当ててミシンで押さえます。その上にワッペンをのせてミシンで縫いつけました。腕の部分ってミシンかけ難いので悪戦苦闘。

一応、穴はふさがりましたが、ワッペン1個ではバランスが悪いのでもう1個つけようかと思っています。

お裁縫があんまり得意じゃないhollyにしたら、ま、こんなものかな~

これでも上出来…ということにしておこうscissors

| | コメント (2)

2013/12/17

とりあえず計画だけ

お寒うございます。昨日は女子駅伝があったけど、寒かったよ~

20131215

いよいよ年末だねえ。年末の一大行事といえば大掃除sign01

hollyはこの大掃除の計画をたてるのが好きなんです。

大掃除が好きなんじゃなくて、あくまでも計画をたてるのが好きcoldsweats01

今年も31日までの予定がギッシリと…なんて書くと主婦度アップupでしょ

仕事の日と俳句の日の合間をぬって、綿密なる計画表が出来上がっているのですが、果たして実行度は…80%くらいのものかな

年末になると「大掃除をしなくちゃ」という脅迫観念に襲われるのは私だけ?なぜ?

おそらくは、日頃お掃除をさぼっているせいで「お掃除」に対する後ろめたさがあり、この時期に一気に後ろめたさを払拭しようとするためだろうね。

今年はちょっとだけお掃除もやる気がでるかも~

長年使っていたソファがくたびれてきたので、新調しました。

20131215_2

いまひとつ馴染んでない感じですが…think

| | コメント (2)

2013/12/08

クリスマス会

今日はちーくんの保育所のクリスマス会でした。

夏の七夕祭のときには、ベソをかいて先生に抱っこしてもらう場面が多かったのですが、さてあれから4ヶ月、今回はどうでしょうか。

先生の「ちーくん、しっかり踊ってますよ」の一言に期待が膨らみ、ちーくんの勇姿を見ようとパパ、ママ、じぃじ、ばぁばの4人組はちーくん親衛隊よろしく保育所へ繰り出しました。

事前に本番の衣装の指定があり、白Tシャツに半ズボン、白タイツ姿でGO~dash  白タイツって…クリスマスの定番とはいえ、後の使い道がないんだよねぇcoldsweats01

保育所のホールは先生方の活躍できれいに飾りつけられていました。

さて、いよいよ始まり始まり~

2013121_2

最初のプログラムは全員でnoteハッピーチルドレン、赤鼻のトナカイnoteのお歌です。最前列がちびっこのさくらんぼ組といちご組さん、2列目はもも組さん、後列はすいか組さんです。

ちーくんはやや緊張の面持ちながらよそ見もせずにじっと座って、ときどき歌ってました…coldsweats01

お歌の後はもも、すいか組さんの合奏です。太鼓、タンバリン、鈴、カスタネットなど、みんな一生懸命練習したんだねhappy01

さくらんぼ組は「ちびっこももたろうちゃん」という手遊びをします。

2013127 先生方のアイデアでかわいい7人の「ももたろう」が勢ぞろいです。

「ちびっこももたろう」くんたちはお歌を歌ったあと、先生から「きびだんご」をもらってパワーアップ。先生が扮する鬼をやっつけるのですが、最初はヤアー、エイッと00レンジャーポーズ…最後は「強いぞ強いぞ、いないいないばぁ」という掛け声とポーズで鬼さんを撃退するという、短いけど2歳児にはピッタリな出し物。

2013127_006 2013127_012

ちーくんは1度もベソかいたり先生に抱っこしたりせずに、お歌も手遊びもしっかりやれていたので、じぃじもばぁばも大満足。

演技の合間で、私達の姿を見付けて大声でパパ、ママ~、じぃじ~ばぁば~と呼びかけ、みんなの笑いを誘っていました。

ちーくん4ヶ月間でしっかり成長してたんだね。

ばぁばはうれしかったよhappy02

最後にサンタさんからプレゼントをもらって、ごきげんで帰ってきました。

う~ん、保育園の先生ってたいへんだなあ~お疲れ様でした。

| | コメント (2)

2013/12/01

泣く大人

このところ江國香織のエッセイ集「泣く大人」を読んでいます。

この作家はアメリカ留学の経験を書いた「409ラドクリフ」という小説でデビューし、その後「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」で山本周五郎賞「号泣する準備はできていた」で直木賞を受賞しています。

ちょっと変わったタイトルの本が多いのですが、そのタイトルのセンスに惹かれてついつい本屋の棚から抜き取ってしまうのです。

「冷静と情熱のあいだ」が映画にもなって一番知られている作品かもしれません。

この本にでてくる短いエッセイは、どれも特別なことは書いてありません。

ただちょっとクスッとしたり、フウ~ンと思ったりするだけのこと。

2013121            う~ん、残念ながらこのカバーの絵は好きじゃない

「男友達」に関する章は面白かったですよ。

「男の友達」と「男友達」は=ではない。「男の友達」は「女の友達」と同じ分類に入るけれど、「男友達」はそれとは別ものだ。(これは納得できる話です)

彼女には元恋人の「男友達」や、う~んと年上の「男友達」や、素敵な「男友達」が何人かいるらしい。(羨ましいですねえ)

そんな「男友達」が何人かいたら素敵だろうなと思うが、それにはまず、自分が井戸を欲しがったり、鮫の歯を欲しがったり、ロバや朝食室を欲しがったりする感性の持ち主じゃないとだめかもしれません。

読んでいると、すぐ傍で小声て話しかけられているような感じがしてきて、彼女とふたりでおしゃべりをしてつまらないことでクスクス笑ったり、怒ったりしている気がしてくるのです。

ベッドに入って眠る前にちょっと読むと、ちょうど良い具合に眠くなってきてシアワセな気分で眠れます。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »