« 牡蠣鍋 | トップページ | 泣く大人 »

2013/11/23

初冬のミニ吟行

毎月恒例の編集校正の日、アエル28Fに集合です。

立冬もとっくにすぎ、街も初冬の装いです。

20131119_2 アエル28Fから眺めた雲を撮ってみました。遠くの山並までよく見えて、しばらく眺めてしまいました。

編集部3人ともこの日は時間があったので、校正の仕事の後でちょこっと吟行することに…

仙台市内を流れる広瀬川の河畔を散歩しながら句を考えます。

Photo_3

           clover川波の漣立ちて冬に入る

           clover鳶の影枯野大きくまわりけり

対岸の川原に鳶が二羽、番でしょうか…風に乗ってずいぶんと高いところまで上がり気持ちよさそうに旋回していました。

20131119_5

お霊屋橋が見える辺りです。左手の先にある階段を上ると片平町にでます。広瀬川に面したテラスのあるカフェ・モーツアルトで珈琲を飲みながらミニ吟行の成果を披露し合いました。

20131119_6              clover 黄を尽す銀杏や夢をそだてつつ

評定川原の野球場の辺りは銀杏の並木がきれいでした。

ラグビー場にはこれから練習をするのか、少年?青年?らしき若者がひとりふたり…

銀杏の黄色とラグビー少年、詠みたかったけれど、銀杏もラグビーも季語なので1句の中にふたつを入れることはできない決り。

この句材はよい言葉がみつかるまでポケットに仕舞っておきましょう。

20131119_3

すずなりの銀杏、銀杏の木はよく見るけれどこんなにたくさんの銀杏の実がついているのは初めてみました。ちょっと木をゆすったらポトポトと落ちてきそう。

20131119_7 これは何の木かな…常緑樹に蔦が絡みついているのかしら?

青空に赤く紅葉した葉が映えてきれいでした。

|

« 牡蠣鍋 | トップページ | 泣く大人 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
吟行ではお世話になりました。
広瀬川をいい角度で写されていて、感心するばかり。
私も撮りましたが、寂れた川に写りカットしました。

短い時間でもこれだけの佳句を詠めるなんて、大拍手!
同じ景色を見ていたのにえらい違いで落ち込みます。
また誘って下さいね。

投稿: ゆずりは | 2013/11/27 23:58

ゆずりはさん

お天気がよくて気持ちよかったですね。

佳句だなんて、とんでもないです。

暖かくなったらあのテラスでお茶したいですね。

投稿: silent-holly | 2013/11/30 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牡蠣鍋 | トップページ | 泣く大人 »