« 俳句 | トップページ | モンスターズインク »

2013/02/01

もう2月

早いものでもう2月がやってきました。

一年で一番寒い季節ですね

hollyは冬生まれのせいか、夏よりも冬が好きです。

冬の寒い夜には言葉たちが私の周りを飛び回っているようです。それをひょいと捕まえてポケットに溜め込んでおくんです。

hollyのポケットに詰め込まれた言葉たちは、人見知りなのでなかなか打ち解けてくれませんが、やがて意外な言葉と言葉が結びついて勝手に小さなストーリーを作り始めます。hollyはころあいを見計らってポケットからその言葉たちを取り出してくればいいのです。

holly作の冬の俳句です

冬ざれの機械音なき造船所

寒月や父母の血になき意地つぱり

一日を聖歌に憑かれ似非聖女

掌に雪片16分音符連打

裸木の吹かれて散らす微塵かな

焼林檎匂う男を待つ時間

人類の歴史の先の海鼠かな

詠んだときの思い入れが強い句をあげてみました。

|

« 俳句 | トップページ | モンスターズインク »

俳句」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~♪
冬本番はこれからですねーおお寒っ!
しかし・・・ホリーさんのポケットのぞいてみたいなあ~あふれてこぼれた言葉たちはどうぞおすそわけしてくださいね(笑)
私は焼林檎の句が一番好きかも^^

投稿: yukien | 2013/02/01 16:31

yukienさん

hollyのポケット、最近はどうも穴があいているようですcoldsweats01

焼林檎の句、お気にめしましたか…嬉しいわ
この句は私も好きですhappy01

投稿: silent-holly | 2013/02/03 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳句 | トップページ | モンスターズインク »