« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月

2012/10/26

お昼寝ハロウイン

10月といえば…ハロウイン

街に出るといろんなハロウイングッズが目につきます。

そこで…

おちびちゃんがお昼寝している間に、ハロウインの魔女に変身させちゃいましたhappy01

1025 今、若いママたちの間で流行の《お昼寝アート》をまねてみました。

タネを明かせば、マントは私のスカート、カボチャはオレンジ色のTシャツ、あとは色画用紙です。

魔女のホウキは…木のポールに白いモワモワのバスマット、青い星のついた魔法のスティックは菜箸ですよ~

おちびちゃんがぐっすり眠っていてくれたので、かわいい魔女さん?ができあがりました。

| | コメント (0)

2012/10/25

俳苦?

いつもは楽しい俳句ですが…この10日間、特に31日までの1週間はまさに《俳苦》になりそうです。

hollyの1か月の作句数は普段はそんなに多くありません。

3句出句の句会を2つ、後は隔週4句出句のメール句会ですから、没の句を含めても20句ほどしか作りません。

秋は俳句大会が多いので、その投句のためにいくらかは数が増えますが、せいぜい30句。

それが、今月は結社の00賞応募のための新作20句に挑戦しているため、hollyにしては驚異的な数の句を作っています。

20句のためには100~150句くらいは作れといわれていますが…とてもとてもcoldsweats02 怠け者のhollyにはそんなまねはできません。

それにしても…ある程度のレベルの句を20句揃えるのはなかなか難しいことです。

過去3回、予選落ちしているので、そろそろ本腰を入れて頑張らねば…

本当は好きなように好きな句を作っていたいんですけどネ

それでは甘い甘い俳句になってしまうので、大人の俳句を目指して《作句の苦しみ、楽しみをたっぷりと享受》することにいたします。

clover窓に飛ぶ影絵の魔女やハロウイン

clover少女期の記憶銀杏のきらきらと

| | コメント (0)

2012/10/19

お見舞いに

プーさんのお姉さんが入院したので、お見舞いに行ってきました。

長年、腰痛に悩まされてきたお姉さんですが、やっと本当の原因がわかって手術することになったんです。

今までみてもらったいくつかの病院では本当の原因がわからなくて、年齢も年齢だし、しょうがないと諦めていたようですが、最近になって階段の上り下りも辛くなるほど腰痛が酷くなり、津波被災のため身を寄せている娘さんの家の近所の病院で診てもらったところ、MRIをとるようすすめられたとのこと。

その結果、脊椎に腫瘍ができていたことが判ったのです。

それが原因で腰痛が起きていたのですから、いくら整体に通ってもよくならないはずです。

偶然、受診した病院の先生がその専門で、思い当たるものがあったのでしょう。すぐにMRIをとるための大病院を紹介してくださり、まず1泊の検査入院をして、先週手術のために本格的に入院、昨日手術をしました。

お姉さんが手術した病院は、ベガルタの主治医的な先生もいる整形外科的手術では定評がある病院のようです。

hollyは病気入院したことがないので、詳しくないのですが…

ともかく昨日1日プーさんと2人で手術の付き添いに行ってきました。11時30分に入って、終わったのが16時…けっこう時間がかかりました。

待っているだけなのになんだか疲れた~

手術は無事に終わり、腫瘍も良性のようで、ひと安心です。

お姉さんは震災津波で家を流され、仙台市内の娘さんと同居しているのですが、何が幸いするかわかりませんね。

家を流されずにあのまま暮らしていたら、腰痛の原因はわからなかったかもしれません。

プーさんの実家も流されてしまい、実家のお姉さん夫婦は息子さんの家の近くに住んでいます。以前よりはずっと便利な街中なので身体が弱くなって病院通いが多くなったお姉さんのためにはよかったのかもしれません。

鮎川は海も景色もきれいなところですが、牡鹿半島の端っこにあり、お世辞にも便利とはいえません。息子夫婦が子供たちの教育のため便利なところへ移り住んで、夫婦2人きりの生活になり、元気なうちはともかく通院が多くなった今は不便な土地での暮らしは大変です。

鮎川でも、年老いた人達は子供たちのところへ移ったり、土地を離れざるを得ない方がたくさんいるようです。

こんなふうにして、みんな故郷を離れていくのだなあ~としみじみ思ったことでした。

| | コメント (0)

2012/10/01

台風&俳句

台風typhoonが上陸したようですね…

久しぶりの直撃台風typhoon酷い被害がでなければよいのですが…

こちらは今夜遅くから未明にかけて通過するようで、雨風激しくなってきています。

clover  clover  月末恒例の結社誌への投句  clover  clover

投句のつもりで打ったら「投苦」と出てしまった…hollyの心を読み取られたかな?coldsweats01

clover海沿の集落失せしちちろかな

clover百枚の死者の似顔絵秋の蝉

clover秋立つや白き卓布に江戸切子

clover燈火親し啄木の四畳半にこそ

clover萩刈りて括りて此の世儚しよ

cloverひぐらしや文箱に祖母の俳句帳

hollyの結社は毎月6句投句です。

10月は俳句シーズン、芭蕉祭、壷の碑俳句大会など毎年参加している大会がいくつかあります。それなので9月はその投句締切に追われて忙しいのです。その他に結社の新同人推薦、00賞推薦がありそのために1年分の結社誌を見直さなくてはいけません。

どこぞのゲームで遊んでる場合ではないんですがねぇ~

どうもこの手のゲームは習慣性があるらしい…hollyただ今、アル中ならぬアメ中ですcatface

clover    pen    eyeglass    book    pencil

8月号掲載句

宿に食う魚のあら煮や旧端午

花冷や茶箱に詰めし父のもの

藤房の密なる夜を眠りけり

9月号掲載

廃線の痩せし枕木灸花

肉にふる赤き岩塩夏盛ん

10月号掲載

紫陽花に雨来るあたりまえの日々

幾万の向日葵佇つは墓標なり

両切煙草燻らす墓前著莪の花

typhoonでは、皆様のところの台風被害が少なくて済みますように祈りつつ…

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »