« もうもうちーちゃん | トップページ | 週末のドジ »

2011/10/03

鍛錬句会

今日は宮城支部の鍛錬句会がありました。

例年、夏に行われるのですが、今年は震災の影響で秋になりました。

句会会場が市民会館ということで、西公園、広瀬河畔の吟行句会ということになりました。

Dvc00041             市民会館から広瀬河畔、市内を望む

Dvc00027 Dvc00036

公園内にある桜ヶ丘大神宮    大木と石のある静かな空間

午前中はそれぞれ自由に散策して句材をひろいます   

12時30分3句出句、その後2句、また2句と17時までの間に3回句会をやります。

今日は22名参加

結果はk氏が7点句で1位、hollyが6点句で2位、

これは3回の句会を通して1番点が入った句ということです

蛇笏忌の瀬音風音まぎれなし…k氏

秋天の川へ張り出す大樹かな…holly

両句とも3回目の句会に出句した句なので、K氏はいざ知らず、hollyは苦し紛れのいいかげんな句なのですが…

素直な表現がよかったのかなあ~?

hollyは今回出句した句全部に点が入ったのでちょっと

こんなことはめったにないので

もっとも点が入ったから佳い句というわけではないのが困ったところです。

所謂、受けのよい句というだけの《くせもの》という場合が多いので…

7句×22=154句中、高点の句、hollyが気に入った句をいくつかご紹介します。

鶺鴒や瀬面はとはに波立てて

せきれいや せおもはとは(永久)に なみたてて)

大木の幹のささくれ冬隣

秋の鴉啼く石塊の貌貌貌

あきのからす なくいしころの かおかおかお)

白雲の遠き群嶺や花芒

はくうんの とおきむらねや はなすすき)

爽秋来る老いの眼をみひらけば

そうしゅうくる おいのまなこを みひらけば)

虫食いの葉っぱ原っぱ葉月果つ

むしくいの はっぱはらっぱ はづきはつ)

えのこ草くぐり猫の目近づけり

みむらさき瀬音に色を深めけり

秋冷や欅大樹に手を置きぬ

露草の露にかがまり一家族

どんぐりを踏み足裏をよろこばす

                   

吟行句は短時間で作るので、完成句はなかなかできません。

これから推敲して満足いく句に仕立てていきます。

さて、みなさんの句はどんな風に推敲されて発表されるのでしょう~

5時間の鍛錬の末

《難行苦行戻り鰹で飲りませう》というU氏の句に倣い居酒屋に直行し、無礼講言いたい放題の宴となったのでした

|

« もうもうちーちゃん | トップページ | 週末のドジ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
吟行句会ではお世話になりました。
前もってのアドバイスで助かりましたが・・
難行苦行の一日でした。
楽しかったけど・・

さすがhollyさん、すべてに点が入って、それも高得点でしたね。
おや、私の句も載せて下さって感謝です!
少しはしゃぎすぎた気がして・・反省しております。

11月もよろしくね。

投稿: ゆずりは | 2011/10/05 23:19

ゆずりはさん

お疲れ様でした。
毎年こんな感じですので、来年もよろしくご参加くださいね。

もっとゆっくり河原を散策したかったですね

はしゃぎすぎなんてこと、ありませんよ。
私が一番騒いでますから…

投稿: silent-holly | 2011/10/06 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうもうちーちゃん | トップページ | 週末のドジ »