« 天使くん2 | トップページ | 週末から »

2011/09/10

9月の句会

句会報告を2つ

9月4日の支部例会

21名出席

ひのもとのどこかあやふしばつたとぶ…8点

一部屋にこと足る齢ちんちろりん…6点

樹下の椅子あかるし野分きつつあり…5点

秋風や魚影鋭き峡の水…4点

曇のち雨のち晴の茸かな…4点

cloverhollyの句clover

職人の出入り気忙し鳳仙花…1点

転寝の覚めて此の世の秋立てり…2点

今月の句はあっさり仕上がってしまいました。もう少し個性がでたほうがいいですね。

9月10日の汐の会句会

出席8名

3点句

指さして星の名知らずちちろ鳴く…ka

ゑのころの囃せり信号復帰せる…u

鏡台のへちまの水や母遠し…ki

cloverhollyの句

暮しまだ戻らぬ桜紅葉かな

たつぷりのカフエオレ秋の木々さわぐ

白波の沖よりたてり秋彼岸

pencil      eyeglass       book       pen

後半は席題による句会です

その場で漢字1字の題をつのり、その漢字をいれて句を作ります

席題  家、捨、新

3点句

坂上の生家や秋のきりん草…ku

曲家の高き框やあきざくら…ku

cloverhollyの句

秋爽の卓に新譜を開きけり

捨て植えの春菊の花旺盛に

|

« 天使くん2 | トップページ | 週末から »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天使くん2 | トップページ | 週末から »