« 今年の牡丹 | トップページ | ひさしぶりに俳句 »

2011/06/19

気管支炎…

11日に指導句会が終って、ほっとしたのも束の間

風邪かな?と思っていた症状が酷くなってきたので病院へ行ったら、なんと気管支炎ですってcatface

咳がひどくて、喉も痛み、鼻水じゅるじゅるの症状なので、てっきり季節の変わり目の気温の変化で風邪をひいたとばかり思ってました。

診察室の椅子に座ったとたんに先生が

「この時期のこの咳はやっかいですよ」と言うので??

「あなたの地区は喘息や気管支炎の患者さんが増えてます」といわれてやっと震災後の粉塵が原因か…と思い当たりました。

それにしても今頃になって急に症状がでるなんて…

普通はだんだんに症状がでてくるのだそうですが、私の場合は急激に崖から落っこちるように症状が悪化して表れたそうです。

クレーンで引き揚げてやるくらいの治療が必要とかで、3日間注射を続け、山ほどの薬を飲んでいます。

おかげで両腕に血管注射がもれた内出血跡が青あざになってしまいました。

これではしばらくは庭仕事もお休みです

でも、先週のうちにゴーヤとキュウリ、トマトとプランターに植えておいたのし、今年は朝顔もヘブンリーブルーを植えたので爽やかなブルーの花のグリーンカーテンになってくれそうです。

プランターの花たちが元気なので力をわけてくれそう~

618 週末になってだいぶ症状が落ち着いてきたのでやれやれなのですが、これから梅雨にはいると悪化することがあるのですって…梅雨寒になるかららしいです。

先生がそう言って脅かすんですよ~~

まあ、用心しながらボチボチとお仕事します

|

« 今年の牡丹 | トップページ | ひさしぶりに俳句 »

MY DIARY」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
体調大丈夫ですか?

お医者さんがいってる事、
間違いではないですよ~><

私の友達のお父さんが、
軽く風邪だと思ったら、
肺炎でしたsweat01
ムリしないで、
お大事にしてくださいね

投稿: くるりん | 2011/06/19 23:01

くるりんさん

いつもポチありがとうございます。

レントゲンの結果、肺に影はないようでしたが、用心しないといけませんね

お医者さんの言う事をきいて、せっせとお薬飲みます…

投稿: silent-holly | 2011/06/20 00:39

粉塵が原因ですか・・
二次被害、三次被害という感じで大変ですね。
でも早く受診してよかったです。
ただでさえ梅雨の時期は体調がくずれがちですから、
用心してお大事にして下さいね。

ヘブンリーブルー植えたんですかnote
私も大好きで毎年植えていますよ。
ゴーヤともども、立派なグリーンカーテンになりますように happy01

投稿: 雪うさぎ | 2011/06/20 00:49

雪うさぎさん

ご心配ありがとうございます

ヘブンリーブルーは雪うさぎさんのブログで見てから植えたくなったんですよ

あんなふうに育ってくれるといいのですが…

投稿: silent-holly | 2011/06/20 23:20

hollyさん、こんにちわ~☆
 
体調如何ですか?
気管支炎は、咳き込みますか?
以前、原因不明の咳込みが続き、
病院通いを致しましたが、辛いですよね
今は、大丈夫ですが原因がまだ分かっておりませんcoldsweats02
 くれぐれも御身大切に・・・
鉢植えの花、元気に咲いてますね☆
何故か、心が救われました。

  もっちゃん より maple

投稿: もっちゃん | 2011/06/21 13:33

もっちゃんさん

ご心配ありがとう

今は咳もだいぶ治まりましたが、お薬は当分飲まなくてはなりません。
困ったことに、プーさんも、Rも咳が出始めました。
家族全員、気管支炎のようですcatface

投稿: silent-holly | 2011/06/22 23:35

粉じんが原因の気管支炎ですかcoldsweats02
今頃津波の影響が身体に出るなんて・・・shock
私は昔普通のsmile気管支炎になった事あります
スッゴイせき込みが続いたけど、熱が下がったので仕事に行きましたけど
今思えば回りが迷惑だったかもcoldsweats01
咳は長引く事ありますからお大事にconfident

投稿: yappy | 2011/06/29 22:28

yappyさん

ありがとう
もうだいぶ良くなりましたが、あと2週間はお薬を飲まなきゃならないようです。

来週は最後の大仕事をやる予定なので、それまでに治って欲しいなあ

投稿: silent-holly | 2011/06/30 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の牡丹 | トップページ | ひさしぶりに俳句 »