« 被災レポート4 | トップページ | ブログの庭 »

2011/04/05

被災レポート5

3月15日(火)

5時起床、寒い…今日も雪模様かな

相変わらず家の前の国道のド真ん中に車がおきっぱなし、隣りの家の前の電柱にぶつかってる車もそのまま、大きな物置も道路にはみだしたまま。

郵便局の前には大量の車が折り重なってつぶれている。

たぶん車の持ち主も自分の車がどこにあるのかわからなくなっているのだろう。

国道の真ん中の車の持ち主が来て、車を家の前へ寄せていった。富谷の方で息子さんが秋田の大学を受験するので秋田まで送っていくためのガソリンを車から抜きにきたのだそうだ。

弟の車を解体屋に引き取ってもらう話をしたら、一緒に解体屋に引き取ってもらいたいと自分の車のナンバープレートをはずしていった。

午後に母の友人Nさんがタクシーで市内の知人を何軒か回って安否を確かめて食料などを配るために来てくれた。

レトルトカレー、南瓜の煮物、漬物、サランラップ、卓上コンロのガスなど頂く。

Nさんのお宅は新しいマンションで耐震性を第一に考えて購入したので建物は破損していないし、水も電気もきているという。

仙台市内でも地域によって被害もずいぶん違っているようだ。

今日も市役所に水を貰いに行く、途中消防署前を通ったら岡山ナンバーや長野ナンバーの救急車や消防車が止まっていた。各地から応援に来てくれている。

町中が埃っぽくてマスクなしでは歩けない感じ、異常な光景に神経が興奮して妙な高揚感がある。

3月16日(水)

近所中に流された車が放置されている状態はそのまま。

辛うじて通行の邪魔になる車だけ脇に寄せられてやっと2車線確保できている。

仕事に出かけるが、稼動できる車がほとんど無く開店休業。

地震以来まったく連絡の取れない社員が2~3名、自宅が遠いのでガス欠で出社できないのかも…携帯電話はまだ調子が悪い。

今日もお昼用におにぎりを作り、3時には帰宅する。

この後も何日も水道が復旧せず、市役所の給水に列び、沢水を汲みに行く毎日。

津波のドロはあまりに多くて手がつけられない。

玄関だけはドロをすくって、沢水で流し雑巾がけをするが庭を歩くと靴底がドロドロですぐに玄関もドロだらけになってしまう。

Photo

これ、まだいいほうです、すぐに靴底についたドロ土で玄関のタイルが真っ黒になっちゃいます。

キッチンのゴミペールにビニール袋を入れ沢水を汲み置きしておいてトイレや掃除に使っていました。

水の有難さが身に沁みた10日間でした。

|

« 被災レポート4 | トップページ | ブログの庭 »

MY DIARY」カテゴリの記事

コメント

silent-hollyさん、お久しぶりです。
本当に本当に、ごめんなさい。
今更ですが、大変な被害だったのですね。
でもsilent-hollyさんとご家族の方が
無事と知り一安心しました。しかし
気付かず、大変失礼いたしました。
久しぶりに、うかがってみて愕然としました。
こんなに大変な被害に遭われたのに
心のあたたかいコメント一つ送れず
悔やまれてなりません。
毎日がとっても大変でご苦労だと
思います。どうか頑張ってください。
一日も早い復興を心より願ってます。

投稿: Rossy | 2011/04/06 11:33

Rossyさん

ありがとうございます。
思いがけないことで自分でも驚いています。まさか自分にこんな災難がふりかかるとは…

これでも我が町は被害が少ないほうです。
県北の沿岸部の被害はすさまじいです。
我家はまだしも、実家はどうしたものでしょうかねえ…think
さすがに今後のことが心配です。

投稿: silent-holly | 2011/04/07 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災レポート4 | トップページ | ブログの庭 »