« 桜 | トップページ | やっとガス復旧 »

2011/04/26

被災レポート7

3月20日に電気がきて、22日に水道が復旧してからは生活も落ち着きを取り戻した感じ。

買い物は商品が少なくまだ不便だけれど、普通に食事が摂れる状態になりました。

やっと本格的に家の片付け、掃除です。

泥水につかった家は手強いsign03

とても家族だけでは始末できないので、ボランティアをお願いすることにしました。

21、22、24日と新大久保のヨハネ教会のみなさんが来てくださいました。

韓国、中国、日本の混成チームです。

この教会から派遣されたボランティアは30人ほどで、何日か交代でマイクロバスで東京から来てくれているそうです。

教会に宿泊して食事も毎日東京から届くとか…かなり組織的に長期間のボランティア活動をしてくださっています。

とても気さくな青年たちで、ドロ掻きや重い畳、家具の運び出しなど力仕事を笑顔でしてくださいました。

322 これは24日にきれくれたメンバー、1回8人づつ3日間、のべ24人の青年たちが来てくれました(1度も同じ人は来なかったのよ)

物置の本類も処分しましたが、紛れていた聖書をみつけて

「これは捨てられません」と丁寧にドロを拭ってくれたのが印象的でした。

このヨハネ教会チームのおかげでドロだらけでぬかるんでいた庭も歩けるようになり、箪笥など処分する物も道路に出すことができました。

家族だけだったらこれだけで1ヶ月かかっていたかも…しかも腰が痛くなったに違いありません。

このチームをかわきりにたくさんのボランティアさんに助けていただきました。

416            4月16日のボランティアのみなさん

押入れの中や仏壇、漆器類など細かい作業をしてくださいました。押入れの中って蒲団や茶箱やアルバムやいろいろ詰まっていてとっても大変な仕事でした。

419   4月19日、最後のボランティア、TOYOTAチームのみなさん

総勢11名できてくれた若者たち、大和町の東北トヨタのみなさんでした。床板をはずしてドロを取り石灰をまく厄介な仕事を手際よくやってくださいました。

この他にも、山形の美術大学の方たち、北海道のご夫婦、山梨の茶髪くん、地元の中高生さん、等など合計12日間、60名以上の方にボランティアにきていただきました。

みなさん、本当に有難うございましたhappy01

何しろ60年の間にたまった家具が、置き場所があるのをいいことに処分もされず仕舞いこまれていたのですから、箪笥も本棚も茶箪笥もなにもかもが2軒分ある感じです。

祖父母の代からの着物類も泥水に浸かってダメになってしまったものはほとんど捨てて、押入れの茶箱も捨てすっきりさっぱり

思い出のものをいくらか残しただけになりました

Photo

今日は畳が入って、ぐっと家らしくなってきましたよ

          426

十畳の座敷と六畳の仏間の間には襖が4枚あったのですが、補強のため2枚分は壁を作りました。

三間の続き間では壁が少なくて地震には弱くもたないそうです。

以前のような日本間の美しさは保てないけれど、これからは安全第一です。

|

« 桜 | トップページ | やっとガス復旧 »

MY DIARY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜 | トップページ | やっとガス復旧 »