« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

誕生日

3月31日は次男Rの誕生日です

大地震、津波の後でガスも復旧していない状態なので、通常営業しているお店がなくてbirthdayも無理だなあ~と思っていたら…

Kが市内のケーキやさんでcakeを買って来てくれましたhappy01

331 さすがにホールケーキはなかったので小さなバースディケーキです

市内でも時間限定や商品限定で開けているお店が多くなってきました。

水道、電気が復旧したのでみんな心理的に余裕がでてきたのでしょう。

滞っていた物流も届きはじめて、被災直後のように長い列をつくらなくても買い物ができるようになりました。

先週までは開くあてのないガソリンスタンドに前夜から列を成していた車も、今は整理券をもらえる(100~200番くらい)ので一晩中列んで待たなくてもよくなりました。

車社会の現代ではガソリンがないということがこんなに人々をパニック状態にするんですね。

さて、その整理券を譲ってあげたことから思わぬ頂き物があったので、今夜の誕生日パーティはスキヤキですsign03

331_2

うふふ~スーパーを2軒まわったら、椎茸も春菊もちゃんと手に入りました。

牛肉は頂き物ですhappy01 なんだかいつもよりお得なスキヤキです

毎日、調理に活躍してくれているカセットコンロ、これが本来の使用目的なんですよねっ

delicious        delicious         delicious

ケーキを届けてくれたKにもおすそ分け…お嫁ちゃんがお仕事で遅くなるので2人分タッパーにいれてスキヤキ丼がつくれるようにお持ち帰りです

今日も1日ドロ掻きと事務所のゴミ出しにおわれていたので、スキヤキとっても美味しかった~~happy02

| | コメント (8)

2011/03/30

被災レポート3

3日目の朝です

余震で何度も目覚め、5時には起床

大きな余震があると津波の心配もあり、すぐに逃げられるように身の回り品や貴重品をバッグにつめて枕元において寝ているので落ち着かない。

弟の登山用のコンロでお湯を沸かしコーヒーをいれ、朝食は買いおいてあったパンをストーブの上で焼いてトーストにする。

何はともあれ、水を確保しなくては…

こんな非常時には弟の登山道具が役立って有難い。

避難所の中学校で給水の列にならびながら、まわりの人たちと情報交換。

1時間待ってやっと3リットルの水を貰うが5人家族に3リットルではとても足りないので、小学校にも寄ってみるとここでも行列ができていた。

また1時間待ってペットボトル2本分の水を貰う。待っているついでに配給のカンパン(すごく硬くてお年寄りには食べられそうも無い)とゴマプリンをもらう。

家までの帰り道もまだ壊れた車が放置されていて避けながら運転する状態。

家のまわりには瓦礫が散乱して車があちこちに無残な姿で放置されている。

312  312_2

ショックだったのは家の近所のホームセンターやイ0ンに車が突っ込んでいる光景。ここの駐車場には船もひっくり返ってました。

312_3 ホームセンターには車が突っ込んでガラスが割れ出入り自由の状態だったのでレジからお金が盗まれたとか…

この向い側の道路には20台ほどの車が玉突状態で車道を塞いでいました。

この写真は1週間後のものなので出入り口はベニヤでふさがれています。

327

お昼は昨夜の残りのおかゆとインスタントラーメン2個を分けて食べる。

午後になって近所のコンビニが開く様子なのであわてて買い物に行く。

地震後いち早くシャッターを閉めて津波に備えたので商品はわりあい無事だった様子。

棚に残っていたカップ麺、カップ味噌汁、スープ、ツナ缶、野菜ジュース、ナッツ、チョコ、ポテチ、軍手、サビオ、焼き菓子少々、水がわりにポカリを買う。

パン類、乾電池は売り切れ、レジには20人ほどの列ができているが、1度家にもどって、再度買い物をする。

日頃買い置きをしていないので、こんな時にはちょっとパニック。

とにかく買えるときに買っておかないと次はいつ買えるかわからない…5人分の食料を確保するのに必死coldsweats02

 run       weep       bicycle

日曜日だけど、ちょっと会社に様子を見にでかける。

上司と日曜出番のkさんがいるだけで、上司はみんなの安否確認に忙しいが、携帯も繋がらない状態なので安否確認もままならない状態のようだ。

頼りにならない上司は3日目の今日になってやっと出社したらしい、しかも会社の車をぶつけて避難所で一晩すごしてきたとは…catface

地震発生の日以来帰宅していない上司にカップ麺と野菜ジュースを差し入れ、地震以来食事していなかったので喜んでくれた。

家に帰ってみると、弟がドロまみれの実家の台所から食品を探してきてくれていた。冷蔵庫は倒れていたが中身は無事だったようで味噌漬け豚肉、パックの鮭、野菜をもってきてくれた。

これで3,4日は大丈夫…主婦はこんなときにもまず食べることを考えるね

弟の自論では災害が起こったらまず3日間が一番悪い状態で、あとは徐々に復旧するから大丈夫というのだが、実は今回はそう簡単にはいかなかった。

食料品、水、ガソリン、灯油と調達するのが大変な日々の始まりだったので~すshock

| | コメント (8)

2011/03/28

被災レポート2

2日目、家へ帰ってみて呆然としているわけにもいかないので、とりあえず庭へ踏み込みましたが、これがドロが5センチくらい積もっていてぬかるみ状態です。

クツをどろんこにしてやっと玄関ドアにたどりつきました。ドアに津波の跡が残っていました。けっこうな高さまで水が上がってます。

312

1階は諦めて2、3階の片付けをすることに…ガラスの破片、本が散乱してTV、本棚が倒れています。

おおまかに片付け、ロウソク、乾電池、コンロなどを探して準備。

水がでないので、ドロを洗い流すこともできないし、拭き掃除もできない状態。水を貰う容器もないので梅ジュースを作っていたボトルと空のペットボトルを用意。

会社に寄って工場長に車をみてもらうために避難所まできてもらうが、結局車は動かず廃車にすることに…crying

一緒に避難していたお嫁ちゃんの実家から車を借りられることになり、一応足は確保。

弟と母も帰宅するが、実家はとても居場所がないので我家で暮すことにして、家中から食べ物、使えるものを探す。

Photo  Photo_2

実家のガラス戸、光のあたっている箇所より上まで水が上がった跡がついています。玄関脇の壁は落ちてしまいました。

実家から我家をみたところ、左手の車は弟の車で倒れた物置の上に乗り上げています。縁側のガラス戸、障子などの建具もほとんど壊れています。

315_2

家の内部は家具や本、食器が散乱して床はドロにおおわれています。畳の下にもドロが入り畳が浮き上がっていました。

315どこから手をつけていいのか判らないので片付けは諦めて、とりあえず寝る場所を確保。暗くならないうちに夕食の準備…といっても鍋用のコンロしかないので鍋で卵と味噌をいれたおかゆを作りました。

今日初めての温かい食事です。水は1度に3リットルしかもらえないのでお米はポカリスエットで磨ぎました。

夜は余震が何度もあり、震度5~6程度の地震、津波のくる確率が70%というのでRが借り物の車をもって避難所で寝ました。

Kたちとお嫁ちゃんの実家のみなさんも夜は避難所で寝ることにしたようですが、我家は3階があるのでこのまま家で寝ることにしました。

着のみ着のまま、顔も洗えない一日でしたが携帯ラジオからのニュースから大変な震災だったことがわかり、報道が進むにつれたくさんの犠牲者がでたこともわかって、無事だったことに感謝。

TVもなく携帯も繋がらない状態なので、他の地域の被害状況がわからず連絡の取れない親戚やプーさんの実家が心配でした。

鮎川は大地震のたびに津波被害にあうところなので安否が確認できるまでは不安でした。

私の住む地域ではdocomoはほとんど繋がらず、auはいくらか良かったようです。

夜は電気がきていないので真っ暗です。ご近所もほとんどが避難しているらしくし~んとしていて灯りも見えません。

うちは弟が登山で使っていたランタンと太いロウソクがあり助かりました。スポーツ用具店で売っているこのロウソクは1本で7日間使えました。

312

門のフェンスも斜めになっていて締まりません。無用心ですが夜中にこんな地区を歩く人もいないでしょうし、泥棒がきても持って行くものもないので…

312_2

津波で流された車が国道の真ん中にゴロゴロころがっているので、昼間でも運転は危ないし、街灯も信号もない夜は本当に危険です。

不気味なほどの静けさと暗闇の中で余震のたびに目が覚めながら2日目の夜を過しました。

| | コメント (4)

2011/03/26

地震津波被災レポート

避難所で一夜を過したhollyですが、3月だというのに雪がちらつく寒さにはまいりました。

広い体育館にストーブが5~6個、お年寄りを中心に周りを囲んで1個のストーブに4重の輪ができているのでストーブにあたるなどという状況ではなかったです。

翌朝、給水の列にならびましたが水がきれてしまい貰えず、お湯を少々もらってお嫁ちゃんがもっていたティーパックで紅茶を飲みました。

この避難所は地域の有志がリーダーとなって外で火を焚き大鍋に井戸水をわかし、持ち寄った野菜などで炊き出しをしているようでした。

地震で火災を起こした「新日本石油精製」の黒い煙がどんどん広がってきているようで気味が悪かったです。

この寒さでもう一晩避難所で眠るのはごめんだったので、なんとしても家に帰りたいと思い、とりあえず家の様子を見に行こうと避難所を徒歩で出発。

最短経路の45号線は冠水で通れず、遠回りをしてついでに母たちが避難している小学校に寄ると、こちらはストーブ完備で温か~

母は暢気にストーブにあたりながら居眠りをしていました、元気にしていたので一安心ですhappy01

徒歩で家へ帰る道すがら目にする光景はすざまじいものでした。

いたるところに流されてきた車が折り重なっていたり、国道のど真ん中にひしゃげたまま放置されていたり…駅の構内やイ0ンにも突っ込んでいました。

 313           いつものんdogの散歩に行く公園付近

313_3                これは郵便局付近

…そして我家です…wobbly

312_2  弟の車が見事に庭の奥に突っ込んで物置の上に乗り上げていました

312_3 母の家の1階は壊滅、庭もドロだらけで歩くのも一苦労の状態です。

どこから流れてきたものやら、タイヤやバケツ、工事用のコーンや大根まで流れ着いています。

さすがにどこから手をつければよいものやら…shock

家の前の道にも何台もの車が電柱にぶつかっていたり、大きな物置が車道に流れ着いていたり…まあ、家の中に車が突っ込んでいないだけでもよしとしようと思うくらいです。

あまりの惨状を目にすると思考回路がマヒしてしまうようで、我家の有様を見ても自分のこととは思えず他人事のようにすら感じてしまいました。

これが被災2日目、午前中のことです。

| | コメント (0)

2011/03/23

地震、津波

みなさま、ご心配いただきありがとうございます。

hollyは元気です、家族全員無事でした。

やっと3日前に電気がきて、今日水がでました。ガスは見通しが立たない状態のようです。

我家は市内でも被害の大きかった地区なので復旧が遅れたのです。

311_2 これは会社から撮った写真です。正面に見える道路を水がどんどん流れてくるのがよく見えました。この道路は会社の前の道路に突き当たりますが、写真の右手に向って下り坂なので、会社への入り口は水につからずに済みました。

赤い屋根の家から右側は何日も水がひかずに水没した車も放置されたままでした。

この時点で会社には近所のお年寄りなど遠くまで避難できない方たちが避難にきていました。

プーさんとRもここに避難、母と弟は津波のくる前にdogのんを連れて徒歩で小学校へ避難しました。国道はもう車が渋滞していたので車での移動は諦めたのです。後でわかりましたが車で避難した人たちも津波が迫ってきて車を置き去りにして逃げたようです。国道には津波に流された車がたくさん放置されています。

夕方、津波も落ち着いたようなので避難所の中学校へ移動することになりましたが、お年寄りを置き去りにするわけにはいきません。

プーさんが自宅の様子を見にいくと車は冠水したもののエンジンがかかったのでとりあえず何人か避難所まで送ることになり、それから私達家族も避難しました。

中学校へ着いたら校庭はもう車でいっぱい、やっと駐車したとたん車rvcarの調子が悪くなってそれっきりエンジンがかからなくなりました。途中でエンジン止まらなくてよかったcoldsweats02

避難所の中学校にはKたちも来ていて合流できたので安心でしたが、寒いこと寒いこと…雪がちらついてきて寒さはますます募って、配られた毛布1枚ではとても眠れませんでした。

ま、こんなふうに地震1日目は過ぎました。

現在は電気、水道が復旧していくらか気持ちに余裕ができたので、11日からの様子をおいおいブログに載せていこうと思います。

心配してコメントをくださったきんたさん、海tonさん、雪うさぎさん、sonoさん、yukienさん、いっちゃんさん、yappyさん、秋さん、おひるねおかんさん、rokuさん、ぱるえさん、そしてみなさま、有難うございました。

| | コメント (20)

2011/03/10

小さな春みっけた

3月10日は火伏せのお祭りの帆手祭りです

毎年この日は寒くて雪や霙模様なのですが、今朝は青空が眩しいくらいのお天気です。

こういうのを雪晴れって言うんですね…

でも朝のうちだけかなあ~(やっぱり午後は雪がちらついてきました)

310 昨日の雪がまだ残っていますが、日差しがあるので日当りのよい場所は融けてしまいそうです。

せっかく芽を出していたクロッカスやチューリップのプランターも雪をかぶってました。

310_2

そんな中でも雪をかぶらない場所にあったプランターではクロッカスの蕾がふくらんでいましたよ

310_3 310_4

クロッカスは我家の庭で一番早く咲いてくれる花なんです

花の時期が短いのが残念ですが、真っ先に春を運んできてくれるかわいい花です。

222 我家のアネモネが咲くのを待ちきれずに、きれいなブルーに誘われて一鉢買ってしまいました。

今の時期、花屋さんにたくさん並んでいるのですが、今がシーズンなのかしら?

うちのはまだまだ蕾も見えませんけど…

| | コメント (17)

春の雪

3月9日

今日はなかなかsign02な1日でしたよ

お昼前に地震があって、太平洋岸には津波の心配が…

hollyの住んでいる町では地震と津波はセットになっています。

去年は津波注意報がでて小学校に避難するさわぎが1回あったけど、今年はまだ注意報がでるような津波はないです。

地震は無いにこしたことはないですが、あまり長い間起こらないとかえって不安になります。

適当にエネルギーを発散させてくれないと、積もり積もって大地震がくるんじゃないかと心配になってきますcoldsweats01

まあ、この程度の横揺れ地震なら1年に2度くらいはあってくれたほうがいいのかも~なんてネ

でも、今日は公立高校の入試日、受験生や親御さんたちは!!だったでしょうね

そして午後は雪が降り出しました

39

    仕事が終って帰宅途中、吹雪いていて凄かったですよ

              道路も真っ白です

39_2

3月になってからの雪は毎年のことなので、まだまだタイヤもスタッドレスのままです

         snow今夜は冷え込むようですsnow

| | コメント (4)

2011/03/05

ブログの庭

ブログの庭って不思議
ときどきおかしな鳥がチョコチョコ歩いてくるんです
この鳥はどうやら花や美味しいブッシュを食べるらしい…sad
うちの庭ではまだ食べられたことがないけどネ
今日はワンコが歩いてました
左から右へチョコチョコ歩いていくだけなので、大急ぎでシャッター切らないと写真が撮れない…
ほら、もう庭の右端から落っこちそうになってるでしょ
インターポット

| | コメント (6)

2011/03/02

2月の俳句

俳句結社住人であるhollyにとって月末はcatfaceなのです

投句の締め切りがあるのでthink think think think think sweat01 sweat01

2月に作った句の中から6句選んでいますが、もっと推敲の余地がある句ばかりです。

hollyは自分の感覚優先なので、言葉遣いや文法上の間違いがないかぎりかなり《直感勝負》で選んでいます。

句会でみなさんから好評を得ても自分で納得できていない句は投句したくないのですが…そんなに自分を過信して良いのか?という自問もあります。

2月の投句

粕汁や立つ波昏き日本海

詮なしや夢の氷柱に胸射られ

風邪の子の寝落つるまでをぐりとぐら

人類の歴史の先の海鼠かな

葛湯吹く下戸の家系に連なりて

バレンタインデー待つということ男にも

      

              以上6句でした

バレンタインデーの句は句会では点が入りませんでした。

「待つということ男にも」というフレーズがどれくらい理解してもらえるか、共感を得られるかがポイントでしょうね

| | コメント (2)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »