« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/28

お雛さま

昨日の日曜日、俳句を通してお友達になった方とお雛様を見に旧亀井邸へ行ってきました。

去年もご紹介しましたけど、亀井邸は地元の大手企業の創業者のお住まいだった邸宅を保存してあるものです。

豪邸ではないけれど、当時はモダンだった洋室や複雑な階段があってそれなりの風情があります。

Photo Photo_2

亀井邸の外観(神社の裏坂の鳥居から見たところです)門も風情があります

228 玄関を入ってすぐのお座敷にはお雛様が4組ずらっと並べられています。

どれも小ぶりで古風なものばかり

昔(明治~昭和初期くらいかな)のお雛様は小ぶりですが、衣装の布地やお道具の設えなど細やかで上等です。

228_2 奥の離れにはたくさんの吊り雛が飾られていました。

たくさんあって圧巻なのですが、ひとつひとつ丁寧に写真を撮りたくても、ゆらゆらしてなかなかピントがあいません。

写真を撮りたい人のために背景が白い場所にひとつだけ飾ってくれてあればいいのになあ~と贅沢なことを思いつつcoldsweats01

Photo_3  Photo_4

吊り雛といってもお雛様が吊るされているのではないのね

さなざなま形をした子供たち、おくるみに包まれていたり、蒲団に寝かされていたり、兜をかぶっていたり…男女の別なく子供の成長を願うものだったのでしょうね

Photo_5  Photo_6

そしてさまざまな動物たち…

この馬は昔の子供の遊具だったのでしょうねhappy01 猫もねずみも金魚も…もっと種類があったけどhollyはこのお馬さんとねずみさんが気に入りました

228_3      これは現代のお雛様、おおぶりで立派なものです     

228_4          今回、hollyが一番気に入ったお雛様

派手な煌びやかさはありませんが、年代を感じさせる古風な木目込みのお雛様です

228_5  228_6

upwardleft貝雛と洗濯バサミのお雛様upwardrightうさぎちゃんたち

どれもちっちゃくてかわいいhappy01 うさぎさんはけっこう手間がかかってますね

表情がそれぞれでみんなかわいかったですよ

貝雛は知ってましたが、洗濯バサミでも作っちゃうなんてちょっとしたアイデアflairですね

これなら見よう見まねで作れるかも…

旧亀井邸では3日までお雛様を展示しています

飲み物のサービスもありますよ(土日はお手前がありお抹茶がいただけたようです)

| | コメント (4)

2011/02/24

春が来た?かな?

ポカポカ陽気にすっかり春の気分のhollyです

春といえば…お雛様sign01

何か忘れてると思ったら、そうそう、お雛様ですよ~

桃の節句ももうすぐですからね

近所に桃の木がないのが残念、梅や桜はあるのにねえ

桃の木ってピンクが濃くて華やかでかわいいhappy01大好きなんだけど、なかなか目にかかれないんですよ

Photo_3    Photo_4

貝を縮緬でくるんで作ったかわいいお雛様です

downwardrightコレ、お雛様ですよね? 福娘って書いてあるから違うかな?

卯年なのでうさぎのお雛様…だと思うんだけど。いつもお世話になっている美容室さんに飾ってありました。

Photo

市内でも、古くからある商家などで伝わっているお雛様を見せていただけるイベントが始まっています

「旧亀井邸」では去年と同様に吊り雛など様々な雛が展示されるようなので、今年も見に行くつもりです

        clover昼風呂を奢りて桃の日なりけり

        clover雛の前先生は膝崩さざり

| | コメント (4)

2011/02/23

ブログのお庭

インターポット
ブログのお庭、春たけなわtulipです
いろいろ植え替えて試してるんですが、なかなかバランスよくいきませんね
真ん中の木(ヘウレーカちゃん)が太くはなってきてるけど上に伸びてくれないわ
hollyと同じ体型、あ、木だから樹形か…

| | コメント (2)

2011/02/20

早春の花

穏かな週末、sunお天気もよく、ようやく春の気配が感じられるようになったよ

いつものウォーキングも気持ちがいいhappy01

219 神社のイチオシポイントからの写真も、いつもより綺麗に撮れてます

219_2            もう梅の花が咲き始めてました

219_3

          蝋梅の黄色い花も

219_4  早春に咲き始める花は、どれも楚々として可憐ですね

寒い間、ほったらかしていた庭と菜園ですが、今日は久々に土いじり

ずいぶんと遅くなってから蒔いた大根と白菜は…weep

今年はお勉強してから蒔くことにします

| | コメント (4)

2011/02/17

芥川賞

芥川賞は何時頃から上半期、下半期に分けて1年に2回になったのだろう…

太宰治が喉から手が出るほど欲しがっていた頃には1年に1回だったんじゃなかろうか

そんなことを思いつつ、文芸春秋を開く

今回の受賞者の対照的なこと…

清楚でハイソなお嬢様風、朝吹真理子氏、名前で見当がつくフランス文学者一族のマドンナ

かたや、中卒で逮捕歴まである中年のおっさん西村賢太氏

まずは朝吹氏の「きことわ」から読み始めてみたら、これが読みにくいというか、読み流しにくいタイプの小説だったので、西村氏の「苦役列車」から読むことにした。

西村氏は私小説というジャンルの物書きらしく、文章は私小説の大家から学んだとおぼしい語り口が心地よくすらすらと読める。

世間の最底辺に生きる日雇い青年貫太の日々を書いているのだが、珍しくできた同じ年の友人との会話で「おれ」じゃなくて「ぼく」なんて言うかなあ?

それに「蕎麦」を「おそば」なんて書いてるのも気に入らない。

友人もいない主人公が、日雇いのアルバイトに来た専門学校生との間に束の間友だち関係ができるが、彼はやがて学校へもどり貫太はまた味気ない日雇い生活に戻り、仕事先でもトラブルから日雇い荷役の仕事さえ失ってしまう。

で、この束の間の友達関係を経て貫太は何か変わったかというと、そんなことはなく相変わらずの出口の無い日雇い生活を続けていく…という作者の若い頃の生活そのままを綴っていると思わせるような小説

私小説とは大凡こうしたものであろう

破滅的な惨めったらしい救いようのない生活、生き方でなければ私小説はなりたたない?

そりゃ、普通の一般的な生活だったらわざわざ書かなくても読者だって同じだものね

ひとつ単純な疑問として…私小説が作者の人生、生活を描くものならば、それを赤裸々に書いてしまえば次は何を書くのか?

角度を変えて書いたとしてもテーマは常にひとつしかないわけで、自分の惨めな境遇と生活と精神を泥の中を這いずり回るように書き続けるしか道はないのか?

私小説=悲惨ってわけじゃないけど、作者の暗い部分をヒューチャーして書く場合がほとんどだからハッピーな話にはならない。

それにしても「苦役列車」は題名としては言い過ぎと思った。

西村氏の敬愛する私小説家「藤澤淸造」の作品でも覗いてみようかな…って名前も聞いたこと無いんだけどね

pencilウィキペディアで私小説を見たら、かなり幅広いジャンルらしい。田山花袋や夏目漱石、森鴎外の作品もリストアップされていた。

考えてみればことさらに私小説と呼ばなくとも、純文学とされる分野では「書き手と主人公が同一視」される作品が多いね。

純文学という区別も曖昧、私小説という区別も曖昧

ところで芥川賞、たまには該当者なしっていうことは無いの?

ここ何年か受賞作を読んでるけど、正直今年は無しでよかったんじゃないの?って思ったことがありましたよ。

でも、某作家の場合、これで芥川賞かあ?って思ってたらその後だいぶ腕を上げて売れっ子作家になってたなんてこともあるから…ま、入学試験みたいなものかな

特別読書好きというわけでもないhollyごときに、こんなこと言われちゃうなんて…coldsweats01

| | コメント (2)

2011/02/16

編集会議

俳句結社の住人であるhollyは、宮城支部会報を作る仕事があります。

いつもは4Pで、だいたい載せる記事が決まっているのですが、今回は8Pなので、臨時に編集会議がありました。

バレンタイン前の日曜日、午後1時の仙台駅前は人があふれていました。

213_3

          アエル29Fからの眺めですeye

  お天気がよかったので遠くに泉ヶ岳や太白山も見えました213_4 バレンタインデーが近いためか、1Fには特設カフェができてましたよ  

          どことなく街がキラキラshine        

     book      pencil     eyeglass      think        

平日の校正作業ではお会いすることのない編集長Tさん、支部長Sさん、Nさん、hollyの4人で、まずは紙面構成から…

今年度(昨年度かな?)結社の最高賞を受賞した宮城支部のKさんの特集を2P、新同人2人の記事を1Pずつ

会員の方にお願いしていた記事を字数を合わせて3段組みに組みます。

文章のチェックをして、読みにくい箇所は多少添削、誤字脱字チェックと句読点チェック

このチェックをするとたいてい字数が変わってくるので、紙面に上手く収まるようにするのが一苦労ですcoldsweats01

今回はお願いしていた記事の字数が足りなくて紙面が中途半端に余りそうになり、対策に頭を痛めました。

hollyはこういう場合、一番手間がかからない解決策でいこうとするのですが、支部長は記事を書いてくださった方の意向をとても大切にします。

記事を書いてくださった方がいやな思いをしないように心配りをなさいます。

最大限の時間をかけて検討するので時間がかかるのよ…

hollyはこういうとこあっさりしすぎていて、どう悩んでも解決策はコレしかないでしょってさっさと見切りをつけてしまうんですけど…ね

このへんは支部長を見習わなくてはいけませんねcoldsweats01

まあ、そんなこんなでたっぷりと時間がかかり、駅構内でお土産を調達して5時過ぎの電車に滑り込み~~

この週末の土、日は俳句三昧で我家の男たちは放りだされておりました。

でも、留守の間にお嫁ちゃんからちゃんとバレンタインチョコもらってましたよ

2011 2011_2

   こちらはhollyよりheart02をこめて…ハートのチョコです2011_3

| | コメント (2)

2011/02/15

ブログの庭

ブログのお庭は花盛り
何度も草花の配置をやり直してみたのですが、まだ左下の葉牡丹のところがバランス悪いですね。
種を蒔いても花が咲いてみるまでどうなるのか分らないので、気に入らないときはまた種を蒔くところからやり直しですweep
インターポット 
真ん中の木がなかなか大きくなってくれません
この木には名前がつけられることに2,3日前に気付きました。
それまでは《silent-hollyさんの木》となっていたので気にしてなかったんです。
hollyは《heureka》と名づけました。
《ヘウレーカ》と読みます。これはギリシャ語で正確にはrの上に^がつきます。英語ではユリイカ。
アルキメデスが風呂に入っていてアルキメデスの原理を発見したときに《ヘウレーカ》と叫んで裸のまま走り出したという話があります。
《ヘウレーカ》は《見つけた》という意味ですって
《われ発見せり~》といったところでしょうか
clover若手の俳人、高柳克弘の俳句
  《heurekak木の実に頭打たれけり》からいただきました。
あんまり可愛らしくない名前をつけちゃうところがhollyらしいかも

| | コメント (0)

2011/02/13

2月の句会

12日(土曜日)は定例句会でした

朝は昨夜からの雪が積もっていましたが、午後には融けてしまいました。

この時期としては、あっけないほどの雪snowで、さあ雪が降るぞ~って構えていた私は気が抜けちゃいましたよ

21

句会はエスプの学習室で、出席者7名でした

この学習室は、左側がガラスで吹き抜けが見下ろせる作りでとっても明るい部屋、窓が右上がりに斜めになっているんですよ

212 今日の最高点は

島浦に水漬く捨舟いぬふぐり…uma

しまうらに みづくすてぶね いぬふぐり)

前半はよくある景を詠んでいて新鮮味はないのですが、季語いぬふぐりで春を感じさせる句となった

hollyの句

粕汁や立つ波昏き日本海

 (かすじるや たつなみくらき にほんかい)

人類の歴史の先の海鼠かな

 (じんるいの れきしのさきの なまこかな)

今日の席題…目、赤、大、落

最高点

雪原の大樹一本舞台めく…kazu

(せつげんの たいじゅいっぽん ぶたいめく)

春の朽葉記憶の底に落ちてゆく…imi

はるのくちば きおくのそこに おちてゆく)

hollyの句

風邪の子の寝落つるまでをぐりとぐら

(かぜにこの ねおつるまでを グリとグラ)

この句は《ぐりとぐら》という絵本を知らない方には何のことやらわからない句だったでしょうね

寝落つるまでの絵本かな、とはしたくなかったhllyのこだわりです

| | コメント (6)

2011/02/11

2月のカレンダー

最近はヨンジュナのニュースがなくて淋しいhollyですが

韓国芸能界のイザコザを見るにつけ聞くにつけ、ヨンジュナって賢いsign01と思うのです

ヨンジュナもいくつかプロダクションを変わっていますが、結局、自分が満足できる仕事をするためには自分で独立した事務所をもつしかないと思い至ったのでしょう。

演技者としてのヨンジュナのファンである私は、プロデュース業にばかり情熱を傾けられては少なからず淋しい…

彼のプロダクションがどんなに良い作品を作っても、どんなにヒットしても、どんなイケメン俳優が出ていようとも、ヨンジュナが出演してないのでは私にとっては意味がないのです

…といって、どんな作品に?となると難しいんですよね

hollyのオススメは

《砂の器》《ノッティングヒルの恋人》の韓国版なんかいかがでしょ

さて2月のヨンジュンカレンダー

Img_0004 これは卓上カレンダーですが、hollyは壁掛けよりもこちらのほうが好みです。両方とも同じシチュエイションですが、卓上カレンダーのほうがカメラ目線じゃなくて自然なポーズなので何気ない魅力がでていると思うのです。

         ちなみにこちらが壁掛けカレンダーです

hollyの部屋に飾ってあるのを撮ったので、撮る角度が悪かったですね2011

| | コメント (0)

2011/02/08

焼き林檎

《おひるねおかん》さんのところで覚えた簡単焼き林檎

これならhollyにも出来そう~と作ってみました

28_2 薄切りにしたリンゴをバターでソテーします。ちょっと焦げ目がついてきたら砂糖少々とシナモンパウダーをふりかけます。

たったこれだけで焼き林檎の完成です。

バナナとバニラアイスを添えてみました…ちょっとおしゃれなデザートでしょhappy01

丸ごとの林檎だと手間がかかりそうで敬遠しちゃうけど、これなら簡単ですよ

ぜひ、お試しあれ

| | コメント (4)

2011/02/07

ブログの庭

インターポット
    tuliphollyのブログのお庭はもう春ですtulip
少しずつお花や植木が増えてきたところですよ

| | コメント (6)

2011/02/04

あちゃ~

今朝、出勤したらcatface~なことにPCが動いてないsign03

わが社のPCはほぼ24時間稼動…のはずなんですがね

こんなこったろうと思ってはいたのよ

水曜にPCのサーバー掃除に来て、配線をはずしてエアーで掃除したまではよかったのよ

再セットして起動させたらsign02 sad down

動かない…  …  …  って、どうすんのよ~~

でっかいボックス型のサーバーが3個並んでて、その内の一番肝心なデーターのはいってるサーバーが動かん

PC画面が2つ並んでまっくろ~~仕事にならんっちゃ

4時間かかって、やっと片方の地図のでるGPS画面復活

とりあえずデータの入ってるソフトは大丈夫みたいだけど、サーバーがだめなので電話データーが使えない状態

ソフトがダメになってたらデータを全部入れなおし、打ち直しになるとこだったから、まだましだった

hollyは定刻に退社しましたけど、明日には直ってるだろうなあ~なんて気楽に考えてたら昨日の休みを挟んでもまだ、復活してなかったweep

それでもって上司のご機嫌は最悪

昨日の出番は何かミスしたのか衝突した模様だし、こりゃ今日はミスできんわ~

久々にチョー緊張感あるお仕事タイムでした

holly15年勤務中にこの手のトラブル3回ありましたけど、3日間もPCなしはなかったかも…

目の前にある画面のかたっぽが真っ黒だと、すごい違和感あるのよ

基本的にGPS画面があればなんとかなるさ~とお気楽なhollyの性格が幸いして、上司のご機嫌も午後には直ったよscissors

最近、上司のご機嫌をとるのが上手になってきたかも~

くすぐり所が分ってきたんだも~ん

あ、けっしてバカにしてませんよ、上司様の行動力には感心致しておりますです、ハイ。。

| | コメント (2)

2011/02/03

節分祭

今日は節分

恵方巻を買いに行かなくちゃ~って買い物に出て途中で神社にお参りがてらウォーキング~

23 sunだし、暖かだし…いい日和です

…あら、今日は平日なのに駐車場もいっぱいだし、人が多いなあ…って、sign02それもそのはず、本日は節分祭sign03

参道を歩いていくうちにお神楽の笛太鼓が聞こえてきました

23_2              荒獅子を舞っていました

23_3 本宮の横には豆まき用の舞台ができていました。お参りは済んだけど、せっかくだから豆まきの豆を拾って帰ろうっと…

23_4 宮司さんに先導されて、年男年女が裃姿で社務所から参進します

途中、紫波彦さまの横でなにやらお祓いを受けています

Photo その後本宮に上がり、節分祭の儀式を執り行います。伊達家当主、市長などが玉ぐしを奉てんして宮司さんが本宮内で豆まきをします。

宮司さんが本殿で四方に向って「福は内、福は内、鬼は外」ってちゃんと唱えて豆をまくんですよ…これ初めて見ましたeye

そしていよいよ豆まきです

23_5 いや~豆まきの豆キャッチするのはなかなか難しいのね、本気の方はちゃんとビニール袋を広げてキャッチしてました…

小袋に入った豆の他に赤い紙のクジもまかれ、それをキャッチした方は景品がもらえます

hollyはキャッチできなかったよ~coldsweats01

これが豆まきで拾えた豆…普通~の豆ですけど、スーパーで買うよりいくらか有り難味があるかも~23_6 帰りに恵方巻を買って、落花生も買って、我家でも豆まきをしました

Photo_2ハイ、こちら恵方巻、七福巻、節分巻(祈祷海苔使用だそうです)

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »