« 2月のカレンダー | トップページ | ブログの庭 »

2011/02/13

2月の句会

12日(土曜日)は定例句会でした

朝は昨夜からの雪が積もっていましたが、午後には融けてしまいました。

この時期としては、あっけないほどの雪snowで、さあ雪が降るぞ~って構えていた私は気が抜けちゃいましたよ

21

句会はエスプの学習室で、出席者7名でした

この学習室は、左側がガラスで吹き抜けが見下ろせる作りでとっても明るい部屋、窓が右上がりに斜めになっているんですよ

212 今日の最高点は

島浦に水漬く捨舟いぬふぐり…uma

しまうらに みづくすてぶね いぬふぐり)

前半はよくある景を詠んでいて新鮮味はないのですが、季語いぬふぐりで春を感じさせる句となった

hollyの句

粕汁や立つ波昏き日本海

 (かすじるや たつなみくらき にほんかい)

人類の歴史の先の海鼠かな

 (じんるいの れきしのさきの なまこかな)

今日の席題…目、赤、大、落

最高点

雪原の大樹一本舞台めく…kazu

(せつげんの たいじゅいっぽん ぶたいめく)

春の朽葉記憶の底に落ちてゆく…imi

はるのくちば きおくのそこに おちてゆく)

hollyの句

風邪の子の寝落つるまでをぐりとぐら

(かぜにこの ねおつるまでを グリとグラ)

この句は《ぐりとぐら》という絵本を知らない方には何のことやらわからない句だったでしょうね

寝落つるまでの絵本かな、とはしたくなかったhllyのこだわりです

|

« 2月のカレンダー | トップページ | ブログの庭 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

いいね~ぐりとぐらがでてくるなんて~
私もぐりぐらは大好きです。

いろいろ出ていますが、
やっぱり、パンケーキのおはなしが一番好き~

長女の幼稚園バッグの刺しゅうは、
ぐりとぐらでした。

小さい頃、毎日、同じぐりとぐらの絵本ばかり読んでいた、、、
こどもも、もう、暗記しながらも、喜んで聞いていた~
そんな感じがフラッシュバックしてきました。

投稿: 野花 | 2011/02/13 11:35

野花さん

絵本って素敵だよねえ
オトナになっても眺めているだけで楽しくなります。

「ぐりとぐら」やいわむらかずおの「14匹」シリーズは大好きhappy01

投稿: silent-holly | 2011/02/13 21:47

こんにちは。
明るい部屋での句会・・楽しそうです。

hollyさんは苦しまないタイプ(?)のようですから。

席題もあるんですね・・
どの句も、レベルが高くて・・いまからびびっています。

「ぐりとぐら」は殆どの人に伝わると思いますよ。

投稿: ゆずりは | 2011/02/14 13:49

ゆずりはさん

いえいえ、hollyは十二分に苦しんでおりますよcoldsweats01(嘘つけ~)

苦しんで作った句より、ポンと出てきた句のほうが評価されるって…
う~~ん、これは俳句の神様が降臨するのをひたすら待つほうが苦吟するよりいいのでは~という心境でもありますけどネ

写生句はたいてい苦し紛れの産物です

投稿: silent-holly | 2011/02/15 10:41

やっぱり「ぐりとぐら」だからこそ生き生きとした句になったのですよね。
ただの絵本じゃつまらない。
語感もいいし、素敵な句です。
粕汁の句も対比が鮮やかで、季節感あふれる句だと思います。happy01

投稿: 雪うさぎ | 2011/02/16 17:32

雪うさぎさん

ありがとうございます

私の句には時々こういう固有名詞がでてきます。
どのへんまでが通用するか難しいところですが、こだわりって必要ですよね

投稿: silent-holly | 2011/02/16 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月のカレンダー | トップページ | ブログの庭 »