« 寒月光 | トップページ | hollyの庭 »

2011/01/24

レッドクリフ

今夜のTV、《レッドクリフ》ご覧になりましたか?

先週パートⅠ、今週パートⅡでしたが、hollyはこれが大のお気に入りです。

以前にも書きましたが、長大な物語《三国志》の中から最も有名といってもよい赤壁の戦いを描いた映画です。

hollyは初めてこれを見てから大ファンになって三国志を読み始めました。

もう~長い長い…かなり読み進んだところでやっと孔明がでてきてやれやれと思いましたcoldsweats01

原作の三国志演義をもとに吉川英治が書いたものが日本では一般的に知られている三国志ではないかな。

もうひとつ北方謙三が書いた三国志もありますし、宮城谷昌光も書いてますね。

吉川英治の三国志は正統派、歴史はもともと特別エンターテイメント向きに出来てるわけじゃないので、都合よく友情が芽生えたりないし、もっとシビアだし…でもそれじゃ面白くないものね。

映画はかなり脚色されていて、その分面白くなっています。

CGを駆使して壮大な戦闘場面や大船団を作り出していて見ものです。

はるか昔にNHKの子供向け人形劇で三国志を見た覚えがあり、それ以外に三国志の知識はなかったんだけど、なんとなく主人公は劉備なのかな~という気がしてました。

でも、劉備って人望は厚かったけどそれほどカリスマ性があるわけじゃなし、諸葛亮孔明がいなかったらどうだったんだろう

物語でも劉備本人よりも、関羽、張飛、趙雲が活躍してるエピソードのほうが面白い。

曹操、孫権、劉備と並ぶと、曹操は悪者的扱いだけど、本当はそうでもないらしい。

独善的ではあるけれど、頼りない皇帝に代わってカリスマ性を発揮していたなかなかの人物なのじゃあるまいか…

映画版の主人公2人、周瑜(トニーレオン)と孔明(金城武)

Photo_2

           曹操率いる大船団Photo

いっとき、せっせと読んでいた三国志ですが、hollyは孔明が死んじゃったところでギブアップしちゃいました。

まあ、《つまみ食い》ならぬ《つまみ読み》、美味しいところだけを味わう~という調子のよい読書…だって睡眠不足になっちゃうんだもの~

読み始めた本は一応最後まで読むタイプのhollyでしたが、これはあまりにも長いので、残りは老後の楽しみに(な~に言ってんだか~)とっておきますcatface

|

« 寒月光 | トップページ | hollyの庭 »

映画、テレビ、アニメ、」カテゴリの記事

コメント

hollyさんがレッドクリフを見て、
けっこう好きそうなのでびっくり。

・・たんなる、イケメンおっかけなのか!
(失礼ですが)と思ったけど、そうでもなく、読書も好きなのですね。

私は三国志は図書館のビデオと、マンガで見ました。

曹操は武力だけでなく詩も有名で、卑弥呼の
時代に生きていた人なので、意外と身近です。マンガ『蒼天航路』は、曹操が主役です。ユーチューブでも、ちょこ見できますよ。

投稿: 海ton | 2011/01/24 06:20

もうひとつ、映画の感想を書きます。

きのう、映画『レッドクリフ(赤壁の戦いⅡ)』を見たら、中国では、冬至に団子を食べる習慣があるようなのです。

映画では、戦争前に、一人に3つ配られました。そうして胃は、食べ物も不安も、呑み込んでくれたのです。

投稿: 海ton | 2011/01/24 06:31

海tonさん

イケメンおっかけの道は深いのですぞ~happy02

映画やマンガを見て原作を読みたくなることはよくあります。
三国志はマンガも何種類かでていますね。
横山光輝が書いたものは絵柄が気に入らずチラ見だけで終りました。
それで仕方なく?本を読むことにしたんですよ。

曹操はかなり教養のある人だったのですね。
映画の中でも朗々と詩を吟じる場面がありました。

投稿: silent-holly | 2011/01/24 22:23

横山光輝が書いたものは絵柄が気に入らず
・・同感です。

やはり、劇画じゃないと面白くない。
私が見たのは、高校生の男女がタイムスリップして、赤壁の戦いまで行くという奇抜ながら結構読めるものでした。

>曹操はかなり教養のある人だったのですね。映画の中でも朗々と詩を吟じる場面がありました。

曹操もその子もいい詩を残しているそうです。

・・おバカな詩ですが私は、今度は日本の
卑弥呼のところへ攻めてくるという詩を、書いたことあります。

レスありがとうございました。

投稿: 海ton | 2011/01/24 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒月光 | トップページ | hollyの庭 »