« MY PC | トップページ | 菜園レポート…秋 »

2010/10/12

俳句の時間

毎度、第2土曜日は小さな句会の日です。

出席者7名で、当季雑詠3句、席題2句です

この日は公民館の会議室だったので、お隣の中国語講座がよく聴こえました。

pencilころげ行く月日雀は蛤に…ku5点

pencilおくるみを縫ふ待針の赤青黄…ki3点

pencil虫の夜の過去へ堕ちゆく眠りかな…3点

pencil日々好日青柚子たんと実をつけて…2点

pencil紅葉する墓との距離を濃く淡く…ki2点

pen名前のないのはhollyの句です。

《雀は蛤に》すずめははまぐりに…という季語、こんな言葉は俳句をやらない方には解りませんよね。俳句を作っている私にもよく解らない季語です。秋も深まり寒くなるとそれまでは賑やかに騒ぎまわっていた雀たちもじっとして動かなくなるところから《雀化して蛤となる》という季語になったそうです。

これは使い方も難しい季語ですが、kuさんは上手に使われています。「ころげ行く日々」というのは転げ落ちるの意味ではなく、毎日がころげていくように早く過ぎてしまうことよという詠嘆をこめた言葉と解釈しました。

席題…子、片、足、鏡

pencil鏡面にわれ歪みおり文化の日

pencil片恋のセピアとなれり秋扇

この日の席題で作った句です。

hollyは《鏡》を使うのがわりに好きで、心の中の屈折を表したいときによく使います。

片恋がセピアになるというのはいかにも甘くロマンチックな作り。季語の《秋扇》で救われています。

109            公民館前の花壇のベゴニア

我が家で1苗2苗植えるのとは違って見事ですね、このくらい豪勢に植えてみたいものだわ~

そういえば、去年のこの時期、公民館で野草を展示していた野草の会の方からいただいた白菊(売れ残っていたので、ただでいただいたんですよ)が庭で咲きだしました。

           浜菊という菊だそうです108

|

« MY PC | トップページ | 菜園レポート…秋 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

俳句に取り組んでいると季節感が一層鮮明に映し出されて素晴しいですね。日ごろはいくつものコメントを戴き有り難うございます。

投稿: ゴンタの菜園 | 2010/10/12 06:27

ゴンタの菜園さん

俳句を読んでくださってありがとうございますhappy01
俳句をはじめてから、まわりの草花にも気がつくようになって季節の移り変わりに敏感になりました。

投稿: ssilent-holly | 2010/10/12 09:37

silent-hollyさん、こんばんは。
さっそく遊びに来ました。
俳句アルバム拝見させて頂きました。
写真、そして俳句素敵ですね。w(゚o゚)w
俳句の出来る方は、感性が高く尊敬します。
また、遊びにきますね。

投稿: Rossy | 2010/10/13 00:11

Rossyさん

コメントありがとうございます
俳句はともかく写真がイマイチで…coldsweats01
もっと雰囲気のある写真にしたいです

投稿: silent-holly | 2010/10/13 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MY PC | トップページ | 菜園レポート…秋 »