« 台風とグラジオラス | トップページ | 14日 »

2010/08/13

スイスから

スイスに行っている弟から絵葉書が届きました。

ツェルマットというアルプス登山の入り口の町に3週間の予定で滞在してるんですが、去年はハガキ1枚よこさなかったのに…どうしたのかな?

 812_4

原因はだいたい想像がつくけどね

天候が悪くて、思うように登ることが出来ないため、彼は暇なんですよhappy01

暇だからツェルマットの町をぶらついて喫茶店で書いているようです。

マッターホルンやその近辺の山に登る人たちでツェルマットは7~8月は混みあいます。

その2ヶ月間が登山に最適な時期なので、日本からも登山目的の方たちが行っているようです。夏の間はツェルマットにあるホテルのうちの1軒に日本人のコンダクターがいてくれて、他のホテルに泊まっている日本人の面倒もみてくれるんですって

812_2 812_3

ツェルマットで雨が降ると山では雪が降っているのだそうで、4~5日は登山ができない状態になるらしいです。

夏の登山シーズンでも毎日登れるわけではないんですね

事故を防ぐために現地のガイドさんのOKがでなければ登れないんですって

日本ではさんざん登山して、ボルダリングという壁登りもやっている弟ですが、素人の域を出ませんから、アタックルートをリードしてくれるガイドさんなしでは登れません。

スイスのガイドさんは登山に来た人の体力や力量を判断してガイドを引き受けるんだそうです。

マッターホルンの絶壁を登る時には自分の身体と登山に来た人の身体をザイルで繋いで登るんですから、ガイドさんも自分の身の安全が確保できない相手のガイドは引き受けないそうです。

812_2  812_3

これはスイスの切手、TERMATTの消印も…

今朝、その弟から電話がありました。

声があんまりはっきり聞こえるので、思わず

「どこからかけてんの?」

「ツェルマットのホテル、今夜中の2時」

スイスからなのに、まるで市内からかけているようにはっきり聞こえるんだもの…もう成田に帰ってきたのかと思ったわcoldsweats01

「18日までだと登れそうもないから、滞在延ばすわ~」

「へ?」

そんなに簡単に…despair

「1回だけなら帰りの便、変更できるからさ、帰りの日決まったら連絡するからよろしくな」

… … あらら~なんてお気軽な~~

まあ、年々体力も衰えることだしね、ガイドさんに断られないうちに、ちゃっちゃと登っておいで~~~good

しっかし、最初の絵葉書で見る限り、マッターホルンってすごい絶壁じゃないの

こんな絶壁ほんとに登れんの~??

|

« 台風とグラジオラス | トップページ | 14日 »

MY DIARY」カテゴリの記事

コメント

あくまで登山者の都合に振り回される日本のガイド。
ほとんど素人で難しい山にトライしたり、二泊三日とスケジュールが限定されていたり。
そればかりが原因ではないでしょうが、事故が目立ちます。

スイスのガイドはあくまでガイド側の都合「安全確保」で行動します。
登山者が少しでも基準に達しなければ登らせません。
ましてや会社の休みのスケジュールなんて・・・

マッターホルンはウインパーが初登頂して書いた本が有名です。三中時代に夢中で読んでました。
観光写真用の峻険な側(いわゆるアルプス三大北壁)とは別に、かろうじて登れるコースが別にあります。
北壁の絶壁は相当に経験を積んだプロじゃないと無理です・・・

投稿: クロンシュタット | 2010/08/15 06:20

クロンシュタットさん

アルプスに詳しいんですね
現地でいっしょになった茨城の方が、時間切れで登れないまま帰国なさったとか…

弟もせっかく滞在を延ばしたのに、マッターホルンが雪で真っ白になってしまったそうです。

投稿: silent-holly | 2010/08/15 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風とグラジオラス | トップページ | 14日 »