« 6月の庭 | トップページ | グチです »

2010/07/06

夏季鍛錬句会

恒例の夏季鍛錬句会、今年は塩竈で行われました

句会の会場はマリンゲート、観光船乗船場が見渡せます。

桟橋には港祭でお神輿を乗せる御座船「龍鵬丸」が係留されていました。いつもはもう一艘「鳳凰丸」も係留されています。

74

12時30分まで3句出句、みなさん時間ぎりぎりまで句材を求めて吟行中のようです

74_2

鍛錬句会は1回目が終わるとすぐ2回目、20~30分後に2句出句、その後3回目もまた2句出句です。

午前中に吟行で見た風景や情景から句を作ります。吟行句会では当日詠んだ句をだすのが基本なので、前もって作っておくことはできません。

自由に吟行するので、神社へ行った方、観光船に乗った方、いろいろですが、だいたい同じものを見ているので同じような句になりがちです。

いかに人と違った切り取り方をするか、自分なりの見方ができるかが勝負です。

鍛錬句会は1句ずつの評はしないので、普通の句会1回分の時間で3回できます。時間が余れば最後にまとめて句評をします。

   ship         eye        ship                

塩竈では最近、本塩釜駅から桟橋へ向う道筋に《シオーモの小径》というものが整備されました。

《シオーモ》という言葉、ご存知ですか?

これは宮沢賢治の本にでてくる塩竈の賢治流の呼び名です。

岩手県はイーハトーブ、仙台はセンダートという名ででてきます。

Photo

ほかに斉藤茂吉の歌碑、北原白秋、若山牧水の歌碑もあります。

いづれも塩竈が詠みこまれた短歌が刻まれています。

74_3  74_4

この日のhollyの句

tulip氷旗翩翻渡船待合所

 船笛の朝より鳴れり半夏生

 黒南風や穴穿たれし茂吉歌碑

tulip船に積む新聞雑誌しゃぼん玉

 入港の遊船転舵夏鴎

cherry満ち潮の漣立ちて晩夏光

 ビーチサンダル脚しゅわしゅわと輝けり

cherryは6点、tulipは3点、他は1点ずつ入り、6点句は賞品をいただきましたhappy01

注:翩翻…へんぽん(旗などがひるがえる様)

  半夏生…はんげしょう(植物名、またそれが生い茂る時期か

  ら今年は7月2日がそれにあたる)

  黒南風…くろはえ(梅雨の時期に吹くしめった南風)

catfaceせっかく3点はいりましたが、4句めの季語《しゃぼん玉》は夏ではなく春の季語、これはhollyのミスです

  

pencil    eyeglass     think    beer     restaurant     happy02

句会の後のお楽しみは懇親会

句会場の1Fで海鮮料理でbeer…これが楽しい~

hollyは飲めないのでアルコール0%のbeerでお付き合い

俳句の話はもちろん、日常の話も言いたい放題で盛り上がりますよ~

|

« 6月の庭 | トップページ | グチです »

俳句」カテゴリの記事

コメント

鍛錬句会。名称からして恐ろしげです。
実は一時期までは「文筆」を生業にしようかと、淡い夢を持っていたのでした。
高校時代はミニコミを作っていたのです。
でも「鍛錬」仕切れなくて、しがないサラリーマンの人生です。

港祭りの催しで三中生徒のハットセ踊りがありました。
夏休みに入ったとたん体育館で毎日練習でした。
でも私は「英文暗唱大会」のための詰め込み特訓に絞られて、踊りは参加できませんでした。

投稿: クロンシュタット | 2010/07/07 06:01

クロンシュタットさん

小説家志望だったんですね
俳句もいいですよ~~

三中ではいまでも踊り参加してます。
今はハットセじゃなくて、よしこの踊りです。
父母会もあわせて、練習会があります。
参加人数がたりないと、その日、部活やってる野球部やバスケ部あたりも先生にひぱられてますよ~coldsweats01

投稿: silent-holly | 2010/07/08 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月の庭 | トップページ | グチです »