« ゴールデンスランバー | トップページ | 花 »

2010/04/11

4月の句会

土曜日は句会でした

お天気が良いので、午前中に山ほど洗濯をして外の物干し竿に干しました。いつもはベランダに干すんだけど、シーツなどの大物は庭の裏の物干し竿に干すと乾きが早いし気持ちイイ~~

…と主婦してたらもうお昼

パスタを作ってちゃっちゃと食べて~この時点で3句のうち2句しか完成してませんsad

ええ~い、ままよsign01と土壇場の俳句神降臨を期待してそのまま会場へGOdash

先月は5人と寂しかった句会ですが、今月はゲスト2人を含めて8人の句会

このくらいの人数だと活気があって、句評もいろいろ出て面白い。

本日の高点句

pencil春闌けて食卓にある万華鏡…ka

pencil心底の冥さうごかず春告鳥…imi

pencilつれづれや馬鈴薯の花失敬す…ka

pencil飛行機の置きゆく雲や麦青む…s

clover神官のこれはこれはと花見酒

   pen         eyeglass        book

万華鏡の句は「早春」でも「晩春」でもなく「春闌けて」がちょうどぴったり

春告鳥は鶯のこと、春を告げる鶯の声にも心の奥の暗闇は晴れないという、この作者ならではの感覚

馬鈴薯の花を失敬するとは…「失敬す」のきっぱりとした面白さ、男ぶりの句ですが作者は女性。この句は「つれづれや」か「つれづれの」かで議論。

普通に考えれば「つれづれに」が適当ですが、「に」は説明的意味合いが強い助詞なので避けたいところ。

説明的になると散文になってしまい俳句としてのリズム、韻律が立たなくなってしまう。ここが難しいところです。

「飛行機の置きゆく雲」つまり飛行機雲のことですが、私はこの言い回しは良しとしません。飛行機雲と簡潔に言いたい派です。この句の場合は季語「麦青む」とマッチしているとは思いますが…

cloverはhollyの句です。

ちょっと面白みを狙いましたが、この手はよくあるんですよねえ

ま、軽い句ということで…coldsweats01

最近hollyの句は素直になってきました。

すらりと形よく詠めるのですが、いまひとつ踏み込みが足りない、インパクトのない句です。

自分の中で迷いがあって低迷気味ですね。

    cherryblossom          cherryblossom           cherryblossom

桜の季節も近いことだし、お花見で気分転換して

       ☆頑張れholly~☆

|

« ゴールデンスランバー | トップページ | 花 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンスランバー | トップページ | 花 »