« 韓国の美をたどる旅イベントへ1 | トップページ | 俳句30句その2 »

2009/10/03

韓国の美をたどる旅イベントへ2

  いよいよ開幕、ほとんど定刻に始まりました

場内のライトが落とされ、韓国風の音楽が流れる中、ヨンジュンがセリで上がって登場しました。

45000人のファンの歓声と拍手が渦巻く中、ヨンジュンはゆっくりとお辞儀をして場内を見回します。

  heart01そのお辞儀の仕草の美しいこと…heart01

ヨンジュンの傍らにはなぜか石灯篭(石灯籠と一緒に競りあがってきてサマになるのはヨン様くらいだと今朝リポーターが言ってましたが、ほんとにそう~)happy01

ヨンジュンは最初に本の一節を、あの深く柔らかな潤いのある声で朗読してくれました。

朗読したのは著書のP257

  《月夜に照らされた弥勒寺跡の石塔》

韓国語だったので意味がわからなかったけど、だから石灯篭が出てきたわけね…

   もう~hollyの瞳はヨンジュンにくぎづけheart01

スクリーンに映し出される表情をひとつも見逃すまいと、45000人のeyeが彼に集中しているのがわかるくらい…

これだけの視線を浴びてヨンジュンは今どんなことを思っているのだろうとふとそんなことが私の頭をよぎります。

  moon3         night         moon3

司会は宮本アナとキム・テイさん

本の内容を紹介するコーナーでは岩山漆芸美術館のチョン・ヨンボク先生もグレイの韓服姿でお目見え。

「漆はかぶれるものなのに、ヨンジュンさんは俳優として手や顔についてしまってかぶれてしまったら困ると思われませんでしたか?」

という宮本アナの質問に

「先生は手袋もなさらずに素手で作業なさっているのに、自分が手袋をしようとは思わなかったし、かぶれることは怖くなかった」

とヨンジュンが答えたのが印象に残りました。

  Photo

次のコーナーでは韓国の服や踊りを紹介

韓服を着た踊り手たちが舞を披露、韓服の美しい色使いと見事な踊りに、写真が撮れないことが残念でした。

韓服デザイナーのイ・ヒョジェ先生登場

「アメリカにターシャ・テューダーがいて、日本に栗原はるみがいるなら、韓国にはイ・ヒョジェがいる」

とヨンジュンがその著書で紹介している、韓国の伝統文化を現代的にアレンジして生活全般に生かした暮らしを提唱、実践している女性。

本ではその生活観、暮らしぶりなどが紹介されています。

Photo_2Photo_3 

真っ白なたくさんの端切れを縫い合わせて作られたブラウスは《ヨン様》と名づけられています。

  heart           clover           heart

イベントで一番印象に残ったのはヨンジュンが日本語で書いてくれた手紙

  Photo_4

レトロなポストとともにせり上がってきたヨンジュン

      何か書き始めました…

 Photo_5

スクリーンに映し出されたヨンジュンの手は、正しい筆順でよどみなく一字一字丁寧に書きすすめます。

下書きもなしで、これだけ書くために彼はどれほどの時間を費やして練習したのでしょう。あらためて彼の誠実さを感じ、私たちのためにしてくれた努力に感激しました。

ヨンジュンは書き終えた手紙をポストに投函して、カジョクのもとへその心を届けてくれました。

     ☆        ☆         ☆

他には、韓国大使などの挨拶があり、韓国旅行が当たる抽選会がありました。ヨンジュンのサイン入り著書も10名のファンが当たりましたよ。

「韓国訪問の年」観光大使となったヨンジュンは、はからずもその役目を十二分に果たす結果となったわけです。

     ☆        ☆         ☆

一番楽しかったことは、キム・テイさんの提案でヨンジュンを驚かせることになったこと。

入場したとき渡されたポジャギの4隅を結んで小袋のようなものを作り、それをみんなで振りましょうというもの。

ヨンジュンがせりで上がってきても、静かにして声をだしてはだめですよ~

     し~~~

果たして、ヨンジュンがせりで上がって再び登場した時、会場は静まったまま…

スポットライトをあびたヨンジュンのあれ?という表情がスクリーンに映ります。

そして一斉に「ヨンジュンシー」の掛け声とともに45000の色とりどりのポジャギが振られました。

ヨンジュンはあのかわいい驚きの表情をして、それから最高の笑顔でゆっくりと場内を見回します。

感想を聞かれて「お花畑の中にいるようです」と言ってくれましたよ。

    ☆        ☆         ☆

最後のサプライズは、ヨンジュンが朝鮮王朝風の輿に乗ってドームを1周してくれたこと。

韓服を着た人たちに担がれた輿が煌びやかな従者たちを従えて、ゆっくりとアリーナ席とスタンドの間を進みます。

スクリーンにはヨンジュンの涙ぐむ姿が映し出されていました。

hollyは輿に乗ってくるなら韓服姿のヨンジュンが見たかったなあと贅沢なことを思ってしまいました。

思いっきりポジャギを振り、ペンライトを振り、手を振り、拍手をし、ため息を洩らした3時間でしたhappy02

16:00~18:00の予定でしたが、ヨンジュンが最後の挨拶を終えたのは19:00をとっくに過ぎていました。

私たちカジョクにとっては嬉しかったけれど、ヨンジュンはとっても疲れたんじゃないかな…

体調が悪いのに頑張って、最後まで素敵な笑顔をみせてくれてありがとうヨンジュンheart04

|

« 韓国の美をたどる旅イベントへ1 | トップページ | 俳句30句その2 »

BYJ」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。hollyさんとあの日同じものを見て同じものを感じて、同じ空気を吸って
(笑)いたのですね^^。もちろんヨンジュンもいっしょ!会場がひとつになっていましたよね。胸がいっぱいになって帰ってきました。                   帰りの新幹線は家族で賑やか、皆様パワフル!私達はエネルギー使い果たして半分寝てましたけど・・。仙台止まりの電車なので仙台近辺の家族でしょうか、福島で降りる時にみんなで手を振って下さいました。家族ってバレバレだったのね~。

投稿: tantan | 2009/10/04 13:50

とっても感動的なイベントでしたね~♪
私もホリーさんと同じく、ヨンジュナが韓服でお色直ししてくるのでは・・して欲しい!って願ってました(笑)
聞くところによると、30日のイベントは一部ヨンジュナの演出だとか・・朗読やお手紙も彼の発案なのかな?
今日にも再検査するらしいので、相当無理してたんですね^^。
ホントゆっくり静養して欲しいです。

投稿: yukien | 2009/10/05 16:21

hollyさんこんばんは~
先日はホントにお世話になりましたhappy01
これ記憶だけでの文章ですか?
スゴイですsign03
もちろん全部覚えてるけど、私にはこんなにきちんと順番に文章に出来る文才ないですgawk
それにいまだにあれは夢だったような、実感がわかなくて・・・・・
せめて輿じゃなくて気球だったら、小さくても肉眼でお顔を見られたら
も少し感動が湧いてたのかも・・・coldsweats01
でもがんばってくれたヨンヨンとの時間、大切な思い出だねconfident

投稿: yappy | 2009/10/05 23:53

hollyさんこんにちは。

私は、29日のイベントのみでしたが
30日も楽しそうでしたね。
本はまだ買おうか迷っていますが、
なんだか欲しくなりました。

じっくりと読んでみたい気分に
なりましたよ。
何しろ、私はDSのソフト
を買ってしまいました。
【まだ未開封・・】
お金が無いと言いながら、買ってしまう
パボは私です。。。

投稿: きんた | 2009/10/06 09:56

tantanさん

私はtantanさんより1便前の新幹線で帰りました。
やっぱりカジョクと思しき方たちが乗ってましたね。

イベントであんなに素敵な笑顔を見せてくれたのに、無理してたんですねえ

ゆっくり休養して元気になって欲しいですね

投稿: silent-holly | 2009/10/06 23:11

yukienさん

手紙や朗読、ほんとうに彼のアイデアかもしれませんね。

それにしても、私たちの思いはヨンジュンに元気もあげられるけど、思いの深さがヨンジュンの負担にもなってるのかも…

諸刃の剣だというジレンマがありますね。

早く元気になって…とは言いません。
ゆっくり、十分休養して、恋人作っちゃってくださいcoldsweats01
あ、恋人は言い過ぎたかも~

投稿: silent-holly | 2009/10/06 23:35

yappyさん

あの時間をヨンジュンと過ごせたことが大切な思い出になるんだと思うよ

あの時まっすぐに自分とヨンジュンが繋がっているという感覚を45000人が感じていたんじゃないかな…

ちょっと大袈裟な言い方ですけどcoldsweats01

投稿: silent-holly | 2009/10/06 23:42

きんたさん

DSのソフト、いいなあhappy01

ウラヤマ~ですよ

本は真面目で真摯な本です。
丁寧に書かれていて、時間をかけてじっくりと読んで、ヨンジュンの文章を味わいたいです。

happy02新大久保でもグッズ買っちゃって、パボなのは私も同じよ~coldsweats01

投稿: silent-holly | 2009/10/06 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国の美をたどる旅イベントへ1 | トップページ | 俳句30句その2 »