« 本日、私、低気圧 | トップページ | ジェイ・チョウ♪ »

2009/09/10

西の魔女が死んだ

        西の魔女が死んだ

      このタイトルが素敵でしょ?

  梨木香歩さんのベストセラー本の映画化です

   Photo

cloverあらすじ

中学に進んでまもない夏の初めに、学校へ行けなくなったまいは、森で暮らす"西の魔女"のもとで過ごすことになった。
西の魔女とはまいのママのママ、大好きなおばあちゃんから、「早寝早起き、食事をしっかりとって、よく運動すること」が、どんなに大事かを教わる。まいは戸惑いながらも、料理、掃除、洗濯、庭づくり・・・と、日々励んでいくが、実はその生活は、"魔女修行"の始まりだった。

おばあちゃん役はシャーリー・マクレーンの娘サチ・パーカーが演じています。

子供の頃に日本で暮していたので日本語ができますが、何よりもその雰囲気、やさしい慈愛に満ちた笑顔が適役です。

まや役は高橋真悠、多感な少女役を自然体で演じています。

   Photo_2

ただのかわいい女の子じゃなくて、生きていくのにまだ不器用な女の子のぶっきらぼうな視線がよくでていました。

ワイルドストロベリーでジャムを作るシーンや清里の自然がふんだんにでてくるシーンは、なつかしさを覚えます。

  Message011

魔女になるには、何でも自分で決める ことが大事。

変わっていくことを恐れてはだめ、変化を前もってわかっていたらいいのにというまいに「わかっていたらつまらない、変化を楽しまなくちゃ」と言う西の魔女おばあちゃんの言葉は私の心にも響きました。

まいは自然の中の生活とおばあちゃんの温かさに触れて、自分の道へ戻ることが出来ます。

映画を見たあとで、《赤毛のアン》を読んだときと同じような気分になりました。

柔らかくて優しい《西の魔女》の言葉に触れたからでしょうか

  Message021

|

« 本日、私、低気圧 | トップページ | ジェイ・チョウ♪ »

映画、テレビ、アニメ、」カテゴリの記事

コメント

hollyさんこんばんは~
先日は失礼しました
この子仙台の子ですよね
映画見てないけど、そこだけ反応してました

投稿: yappy | 2009/09/10 23:34

なんか、いい映画ですね~

見たくなりました。

話が変わりますが、壺の碑全国俳句大会募集していましたね。
投稿はしませんでしたか?

投稿: ひー | 2009/09/11 07:51

hollyさん~
今日はこちらは肌寒いですよsweat01
そちらはいかがですか?

この本読みましたよ~heart04
昔?なら、当たり前にお母さんから娘が習っていること・・・
母から教えてもらうで、優しさやあたたかさも教えてもらっていたのかもしれないな~って感じたりしました。

画面で見るとまた原作と違った趣があるかもしれませんね~happy01

投稿: ひな | 2009/09/12 17:43

yappyさん

高橋真悠って、仙台の子なんですか

知らなかった~

この映画、自然や生活ぶりを見るだけでもいい感じですよ

投稿: silent-holly | 2009/09/13 17:26

ひーさん

原作を読んでる方も多いですね。

こういう自然な暮らしに憧れてるので、それを見るだけでも楽しいです。

「壷の碑」俳句大会、毎年応募していますよ。
当日詠のために、あのあたりを散策するのも楽しみです。

投稿: silent-holly | 2009/09/13 17:29

ひなさん

すっかり秋の気配ですね。

こういう自然が美しい映画はそれだけでも楽しめます。

おばあちゃんの暮らしぶりもステキhappy01

ゆったりした優しい時間が流れてました。

投稿: silent-holly | 2009/09/13 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日、私、低気圧 | トップページ | ジェイ・チョウ♪ »