« 7月の庭 | トップページ | 茗荷とトマト »

2009/08/02

俵万智の短歌

 この坂を越えれば海へ続く道

              黄色の信号するりと抜ける

  B

花屋からもらったカレンダーには、短歌作家《俵万智》の歌が載っています。

小さめのカレンダーなのでトイレに飾ってますが、毎月ステキな花と短歌が載っていてカレンダーを捲るのが楽しみです。

   clover~俵万智さんといえば~clover

1987年に出版された第一歌集《サラダ記念日》がベストセラーになり話題を呼んだ短歌作家です。

福井県で育ち、早稲田大学時代に佐佐木幸綱の授業をうけたのが縁で短歌を始め、神奈川県橋本高校勤務時代、1986年に「8月の朝」で角川短歌賞を受賞しました。

現在は1児の母となられ、仙台にお住まいです。

     clover       cherry        clover

私が万智さんを知ったのも《サラダ記念日》が始めでした。

tulip「この味がいいね」と君が言ったから

                    7月6日はサラダ記念日

こんなかわいい短歌をつくる人がいるんだ~と、それまでの短歌の対する認識が変わりました。

短歌というと叙情的なものが多く、現代的な短歌は前衛的で難解という感じをもっていましたが、俵万智の歌を受け入れる柔軟性がある世界なのだと妙に感心して、時々短歌集を読むようになりました。

「サラダ記念日」はキラキラした若さが溢れた瑞々しい歌ばかりです。

若い女性の恋と日常が、普段の言葉で、しかし万智さんによって選び抜かれた言葉で歌われています。

   Photo

       「8月の朝」の章が好き

clover吾をさらいエンジンかけた

            八月の朝をあなたは覚えているか

cloverまだあるか信じたいもの欲しいもの

               砂地に並んで寝そべっている

clover左手で吾の指ひとつひとつずつ

                さぐる仕草は愛かもしれず

clover君を待つ土曜日なりき

           待つという時間を食べて女は生きる

clover「じゃあな」という言葉いつもと変わらぬに

                  何か違っている水曜日

clover同じもの見つめていしに吾と君の

                何かが終ってゆく昼下がり

clover君を待つことなくなりて

              快晴の土曜も雨の火曜も同じ

      shine                   yacht                    shine

こんなふうに、恋する感覚が素直に歌われていて、

     《やってくれるじゃないの~》と思ってしまいました。

今、読み返してみると昔の日記を読むようで不思議なかんじがします。

cherry こ~んな時代が確かに私にもありましたっけねえ~

             みなさんにもあったでしょ?

            01120021

 

  

|

« 7月の庭 | トップページ | 茗荷とトマト »

詩、小説、エッセイ」カテゴリの記事

コメント

サラダ記念日・・・流行ましたね。
本は読まずじまいでしたが。

どうせなら、昔の日記を発表しましょう。

投稿: ひー | 2009/08/03 20:18

hollyさんこんばんは~
短歌や俳句に全く興味のない私ですが
「サラダ記念日」は立ち読みしました(←立ち読みかよbleah
一つだけ覚えているのが
「寒いねと話しかければ寒いねと
         答える君のいる温かさ」
当時の私はこれでウルウルしちゃったけ・・・confident

投稿: yappy | 2009/08/03 23:22

ひーさん

昔の日記公開なんて…
とんでもな~いshock

しょっぱい思い出満載でとてもお見せできませんわ~coldsweats01

投稿: silent-holly | 2009/08/04 11:38

yappyさん

やっぱり乙女心をくすぐる短歌でしたよね
これ1冊しか買いませんでしたが、あとは図書館で読んでます。

俵万智さんは去年「せんくら」でトークショーなさってましたよhappy01

投稿: silent-holly | 2009/08/04 11:41

私も俵万智さんの歌が好きでした。
読んでビンビン心に響いたあの頃の感性が薄
れてきてちょっと(とても)残念です

「サラダ記念日」を買ってきたのは夫だったような。
その本は娘の本棚に収まりました。

俵万智さんは娘の家の近くに住んでいます。

ある時 横断歩道ですれ違って思わず
「こんにちは」と言ってしまったそうです。
知人でも友達でもないのに 
本を読んでいて身近に感じていたのでしょうね、娘は。

投稿: | 2009/08/05 22:44

はじめまして、でしょうか?
時々お邪魔してはいましたので・・・

実は、私も佐佐木幸綱先生の授業を受けました。
どのような方向であれ、表現者であることにあこがれていた頃でした。
残念ながら、しがない親父と成り果てて?しまいましたが。

あの頃の記憶は私もしょっぱすぎて、この年になっても折り合いが付きません。

投稿: クロンシュタット | 2009/08/06 06:12

林さん
万智さんと街で偶然会ったりしたら素敵ですね。
万智さんはお子さんのことや日々の生活のことなども短歌にしています。

投稿: silent-holly | 2009/08/06 21:08

クロンシュタットさん、ようこそ~
見てくださっていたとは嬉しいですhappy01

佐佐木幸綱先生の授業を…いいですねえ
素敵な先生との出会いは人生にとって大事なことですね。

しがない親父?…そう言いながらもなかなかなダンディぶりが伝わってきますよ。

しょっぱい思い出っていつまでの風化しないのでしょうかねえ…weep

投稿: silent-holly | 2009/08/06 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月の庭 | トップページ | 茗荷とトマト »