« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/31

夏の終りに

   今夜はtyphoonrain台風が近づいてきています

太平洋上を北上中だとか…

一気に気温も下がり、肌寒いどころではありませんね

出しっぱなしの扇風機が空々しいこと…

庭の凌霄花(のうぜんかずら)の最後の花も今夜散ってしまうでしょうね

 81

このところ、母の心配をしてくださる方々からお電話をいただくようになりました。

母のところへ電話して話をしているうちに心配になって私のところへも連絡をくださるのです。

毎日みている私たちはそれほど感じていないのに、母は傍目にはけっこうな病人に見えるようです。

鬱気味のときの母はか細い声で話すのでなおさら…

でも、dogの散歩にも行ってますし、炊事もやってますから、大丈夫ですよ~

とは言うものの、やはり年齢が年齢、定期的に診察していただくほうが安心ですね。

心配してくださる方がいるのは、幸せなことです。

  830

        昨日咲いたギボウシ

夏の初めに咲いていたのとは少し違っているみたい

  downwardright これが7月のギボウシです

  711

| | コメント (0)

パコと魔法の絵本

         パコと魔法の絵本

  5441

 不思議な映画だなあ~というのが第一印象

実写なのにアニメっぽいのは登場人物がデフォルメされているからか?

もとは舞台劇といわれれば、なるほどそんなテイストでした。

全編舞台的に誇張されて、物語自体が絵本っぽい。

デフォルメされすぎてて、誰が誰だかわからないので、エンドロールには役名付きの出演者リストを出してほしかったなあ

一番わからなかったのは、妻夫木と小池。

実は医者役の上川も分らなくて、香川照之かと思ってみてました。

cloverあらすじ

昔々、大人の俳優に脱皮できなかった元有名子役や、消防車にひかれたまぬけな消防士など、患者だけでなく医者や看護師も変わり者ばかりが集まる病院があった。中でも一代で自分の会社を築いた超ワガママ老人の大貫(役所広司)は、一番の嫌われ者。ある日大貫は、1日しか記憶を保てない少女パコ(アヤカ・ウィルソン)に出会う。

パコは毎日「ガマ王子とザリガニ魔人」という絵本を読む。亡くなった母親からの「毎日読んでね」というメッセージが書いてあるから…

病院のサマークリスマスに大貫はパコのために絵本を劇にして上演しようとする。

かわいいパコちゃんが読む

「ゲーロゲロ、王子はお腹がへったぞよ」が気に入りましたhappy01

| | コメント (0)

2009/08/30

お鍋を買いに

       お鍋を買いにイオンへ行きました

  829

うちの近辺では一番大きなイオン、利府ジャスコです

お鍋ひとつでもなかなか適当な大きさのものがみつかりません。

カレーやシチューに使っていた大きめの鍋ですが、先日、母に鍋ごと持って行ったら焦がされてしまって、お詫びにお鍋代が返ってきました。

イオンでまず立ち寄るところは、本屋さんと楽器屋さん

本屋で「愛してるっ韓国ドラマ」をちょっと覗きます

5月30日の《BYJ仙台オフ会》で編集長のカン・ヒボン氏が約束してくださってたことが、ちゃんと編集長日記に載っていました。

次は楽器屋で楽譜を探します

《M》を弾きたいと思ってさがしましたが、今流行の曲が何曲も載っている楽譜が多く、難易度が低いのは良いのですが、もうひとつ面白みがありません。

そこで、1曲だけのピアノピースを見つけましたがお値段は手頃ですが難易度がチョイ高め…でもこれに決めました。

そこで、くたびれて一休み~なかなか鍋に行き着けないね~

    和風の甘味処「かんながら」で

 829_4

        私はミニ抹茶パフェ

 829_5

       Rくんはチョコパフェ

《かんながら》には\1800のジャンボパフェがあるのですが、さすがに2人では…

店内に入ったらおばさま4人組がジャンボパフェに挑戦中でした。

私の抹茶パフェ、下にコーンフレイクが入ってて抹茶アイスと生クリーム…これなら自分でつくれるわ~っていうお味でした。

……なかなか鍋に行き着いておりませんが、結論から言いますと、お鍋は買いませんでした。

素材、形も気に入ったものがありましたが、大きさがちょっと~

まあ、あわてて買わなくてももう少し探してからせめて満足度85%以上のお鍋を買おう(満足してないと使わなくなっちゃうので)

  829_7

  もうハロウィンキャラクターが並んでました

若い子やヤンママはイベントごとがお好きなんですね

幼児用のハロウィン衣装まであります、ワンちゃん用もあるんですよ

     ☆ま、楽しいことはいいことだ☆

| | コメント (2)

2009/08/29

HAPPYBIRTHDAY

  HAPPYBIRTHDAYheart01YONGJOON

これからの1年が

     あなたにとって幸せな1年でありますように

  Photo

hollyの大好きなheart01YONGJOONheart04を集めてみました

ヨンジュンのお誕生日に合わせて

          かわいいheart01ジュンベアが届きました

  829

ヨンジュンのヘアスタイルと同じに髪を後ろで結んでいます。

  829_2

 スーツの裏側には2009.8.29の日付のタグが…

  829_3

では、ヨンジュンの好きなワインで

      ジュンベアくんと《happybirthday~♪

      829_4

続きを読む "HAPPYBIRTHDAY"

| | コメント (5)

20世紀少年

  先週、今週と《20世紀少年》を観ました。

先週の第1章はなかなか面白かった~happy01

達者な俳優さんたちが頑張ってて、ストーリーも展開が楽しめました。

トモダチの覆面姿と最後に出てきたお粗末なロボットっぽいものはマンガだったけど…

原作がマンガの作品の弱みはそこですね。

映画化で実写化されると、マンガでは成立していたものがひどく陳腐に見えてきます。

   20世紀少年

cloverあらすじ
ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その後、仲間の1人だったドンキーが殺され、事件の謎を解こうとケンヂは立ち上がる。しかし、「ともだち」によって、テロリストの汚名を着せられてしまい…。

今週の第2章は、ケンヂの姪カンナが主人公になっていて、日本は「ともだち」に支配されている設定。

まあ展開としては、元気のいい女の子がでてきて何やら妙な能力もあり…ですが、今ひとつ面白さに欠ける。

大体、世界の滅亡とやらを企む「ともだち」像が納得いかない。

ここが難しいところで、「ともだち」に現実味を持たせるには過去のいきさつを詳しく描かないとだめだけど、そうすると正体の見当がつき易い。

私は正体が分っても楽しめますけど…

さて、最終章はどうなるの?

あれよあれよの展開で都合よくお終い~っていうのはナシでお願いしますね。

| | コメント (2)

2009/08/28

やっと…

  やっと、庭のレンガスペースが出来ました

  827

     前より少しだけ広げてみました。

レンガを買い足しましたが、同じ色がなくて少し色が違ったので、模様的に配置してみました。

こういう材料は一気に買っておかないと、全く同じものはなかなか見つかりません。

毎年少しずつ買い足せばいいのでしょうが、3年もたっているので定番でも微妙に色が違ってきてます。

  827_2

レンガの隙間をうめる白いジャリも新しくしたので、明るい印象になりました。

あの、いや~なゼニゴケも一掃できたし、さて、秋は何を植えましょうか…

| | コメント (4)

2009/08/27

俳句・夏の果

     Photo_2

         蹠に引潮強き夏の果

季語…夏の果、夏の終りを表す季語です。

踝(くるぶし)まで波につかるくらいの波打ち際に立っているのは気持ちの良いものです。蹠(あしうら)に感じる湿った砂、波が引くときに砂が持っていかれる感触の意外な強さに驚かされます。

身体の一部分に普通は感じることのない感触を感じたときに、人は思いもよらない隠された感情を触発されることがあるものです。

その一瞬にこの夏の思い出が、あるいは遠い夏の思い出がふと胸を去来します。

   

| | コメント (0)

2009/08/24

韓ドラ視聴中

  やっと「タルジャの春」を見終わりました。

22話見るのに3週間くらいかかりましたcoldsweats01

最近MYLOVERになったキム・ジェウクが出演してるというので見始めましたが、主役のイ・ミンギの友人役でちょっと出てるだけ。

でも、このドラマなかなか面白くて最後まで見ちゃいました。

   67_11

      タルジャとテボンのカップル

タルジャ役のチェリムはかわいい女優さんです。

33歳の仕事オンリー恋愛経験なしのかわいい女性を演じてます。

テボン役のイ・ミンギは人気の若手俳優。

タルジャより6歳年下の弁護士をやめて弁当屋をやりたい青年の役。

イ・ミンギのやんちゃな眼差しはなかなかheart01

韓国ドラマを見てると、お祖母ちゃんがよくでてきますが、ラブコメに出てくるお祖母ちゃんたちはパワフルで面白いsign01

タルジャのお祖母さんもパワフルでかわいく、ほろっとさせてくれます。

  shine            shine              shine

ところでこのドラマ、ヨンジュンドラマで見た女優さんが2人でてました。

1人はイ・ヘヨン…「PaPa」「初恋」に出てました。

初恋ではチャニョクに尽くすシンジャ役、この役でKBS演技大賞女性新人賞をもらっています。

「タルジャの春」では通販会社のキャスター、大人ないい女を演じています。

2人めはヤン・ヒギョン…「愛の群像」に出てました。

ジェホの親戚、韓国式家屋に一緒に住んでいるおばさん役。

「タルジャの春」ではタルジャの上司役、相変わらずの貫禄でした。

heart01ラブコメのお好きな方にはお薦めです

| | コメント (0)

2009/08/23

グラジオラス

  庭のグラジオラスが咲きました

去年は淡いピンク系しか咲きませんでしたが、

今年は白、黄色、赤系と咲いてくれました。

815_2 813  

    一番パリッと咲いてくれた黄色と白の花

    

     815_3

813_4 813_5

昨日咲いた白いグラジオラス、よく見ると下のほうは薄桃色、上のほうの蕾は薄緑色です。

咲き始めは白でだんだん薄桃色になるようです

     822_2

   

| | コメント (6)

2009/08/22

今日の夕ごはん

   昨日はムシムシした1日でしたね

      今日は

    822

    822_2

       こんな空模様でした

   今日も菜園の野菜がたくさん採れました

  822_4

       いんげんはおひたしに

  822_5

      トマトとキュウリはサタダに

  822_6

キュウリとタマネギをスライスして春雨、人参、きくらげ、ハム入りの中華風和え物とサラダにしました。

  822_7

    メインは鮪、タコ、サンマのお刺身

    キュウリと大根の糠漬けは頂き物

  822_8

この自家製のミョウガを食べるために、我が家の味噌汁はこのところず~っとミョウガ入りです。

   

  

| | コメント (2)

2009/08/20

男って…

     男って生き物はまったく~

男3人と暮しているhollyは

           3日に1度はこんなため息をつきます

Holly-gardenへおいでくださる男性諸氏には失礼ながら、男ってどうしてこんなに世話がやけるんでしょ

手がかかるだけならまだしも、どうしてこうも無神経にカチンimpactとくることばかり言うかなあ~

世間とは折り合いつけることも、私とは折り合いつける気がないのよねpout

 ああ~男のいない世界へ行きた~~~いsign03

    …というわけで、こんな時には

  Photo

冷た~いビールでもグイッと…ってholly、あんたお酒は飲めなかったんじゃなかった?

      はい、飲めませんよ~

  Photo_2

こちら、《KIRIN・FREE》アルコール0.00%

  ノンアルコールビールでございます

 ちゃんとほろ苦いビールのお味がします

なかなか美味しくて、しかもビール飲んでる気分がするholly的にはスグレモノです。

  bar        beer         wine

ちなみに、男のいない世界といっても、ヨンジュンとジェウクは別枠ですからねcoldsweats01

    好みのいい男たちと飲むならこちら

  Photo_3

      こんなカクテルはいかが?

左がフローズンストロベリーダイキリ…

ダイキリはラム酒とライムジュースだけのカクテルでキューバの鉱山で飲まれるようになったお酒だとか。

フローズンダイキリは文豪ヘミングウエイがお好みだったそうです。

それにストロベリーを加えた女性向きの美味しい冷たいカクテルです。

右はスプモーニ…

イタリアのお酒カンパリとグレープフルーツジュースのカクテルです。

家庭でも簡単に出来るし、カンパリの量を減らせば私にも飲めるカクテルです。

| | コメント (4)

菜園ライフ

  我が家の菜園はシソが伸び放題

ピーマンも、ししとうも、ナスもシソの葉に埋もれております。

そこで、シソを思い切り引っこ抜き、いくらかさっぱり

    626

   ムシ食いのシソ…今年はあまり食われてないです

    626_2

        ミョウガ…毎年持て余してます

       84

       トマトもムシに食われたのは1コだけ

       820

今日、2日ぶりに畑を見に行ったら、こ~んなに太くなったキュウリが何本もぶら下がってました。

まだ食べごろには早かったので採らずにおいたかわいいキュウリが、中年おばちゃんキュウリになってましたhappy02

  820_2

   このキュウリどうやって食べようかなあ

 816_3 816_6

 ベランダのヘチマくん           新しいゴーヤのあかちゃん

    ヘチマの花って大きい~南国の花みたい~

    820_4

  

| | コメント (1)

2009/08/16

怠け者の…

怠け者の節句働き…と言いますが

         まさに今日のhollyはそのとおりでした

「どうしてお盆の16日にやるかなあ~」と言われつつ、

思い立ったが吉日とばかりに…

  64

この玄関前のタイルを敷き直すことにしました。

タイルの間の白いジャリから雑草が生えてきて、気になっていたんですが、お天気がraincloudのため延び延びになっていたのです。

午前中はKくんが手伝ってくれるというので、まずはタイルはがしから…

  816_4

  816_5

タイルをはがして白いジャリを取り除き地面をならしてから除草剤を撒きました。

  816_13

取り除いた白いジャリはフルイにかけて、細かいジャリや土を取り除きざっと水洗いします。

2~3日このままにして、タイルも洗って乾燥させてから敷き直します。

タイルはデッキブラシでごしごし擦らないとダメですねえ

お盆休みも終って助っ人がいなくなってしまうので、これはなかなか大変そう~catface

  think タイルを何枚か買い足そうかと思案中 think

  

| | コメント (4)

2009/08/15

俳句・8月15日

   Photo

          海鳴りのむこう8月15日

8月15日は終戦記念日です。終戦日、敗戦日として夏の季語になっています。

この季節、波が荒くなってきて人気の少なくなった海を眺めていると、この海は沖縄へも、遥か彼方の南の海へも繋がっているのだなあと思います。

海鳴りの彼方から海神(わだつみ)の声が聞こえてくるようです。

         フォトは沖縄の海です

| | コメント (8)

2009/08/14

お盆です

 お盆にはお墓参り…というわけで

         hollyも本日行ってまいりました

うちの実家のお墓は会津若松なのですが、祖母の実家がある松島にもお墓を建てて分骨してあるので、そちらでお参りをすませます。

松島は観光地なので、この時期は道路も混んでます。

15,16日は花火大会、灯篭流しがあるので大混雑

いつも早めにお参りに行きます

   13745313v12500073581

         観光船桟橋付近

   13813229v12500973941

 福浦橋…子供の頃この橋を渡って潮干狩りに行きました

うちのお墓のあるお寺は瑞巌寺のすぐそば、今日もたくさんの観光客で賑わっていました。

        Dvc00022_2

      この階段の上にお墓があります

      海が見えて気持ちがいい所です

瑞巌寺は有名なお寺ですが、だいぶ前に行ったきりでもう記憶も曖昧です。杉並木の参道が素敵、周りの岩壁に修行のために掘った岩穴があり、鬱蒼としています。

日本三景なのにあまりに身近なのでhollyはついその素晴らしさを過小評価してしまいます。 

松島湾を船で巡り、様々な小島を見て周るのは楽しいし、夏は海風が気持ちいいですよ。

船の周りを飛び回るカモメにエサをやることもできます。

       観光船の船尾からの眺め

   Naru251

  

| | コメント (6)

2009/08/11

俳句・のうぜんかずら

     Photo

       歔欷籠めて闇の重さよ凌霄花

夏の季語…凌霄花はのうぜんかずらですが、俳句では長い花の名は省略される場合もあります。

歔欷(きょき)は泣くことです。どこからか洩れてくる嗚咽が夏の夜の闇を湿った重いものにしています。

夏の薄闇に浮かび上がったのうぜんかずらの朱色が艶やかになまめかしさを増しているようです。

  clover           clover           clover

一読、なまめかしささえ感じられる句ですが、発想は違うところからきています。

歔欷という普段は使われないような表現は、司馬遼太郎の小説「燃えよ剣」に出てきます。

土方歳三が伏見の戦い後、大阪城から将軍が江戸へ逃げ帰った事実を知らされた時の情景にでてきます。

自分の青春を賭けた新撰組の崩壊とともに、自分の青春時代の終わりを感じ取って自室で泣くシーン「歳三の歔欷はやまない」と短く記述されています。

土方はどんなふうに泣いたのでしょう…想像して興味が湧きました。

| | コメント (0)

2009/08/09

天はゴーヤを見放したのか?

  順調に育っていたゴーヤに

              忍び寄る魔の手…それはrain

    昨日の朝のこと、ふとベランダを見ると…shock  

    88

       なんという事でしょう~~~~crying

      さらに今朝はこんなことになってました

        88_3

        元気だった一番大きなゴーヤも 

     725

                

         88_4  

       wobbly      weep      catface     crying

       去年も《涙のゴーヤくん》だったけど、

        今年も《号泣のゴーヤ兄弟》だわ 

             (´・ω・`)ショボーン

        早くsun sun sun な夏日が来て欲しい~

| | コメント (6)

2009/08/08

七夕祭

    仙台七夕は8月6日~8日まで

5日は前夜祭で広瀬河畔で花火大会があります

3日間のうち1日は雨rainになることが多いのですが…

    今年もやはり~今日7日はrain

でも、繁華街はアーケードがあるので七夕飾りも濡れません

   Photo

   Photo_2

   この飾りは今年個人賞金賞に輝いた

    鐘崎かまぼこ店の七夕飾りです

Tanabata2007_052s1 Tanabata2007_027s1

        031  

仙台七夕の竹飾りには必ず飾られる決まり物があります

Photo_3 Photo_4 Photo_5  

   千羽鶴        短冊         投網 

Photo_6 Photo_7 Photo_8

    紙衣         屑篭         巾着   

  Photo_10   

 downwardleft吹流し…これが今の七夕飾りの

     色とりどりの豪華な吹流しの

     原型なんですね

続きを読む "七夕祭"

| | コメント (0)

2009/08/06

広島

Genbaku81

    広島はヒロシマとして灼けてをり

8月6日は広島に原子爆弾が投下された日です

毎年行われる慰霊祭をTVで見ていると、この記憶を風化させてはいけないと思います。

正午に行われる慰霊祭の始まるのを待つ人々、炎天下身じろぎもしない喪服の老婆、しんと静まえりかえった時間

広島県広島市…普段は何の抵抗もなくそう呼べるのに

 この日だけは世界のヒロシマ

        HIROSIMAになるのです。

季語は「灼ける」

8月6日、原爆忌ともいいますが、直接的な季語は避けました

| | コメント (6)

茗荷とトマト

  きょうはsunよくなってくました

ほったらかしだった茗荷ですが…

         今朝みたらけっこう出てました

86

もう花が咲いてるものもありました

86_2

     hollyは茗荷大好きです

味噌汁、おすまし、つけもの、冷奴、薬味としてもよく食べています。

84

続きを読む "茗荷とトマト"

| | コメント (4)

2009/08/02

俵万智の短歌

 この坂を越えれば海へ続く道

              黄色の信号するりと抜ける

  B

花屋からもらったカレンダーには、短歌作家《俵万智》の歌が載っています。

小さめのカレンダーなのでトイレに飾ってますが、毎月ステキな花と短歌が載っていてカレンダーを捲るのが楽しみです。

   clover~俵万智さんといえば~clover

1987年に出版された第一歌集《サラダ記念日》がベストセラーになり話題を呼んだ短歌作家です。

福井県で育ち、早稲田大学時代に佐佐木幸綱の授業をうけたのが縁で短歌を始め、神奈川県橋本高校勤務時代、1986年に「8月の朝」で角川短歌賞を受賞しました。

現在は1児の母となられ、仙台にお住まいです。

     clover       cherry        clover

私が万智さんを知ったのも《サラダ記念日》が始めでした。

tulip「この味がいいね」と君が言ったから

                    7月6日はサラダ記念日

こんなかわいい短歌をつくる人がいるんだ~と、それまでの短歌の対する認識が変わりました。

短歌というと叙情的なものが多く、現代的な短歌は前衛的で難解という感じをもっていましたが、俵万智の歌を受け入れる柔軟性がある世界なのだと妙に感心して、時々短歌集を読むようになりました。

「サラダ記念日」はキラキラした若さが溢れた瑞々しい歌ばかりです。

若い女性の恋と日常が、普段の言葉で、しかし万智さんによって選び抜かれた言葉で歌われています。

   Photo

       「8月の朝」の章が好き

clover吾をさらいエンジンかけた

            八月の朝をあなたは覚えているか

cloverまだあるか信じたいもの欲しいもの

               砂地に並んで寝そべっている

clover左手で吾の指ひとつひとつずつ

                さぐる仕草は愛かもしれず

clover君を待つ土曜日なりき

           待つという時間を食べて女は生きる

clover「じゃあな」という言葉いつもと変わらぬに

                  何か違っている水曜日

clover同じもの見つめていしに吾と君の

                何かが終ってゆく昼下がり

clover君を待つことなくなりて

              快晴の土曜も雨の火曜も同じ

      shine                   yacht                    shine

こんなふうに、恋する感覚が素直に歌われていて、

     《やってくれるじゃないの~》と思ってしまいました。

今、読み返してみると昔の日記を読むようで不思議なかんじがします。

cherry こ~んな時代が確かに私にもありましたっけねえ~

             みなさんにもあったでしょ?

            01120021

 

  

| | コメント (8)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »