« BSー20周年 | トップページ | 吊り飾り »

2009/05/17

法事で鮎川へ

16日の土曜日、プーさんの実家で法事がありました。

プーさんの両親の13回忌です。

お義母さんが5月、お義父さんが9月、同じ年に亡くなっています。

鮎川での10時からのご法事に間に合うように、2時間かかるとみて朝7時50分に出発car

利府中インターから石巻港インターまで高速で20分~30分、高速を下りて石巻港沿いの道を渡波まで20分~30分、牡鹿半島に入りくねくねの普通道を50分~1時間

   516

     石巻渡波からこの橋を超えると牡鹿半島です。

 橋の手前にサンファンバウチスタ号のある公園の標識があります

516_3  Dvc00028

      風越トンネル             牡鹿半島の道

以前は女川からコバルトラインを通って鮎川へ行きましたが、今は全面舗装され、風越トンネルも開通したので、普通道でも時間が短縮されて渡波から50分~1時間で鮎川に着きます。

昔、普通道だけのころには松島付近が混んで、早くても2時間半はかかったので、今はずいぶん楽になりました。

半島に入るといたるところで山藤が見られてきれいです

   516_4

516_5  516_7

初夏の牡鹿半島は山の新緑も海も輝いていて綺麗~shine

いつもよりゆっくりのスピードで行ったので、所要時間1時間50分のドライブでした。

 516_8 516_9

         鮎川の実家の庭の牡丹とさつき

実家の庭も花盛り、畑もさやえんどうの花がきれいに咲いていました。お姉さんの畑は本格的、大根、人参、じゃがいも、ナス、きゅうり、ピーマン、葉物野菜と何種類も作っています。

       clover        tulip        clover

法事、お墓詣り、会食と無事に終わり、日頃ご無沙汰している親戚にご挨拶してから、実家でお茶飲み、一番上のお姉さんの家、三番目のお姉さんの家と回ってそれぞれの仏壇にお参り。

実家では2番目のお姉さん夫婦の長男、次男のお嫁さんたちが甲斐甲斐しくお手伝いしていたので、私はのほほ~んとお客様していました。

実家からの帰りにはいつもたくさんのお土産をいただきます

   516_10

       鯨肉、カレイ、あわび、ワカメなど…

   この他に茹でたホヤ、いか焼き、野菜もいただきました

   516_11

     こちらは3番目のお姉さんからのおみやげです

  殻つきホタテとカレイ、鱈のフライ、筍ご飯をいただきました

1番上のお姉さんからは山菜と沖縄産のモズクをいただきましたが、食べちゃったので、フォトはありませーん

happy01なんだか、いつも《エビで鯛を釣る》ことになってるようなcoldsweats01

   516_12

    上のお姉さんちのご自慢のアルメリアの小道upwardleft

       downwardright お姉さんちの庭で発見sign02  

  516_13

鮎川では何軒か咲いているお家があるそうですが、私ははじめて見ましたよ~sign01

キングサリ(金鎖)と呼んでいるそうですが、キバナフジともいうそうです。

    516_15

    516_16

   これは3番目のお姉さんちのご近所のキバナフジです

       お姉さんのブログからいただきました

   

|

« BSー20周年 | トップページ | 吊り飾り »

MY DIARY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BSー20周年 | トップページ | 吊り飾り »