« FACE SHOP BYJ | トップページ | 法事で鮎川へ »

2009/05/15

BSー20周年

    NHK-BS放送20周年記念名作集

1位が「冬のソナタ」…これ、すごいですよねsign01

NHK-BSといえば教養あふれる番組がぞろぞろと名を連ねているというのに、外国のドラマが1位sign01

      shineholly的には大満足ですけどネshine

tv今週BSは、もう一度みたい番組ベスト10を放送中ですが、今夜はJULIEこと沢田研二の特集でした。

2002年2月放送、ジュリー51歳の時のものです。

勝手にしやがれ・時の過ぎゆくままに・カサブランカダンディ…

いい曲noteがたくさんありましたね~しばらく忘れてました

ジュリーの若い時もピカピカに輝いて綺麗で色気のある青年でしたよね

confidentそんなジュリーを知らない世代が多くなったんだなあ~とhollyおばさんはへんに感慨深く見てました。

tv昨晩は「作家山田風太郎の戦中戦後の日記」というBSならではの番組でしたが、何十年も日記を書き続けるってすごい事だなあとあらためて感じましたよ。

山田風太郎って「魔界転生」とか忍法帳もので有名ですけど、彼独自の考え方が見えてきて面白い番組でした。

tvその前は、「名作小説を読む」全20話の中から、太宰治《斜陽》と山口瞳《江分利満氏の優雅な生活》

これは1作品をひとりの俳優が朗読し、監督、演出家などの映像作家が作品の世界を映像化してみせる番組で、これもNHKじゃないと絶対にない企画sign01

《斜陽》は田中裕子が主人公を彷彿とさせる感じで朗読しています。

女言葉で書かれたこの小説の雰囲気をよく表現していて面白かったconfident

小説で読んだときには「ちょっと滅入るなあ」と思ったし、太宰の作品自体があんまり好きじゃない…なんだか退廃的を売り物にしてるようで、本人が自死というのも気に入らない要因でした。

でも、これを見た時には太宰治が若い女性に人気があるのが少しだけ解ったような気がしました。

小説が後世に残っても、こうしなければ生きていられない人生ってなんだか悲しい…ね

 shine 冬ソナはやっぱりMY BEST LOVESTORYshine

     Photo

|

« FACE SHOP BYJ | トップページ | 法事で鮎川へ »

映画、テレビ、アニメ、」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

私は太宰治の゛斜陽゛は読んだことは無いの
ですが、゛人間失格゛を読んだ時
なんだか暗い話だなぁ~と、思いました。

と、言っても今からもう何年も前の話。
今読めばもう少し読み深めることが
出来るかなあ・・

昔ながらの小説は何度も読み返していると
その時々感じ方が違うそうで・・

NHKBS20周年なんですね・・・
BSってなんだか判らなくて、全然興味の
無い時期もありました。
他局では、韓国ドラマをいっぱいやってるし
今じゃはずせないチャンネルです。happy02

投稿: きんた | 2009/05/15 08:58

きんたさん
NHKのBSは上質な番組が多いですよ
たまにバレエとかオペラとか歌舞伎とか見ます。
民放のBSは韓ドラ多いですねえhappy01
なかなか続けては見られないけど、ちょこちょこ覗いてます。

太宰治は暗いよね~
こんな小説ばっかり書いてる人にどうして「走れメロス」が書けたんだろう…?

投稿: silent-holly | 2009/05/15 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FACE SHOP BYJ | トップページ | 法事で鮎川へ »