« 初恋コレクターズボックス | トップページ | 塩竈の水道水 »

2009/03/20

鬼房顕彰俳句大会

    pen3月20日は鬼房顕彰俳句大会pen

   昨夜からのrainもあがり、お天気も上々です

  Dsc00621_2

  Dsc00623

会場の壱番館遊ホール5Fからの眺望、右手の屋根は味噌醤油問屋の蔵、左手の森は塩竈神社です

Dsc00622 会場のロビーは広々としていて、眺めも良く気持が良い。

お洒落な椅子がおいてありました。

インテリアにいいなあ~ 

           

 

   Dsc00624_2

        壇上に揃った選者の先生方

この大会の特徴は、ジュニア部門があること。俳句甲子園出場高校からもたくさんの投句がありますし、小中学生の句もあります。

四国、松山は俳句が盛んなことで有名ですが、東北でも水沢や一関の高校が俳句甲子園で活躍しています。

もうひとつの特徴は当日詠の部は選句の様子が公開されることです。

普通、選者控え室で行われる選が壇上で行われます。

選者の先生方の句の読み取り方が分るし、選者の間で句に対する意見が交わされる様子も、意見の対立も分って面白いです。

     大会の後で簡単な懇親会がありました

Dsc00635 Dsc00636 

「海程」主宰の金子兜太先生 「草樹」の宇多喜代子先生  

兜太先生は鬼房と親しかったので、宮城の大会にはよくいらしてくださいます。

宇多先生は女性ながら硬質な句を作られます。 なかなか豪快なお人柄のようで、病院を抜け出してお酒を飲みに行かれた話などなさってました。

TVでの解説を聞いていても、歯切れがよくキリリとした方だなあと思っていたら、そのとおりでした。

   Dsc00633

         若手の選者3人組

我が結社の新鋭編集長、高柳克弘。ほっそりと少年のような佇まいですが、早大大学院生ながら俳句評論を上梓するなど活躍中。

神野紗希、20代のかわいいお嬢さんですが、句評はなかなかです。

照井翠、「寒雷」「草笛」同人、岩手県の高校教師で、高校生の俳句普及に力を注いでおられます。時々関西弁を使われる楽しい方です。

heart余談ですが、我が編集長はなかなかイケメンでしょう?

     happy01 写真よりも実物はもっと素敵ですよsign01

言葉を使う仕事をしているせいか、言葉使いの綺麗なかたで、落ち着いた話し方をなさいます。

主宰もゆっくりと丁寧に話される方なので、早口で矢継ぎ早にしゃべる私などは《品がないなあ》と反省することしきりですcoldsweats01

     pen        book        pen

さて、今日のhollyの成績は?

無事に入賞して、賞状を2枚いただきましたhappy02

    happy02         good         happy02

|

« 初恋コレクターズボックス | トップページ | 塩竈の水道水 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

「佐藤鬼房顕彰全国俳句大会」と写真にありますね。
そういう大きな大会で俳句入賞おめでとうございます。
賞状2枚ということは2作入賞でしょうか。

言葉による表現を私も学びたいと思いますが
取り組めないでいます。

先日「俳句アルバム」を拝見しましたが「春・水仙」も素敵でした。

投稿: | 2009/03/22 09:20

林さん、ありがとうございます。
俳句大会では選者1人が特選三席まで選ぶのが普通のやり方です。
選者が7人いれば21句選ばれるということです。同じ作者の同じ句が7人の選者全員に選ばれれば賞状7枚もらえるわけです。

私は「春時雨やわらかきもの膝に置く」という句が選者2人の入選に」なりました。

俳句は手軽に始められるためか、俳句人口は多いようです。仙台にもたくさんのサークルがあり、気軽に学ぶことができます。
林さんは詩がお好きでしたね。
お好きなこと、ゆっくりとボチボチでもまずは一歩踏み出してみられては?

投稿: silent-holly | 2009/03/22 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初恋コレクターズボックス | トップページ | 塩竈の水道水 »