« 2月の花 | トップページ | チュンサンの誕生日 »

2009/02/16

2月の句会

       2月14日は定例句会

強風のため東北本線が止まり、句会のメンバーもいつもの交通手段が使えない方もいて、出席者は6名。

8~10名の出席だと忙しくて、句評で時間いっぱいですが、こんな日はおしゃべりを交えてゆっくりと句会を進められます。

   pen        book        pencil

はうれんさう逝きしあなたは空にゐる…imi

立春や平積み本の帯真っ赤clover

春立ちぬ俳句帖即備忘録…imi

蒼天に雪の蔵王や淑気満つ…kazu

水車ごつとん金の日差せる雪野かな…kiko

手すさびに折りし紙雛本棚に…yoko

ポロポロと漢字忘るる春炬燵…tosi

桃の日や夢見るための酒紅しclover

   snow       typhoon        snow

さて、みなさんはどの句がお好きですか? 

    pencil少々解説をしますと…

はうれんさう…これはほうれん草のことです。歴史的かなづかいではこういう表記になります。

蝶々→てふてふ、居る→ゐるなにゆえ→なにゆゑ、等たくさんあるので、私のように現代かなづかいしか知らない年代には難しいです。

ごっとんのように本当は詰まる言葉も「ごつとん」と詰まらずに表記します。

淑気(しゅっけ)は普通にも使われる言葉ですが、俳句では新年の季語です。寒さの中にも改まった雰囲気を表す言葉です。

俳句では季語は先駆けて使うのが良いとされているので、今の時期に淑気は季語としてはもう遅いのです。

  penyokoさんの句

上五中七は良いのですが、下五を「本棚に」としたので、説明的な句になってしまいました。

では、何をもってくれば良いのか…これは難しい問題で、下五にくる言葉でこの句の出来がきまるといえます。

初心者向け解説をすると、このような句の場合、上五中七でいいたい事柄を言い、下五に季語をもってくるときちっと収まるのです。

が、上五中七にすでに雛という季語が入っているので、季語で収めることができません。

さて、説明にならずに前半をひきたてる言葉は…think

同じ説明でも、心情的なものならどうでしょう

…てのひらに、…吹きにけり、

これなら、紙雛を掌に乗せてふうっと吹いてみるという詩情があります。

作者は1人住まいなので、

ひとり居の手遊びに折る紙の雛…としてもよいかも。

俳句も文芸の一端なので、事実を描写するばかりでなく上手に「あり得べく嘘」もつかなければネ

私の句は「あり得る嘘」も「あり得ない嘘」も使い放題ですが…coldsweats01

            cloverはholly作の句です

      

|

« 2月の花 | トップページ | チュンサンの誕生日 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

Hollyさん、こんにちは
俳句について、まったく無知な私。
俳評ってこんな具合にするんですね eye
いろんな知識や、言葉を知らなければならないから、勉強大変そう。
でもそれだけ奥が深くおもしろみもありそうですね。
すごいわーv(゚o゚)v

投稿: Roku | 2009/02/18 11:17

Rokuさん、こんばんは
俳句は難しそうに見えますか?

5.7.5.のリズムはよく標語などにも使われてて、日本人には馴染み深いものなので、自然に出てきますよ。
私は俳句の勉強はちっともしてませんcoldsweats01
俳聖、芭蕉のbook「奥の細道」だって読んでないんですから…despair
私の俳句はほとんどが「妄想の賜物」…
妄想も時には役にたつもんですcoldsweats01

投稿: silent-holly | 2009/02/18 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月の花 | トップページ | チュンサンの誕生日 »