« 雪の朝と友人の死 | トップページ | HappyXmas »

2008/12/09

12月8日

12月8日というと、何を連想しますか?

年配の方は、開戦記念日…太平洋戦争が始まった日、パールハーバー奇襲のあった日です。

俳句を詠む方は、臘八会(ろうはちえ)…お釈迦様が苦難の耐え成道を果した臘月(12月)8日を記念して修する法会です。

俳句では「開戦日」「臘八会」は冬の季語になっています。

私の12月8日は、ジョン・レノンの亡くなった日ですね。

私達、ビートルズで育った世代にとって、レノンが凶刃に倒れたことは大きなショックでした。

ジョン・レノンの死んだ日は「レノンの忌」という言葉で季語として通用するようになってきました。

季語は昔からあるものが多いのですが、新しい言葉が季語として認められることも多くなってきました。

俳句も時代とともに変革しなければ、現代の文藝として生き残れなくなってしまいますから、新しい言葉を受け入れていかなければなりません。

季語を入れない無季俳句や破調を認める現代俳句では新しい語彙も受け入れやすいですが、伝統的俳句の世界では難しいことです。

新しい季語が認められるには、その季語を使った佳い句がなければなりません。そして、その句が人口に膾炙されるようになって、はじめて季語としての地位を得ることができます。

clover12月8日レノンの忌と答う

clover12月8日レノンの忌なりけり

このふたつの句は似ていますが、上の句は誰かに「12月8日って何の日?」と問われて答えています。レノンの忌と答えたことで、作者の年齢や過ごしてきた日々まで連想させ、さらには訊ねた相手への連想へも繋がっていく作りになっています。

下の句は自分の青春時代を振り返っている作者の姿を連想させます。

これからは、12月8日は「開戦記念日」よりも「レノンの忌」の作者が多くなるのではないでしょうか

おしまいに私の句

  clover 焼き菓子にふる粉砂糖レノンの忌

   450200706091649192881

|

« 雪の朝と友人の死 | トップページ | HappyXmas »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の朝と友人の死 | トップページ | HappyXmas »