« おいしいカレー | トップページ | この冬の花たち »

2008/11/27

悲しい知らせ

☆ショックなこと☆

昨日、仕事から帰宅してポストを覗くと、喪中欠礼ハガキが届いていました。

もうこんな季節なんだなあ~と何気なく見ると、学生時代の友人からでした。

「親御さんが亡くなったのかな?」と思いつつ読んでみると、なんとsign01

彼女自身が亡くなっていたんですsign03

突然のことに信じられませんでした。ハガキはご主人様からのものでした。

年賀状の住所録からたどってお知らせくださったのでしょう。

彼女とは中学の時から10年間同じ学校で学び、遊んだ一番の仲良しでした。

結婚、子育ての中でだんだんと疎遠になり、同窓会でも会えなくなってしまい、年賀状だけのお付き合いになっていましたが、そういえば、今年の年賀状はなかったなあ~

親御さんの介護などで忙しいのかなあ…なんて思いながらそのままになっていました。それが、4月にはもう亡くなっていたのです。

どうして今まで、会わずにいられたのでしょう…weep

電話で話すくらいは出来たはずなのに、それさえもしなかったことが悔やまれてなりません。

なんだか急に10歳も年をとってしまったような感じがします。

学生時代に仲良しだった友人4人に電話したら、皆ショックをうけていました。だれも知らなかったのです。4人とはたまに会う機会があったんですが、誰も彼女とは会えないままでした。

せめて1年に1回は会いましょうね…と電話でみんなと話しました。

年内にはお訪ねしてみようと思っています。

星になってしまった彼女に哀悼の意をこめて音楽を送ります

http://jp.youtube.com/watch?v=bE2Zok2eL1Q

私の好きな曲、ベートベンのソナタ「悲愴」第2楽章

エリック・ハイドシェンクの演奏です

……kusya ☆になるのが早すぎだよ~……

|

« おいしいカレー | トップページ | この冬の花たち »

MY DIARY」カテゴリの記事

コメント

長い時間一緒に過ごした友人は不思議です。
結婚などで離れてしばらく経っても、久しぶりに会うと一瞬にして当時に戻ってしまうから。
でも年賀状やたまのメールだけになっても、ずっと繋がっていると思っていたけど、やっぱり会う事って大切なんですね。

「悲愴」第2楽章
心が落ち着く曲ですね。

投稿: yappy | 2008/11/28 23:51

この記事を読んで他人事とは思えず
思わず書き込んでしまいました・・・。
私もつい一ヶ月前に10年間くらい疎遠にしていた友達が亡くなったんです。
それも亡くなって4ヶ月後に妹さんから手紙で知らせていただきました。
電話で話すくらいは出来たはずなのに、
それさえもしなかったことが
悔やまれてなりません。←私もまったく同じ事を思いました。
そして友達は女性ですがヨン様似の
とても上品な顔立ちなので
実はヨン様を見るたびその友達を
思い出してしまうんです。


投稿: ロハス | 2008/11/29 20:38

yappyさん
学生時代の友人ってたまにしか会えなくなっても、会えばすぐに昔に戻れてしまうから、不思議ですね。
なんとなく疎遠になってしまった友人に、勇気を出して連絡してみるのもいいかも…

投稿: silent-holly | 2008/11/30 00:09

ロハスさん
私と同じような経験をされていたんですね。
まだ若い友人を突然に失うのは辛いです。

ヨンさま似の方だったのですか
ヨンさまを見るたびに思いだしてしまうのも切ないことですね。

投稿: silent-holly | 2008/11/30 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいしいカレー | トップページ | この冬の花たち »