« 風邪でごじゃる | トップページ | 菜園の畑仕舞い »

2008/10/02

グーグーだって猫である

☆グーグーだって猫である☆

マンガ家、大島弓子の物語。

私がマンガに夢中だった頃、大島弓子は「綿の国星」という猫をテーマにした不思議で素敵なマンガを描いてました。

その弓子先生のエッセイのような作品の映画化です。

   グーグーだって猫である

弓子先生役の小泉今日子とグーグー

あらすじ: 吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子)が締め切りに追われる中、愛猫のサバが静かに息を引き取る。そのショックで漫画が書けなくなった麻子を、アシスタントのナオミ(上野樹里)たちは心配しながら見守っていた。そんなある日、麻子はペットショップでアメリカンショートヘアの子猫と出会い、グーグーと名付けて一緒に暮らし始める。

330592view0021_2

グーグーかわいいね~

最初に出てくる弓子先生の飼い猫サバも薄いグレーのきれいな猫ちゃん。

グーグーに追い掛け回される白い猫ちゃんもかわいい!

小泉今日子はふんわりした弓子先生のかんじにぴったりsign01

アシスタント役の上野樹里、森三中も、お似合い。加瀬亮も存在感がありそうでなさそうな不思議感のある青年を地?のごとく(ほんとに地かも)やってます。

330592_100x100_0031   330592_100x100_0051

映画館で周りを眺めたら、私と同年代と思しき方々がほとんどでした。

ご夫婦で見に来てるのはいいとして、おじさんひとりっていうのは…coldsweats01

観客20人中3人おじさんでしたよ。

これ、おじさんが見て楽しい映画かあ??

小泉今日子ファンとか…ですかね?

大島弓子ファンだったら、スゴイ catfacecoldsweats02

|

« 風邪でごじゃる | トップページ | 菜園の畑仕舞い »

映画、テレビ、アニメ、」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

昨日、初めて゛ハウルの動く城゛を
みました。
DVDを持っているに、見るのはもっぱら
子供ばかりで、私は通してみたことが
無かったのです。

初めて通して見て・・・

なかなか良いじゃん。
この歳で゛ハウル゛に恋してしまいましたよ。
私は、こんな風な゛白馬の王子様゛キャラに
弱いんです。。。
フフフ・・
「耳をすませば」も良かったですが、
「ハウル」も急上昇しました。

゛初恋もの゛~大好きです。

投稿: きんた | 2008/10/04 23:36

「ハウル~」やってましたね。
私は映画館で見たのですが、大画面だとハウルの魅力も倍増!
音楽も低音の深みが《おばさんの乙女心》にずんときましたよ。notes
いくつになっても《白馬の王子様》は必要ですねえ…(o^-^o)

投稿: silent-holly | 2008/10/05 11:28

「グーグー」ほのぼのしましたね~私も観に行ってまわりを見回すと、30人近くがアラフォー世代以上の女性オンリーで不思議な連帯感を感じました。最近一人で映画館行くことが多いので、なんかいい雰囲気でした(^^♪

投稿: 六花 | 2008/10/14 15:40

六花さん
たしかに、みんな大島弓子ファンだったお姉さまたちなのかも…
同じ時代を知っているという連帯感みたいなものは感じますね。

投稿: silent-holly | 2008/10/14 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪でごじゃる | トップページ | 菜園の畑仕舞い »