« SL日和 | トップページ | 2009カレンダー »

2008/10/07

いちじく

秋の果物、梨、柿、栗、葡萄…

どれも美味しいのですが、私の一番はこれ

     Photo

    いちじく…無花果

大きくて、ほんのりと甘い生食用の無花果

甘く煮て食べる小さめの無花果が売り場に並び始めたので、生食用のがでるのを心待ちにしていました。

今日初めて売り場に並んでいるのを発見!

1パック4個入り、ちょっと高めのお値段

でも、シーズンが短いから今食べないとすぐに売り場から消えてしまう~

最近は無花果ジャムやタルトなどの他、お料理やデザートにも使われるようになりましたね。

     Photo_2

     アルパジョンのいちじくタルト

見た目の派手さはありませんが、煮詰めた無花果の味がしっかり味わえます。

子供の頃、裏庭に無花果の木があり、秋になると祖母がその果実を甘く煮てくれました。

ただ甘くて、べったりとした果実は子供だった私には美味しいおやつではありませんでした。そのイメージがあったので、無花果は敬遠していたのです catface

何年か前に、俳句の友人が句会に「無花果の甘煮」を持ってきてきださりそれをご馳走になった時、無花果の美味しさに目覚めました。

甘さひかえめで、形もしっかりと残っていて、なんともいえない美味しさ happy01

こんなに美味しいものだったとは…

つまり…うちの祖母ちゃんの煮方がイマイチだったってことですthink

今食べる無花果は、甘すぎず、独特の香りがあって、オトナの味だなあ~と思うのです。

無花果って、世界最古の果物らしい…

今のような大きな果実ではなくて、マメくらいの小さな果実だったらしい…

|

« SL日和 | トップページ | 2009カレンダー »

MY DIARY」カテゴリの記事

コメント

私も大人になってからですよ。
無花果をおいしいって思えるようになったのは…
私の祖母も味付けがいまいちで、すっかりhollyさんと同じでした。
イナゴの佃煮や漬物もそんな感じでダメで…sad
大人になってから食べられるようになりました。
祖母とは味覚が合わなかったみたいです。
同じ境遇の方がいて、なんか嬉しかったりする…confident

投稿: ぱるえ | 2008/10/08 12:36

hollyさん今晩は
家の母もイチジクが手に入ると甘露煮作ってました。
私は逆に子供の頃好きだったのに、大人になって甘すぎるのがイマイチで生の方が大好きになりましたhappy01
うちのとどさまはイチジクの北限より北の生まれなので、子供の頃食べた記憶がないらしく「食べなくてもいい」んだってpaper

投稿: yappy | 2008/10/08 17:08

ぱるえさん
昔は庭の無花果でおやつを作るなんて、普通のことだったんでしょうね。
うちもイナゴ食べさせられました。
白菜やたくわんも祖母のお手製。
今考えると、お味は??でしたが…catface
今は、自家製の食べ物はとっても贅沢な楽しみですよね。

投稿: silent-holly | 2008/10/09 00:02

yappyさん
やっぱり、母の世代は手作りだったんですね。
母親の味って「我が家の味」ではあるけれど一番美味しいってわけじゃないんですよね。
オトナになってから、「あら、うちの味と違う。こっちの方が美味しい」っていうことがよくありまして、母の味=絶対と思ってた自分がちょっとなさけなかったりします。coldsweats01

投稿: silent-holly | 2008/10/09 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SL日和 | トップページ | 2009カレンダー »